春吉省吾の「独り言」

「文字を読まなくなった」この時代、わざわざ「超」長編に拘らなくてもいいと友は言う。しかし複雑な登場人物が紡ぐ「長編小説」を楽しむ心の余裕と、真の教養が今の日本人には必要です。

Monthly archive 6月, 2014

読者に迷惑はかけられません

未だに「アマゾン」では、弊社「春のみなも」が定価販売されてないいようで(弊社の在庫不足ではありません)、プレミア価格の古書店のものしか取扱されていないようですが、弊社と取引のある流通の話だと「先週、問合せのメールをしている」という事でしたので、御連絡しておきます。 事実弊社発刊の「冬の櫻」はアマゾンで、定価で販売されております。 早めにお読みいただきたい方は 丸善ジュンク堂ネットストア 紀伊國屋書 […]

「春のみなも」上梓から一ヶ月

    上から(伊達市月舘町の山並み)(下手渡藩陣屋跡の「陣屋櫻」(月舘を流れる広瀬川・仙台を流れる広瀬川の上流です) 皆様御元気でご活躍のことと存じます。 さて、6月の10日から12日迄東京を離れておりました。「春のみなも」の上梓から、現在まで休みなく動き回って、次回の執筆と、次々回の取材と立ち働いています。その後、現在に至るまで、忙しさは大して変わりません。 まあ、何とも貧 […]

アマゾンの「春のみなも」在庫切れ??

発売して未だ一ヶ月と経っていないのに、アマゾンの購入ブログでは「春のみなも」の上下セットに在庫品がなく、弊社(ノーク出版)から流通を通した正常な販売価格でない法外な値段で販売している中古品業者が居るのにびっくり致しました。 たとえばこうです。 中古品 – 非常に良い 実質新品として取り扱われたものを仕入直後より未読のままビニール封入しております。ただし、一度棚に並んだり再配本された商品 […]

圓城寺彦九郎

圓城寺家のルーツを調べて、全国の寺を巡り歩いていらっしゃる方のブログに偶然にぶつかった。 拙著「冬の櫻」の主人公圓城寺彦九郎のことを興味を持ってアマゾンから購入くださったという。 読者のお一人ということで、購読ありがとうございました。 その方の掲載ブログの「冬の櫻」の部分をそっくり掲載させて頂きました。 いろいろな読者の方々がいて、いろいろな読み方があるものだと作家として感心しきりです。 それにし […]

鍼灸師の先生のブログ

    何気なく「冬の櫻」という拙著名を検索していたら、面白いブログがありました。鍼灸の先生の一鍼堂「至高の鍼を目指す 」というブログがありました。 私の冬の櫻読書評が載っていて、とてもユニークな評でしたのでそのままご紹介させて頂きます。 冬の櫻 春吉省吾著「冬の櫻」株式会社ノーク出版 帯紹介文より。 「かつてこれ程恬淡として清々しい男がいたであろうか。 その名は、園城寺彦九郎 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.