主人公「初」。  弱小「福島藩」の藩政を批判し、極貧に堕とさ
れた父福本清十郎は「初」が九歳の時に刺殺されてしまう。
父の親友、長谷川三右衛門の養女となった「初」は、周囲の
人々に温かく見守られ、福島城下で充実した日々を送る。
しかし激動の幕末は「初」の直ぐそこに……。
死者達の「鎮魂と祈り」を乗り越えた「初」の「希望の意志」は、
東京で開花し「FUKUSHIMA」を再び蘇らせる礎になった。
──歴史小説の範疇を超え、読者を最後の最後まで、引きつけて離さない「春のみなも」をどうぞお楽しみ
ください。

haru2