春吉省吾の「独り言」

「文字を読まなくなった」この時代、わざわざ「超」長編に拘らなくてもいいと友は言う。しかし複雑な登場人物が紡ぐ「長編小説」を楽しむ心の余裕と、真の教養が今の日本人には必要です。

「風浪の果てに」絶賛発売中!!吉田松陰の真実

「風浪の果てに」絶賛発売中!!吉田松陰の真実

春吉省吾が壮大な構想で描く「風浪の果てに」3月に上梓して以来、好評発売中です。1200枚(400字詰め原稿用紙換算)書き下ろし。主人公沼崎吉五郎は吉田松陰の遺書「留魂録」を託され、獄舎から三宅島に流され、16年7ヶ月もの間守り通し、松下村塾門下生・野村靖に手渡した人物だが、実はそんな「歴史」の枠に収まりきらない、苛烈な生き方をした男であった。堀達之助、新門辰五郎、細谷銑十郎などの男達、京や芳、真沙 […]
「秋の遠音」執筆開始

「秋の遠音」執筆開始

陸奥国下手渡(月舘・川俣・飯野・霊山)と筑後国三池(大牟田市)その隔たり、およそ三百七十里。両方の領地を併せても石高一万石の下手渡藩藩主立花種恭(たねゆき)とその家臣達。幕末、種恭は、大番頭、若年寄、外国奉行を歴任し、慶応四年老中格で会計総裁になるも直ぐ辞任。藩論は西東に二分。側近の吉村春明は周旋のため三池と下手度を嘉永五年から十数回往来した。 藩主立花種恭をはじめ、吉村春明、森泰、塚本源吾などの […]
「夏の熾火」好評販売中!!

「夏の熾火」好評販売中!!

長編時代小説「四季四部作」の第3作「夏の熾火(おきび)」がお陰様で上梓の運びとなりました。(公式発行日 : 平成27年11月1日) 江戸時代、前期~中期にかけて京都、三十三間堂の西外縁で行われた「通し矢」で活躍した天才弓術家三人の生き方を追った物語です。通し矢、それも一昼夜通して行われる「大矢数」は、洛中の庶民の人気をさらい、絶頂期には、徳川御三家の紀州と尾州の名誉を懸けた熾烈な戦いとなりました。 […]
「冬の櫻」永遠のBestSeller

「冬の櫻」永遠のBestSeller

かつてこれ程恬淡として清々しい男がいたであろうか。その名は、圓城寺彦九郎。 会津藩初代・保科正之公の臨終にも立ち会った会津『豊秀流』の祖。歩射・騎射に優れ、当代一の弓術の名手、鍼術の名人でもあった。 武芸者でありながら「敵」をつくらず、出会った人達は忽ち、彼の虜になってしまう。 まさに命を削って「弓」とは何かを追求した彦九郎。真の武人のひたむきな精神は今に生きる我々の心を捕らえて離さない。 戊辰の […]
「春のみなも」幕末福島を識る必読書

「春のみなも」幕末福島を識る必読書

主人公「初」。  弱小「福島藩」の藩政を批判し、極貧に堕とさ れた父福本清十郎は「初」が九歳の時に刺殺されてしまう。 父の親友、長谷川三右衛門の養女となった「初」は、周囲の 人々に温かく見守られ、福島城下で充実した日々を送る。 しかし激動の幕末は「初」の直ぐそこに……。 死者達の「鎮魂と祈り」を乗り越えた「初」の「希望の意志」は、 東京で開花し「FUKUSHIMA」を再び蘇らせる礎になった。 ── […]
お知らせ

「月桂樹」のこと

私の散歩・ジョギングコースに月桂樹の木が纏まって10数本程植えられている所があります。行き止まりなのでそれを気に掛ける人は殆どいません。時々、綺麗な一枚を、お守り代わりに頂いてきます。近くに木犀(モクセイ)の木もあります。 今回はこの月桂樹を話題にして記載いたします。 月桂樹とはギリシャ神話では太陽神アポロンの霊木とされていて、競技の優勝者に与えられ、月桂樹は勝利の冠として使われます。 明治時代に […]

定点観測 2016.4.7

毎年この時期に、全く同じアングルで撮影し続けてきた場所があります。 今年もその写真をアップします。新宿の高層ビル群と満開の桜の構図です。 実は数年前にソメイヨシノの樹齢は60年と聞きかじりました。 以下、孫引きの細切れ知識をまとめてみると、旧上駒込村染井(現東京都豊島区駒込)で、大島桜江戸彼岸桜を交配させて誕生したのが最有力な説とされています。万葉集などの題材にもなっている自生種などとくらべると、 […]

「夏の熾火」に思う、唯我独尊

昨年の11月に上梓した長編時代小説「夏の熾火」お陰様で好評です。 私がライフワークにしている「四季四部作」の三作目の作品です。 実際の歴史上の人物は、その生まれも昇天した日時も定かではないけれど、その業績だけははっきりと歴史の中に止めている人物は多い。 拙著の「四季四部作」の中で活躍する人物の多くはそういう人物だ。だから、私が物語にするまで主人公にならなかった名人偉人が多い。 「夏の熾火」の三人の […]

「夏の熾火」から「秋の遠音」

あけましておめでとうございます。 平成28年新年、皆様の今年一年が幸多かれとお祈り申し上げます。 11月の11日に最後のブログをアップして以降、今日まですべての予定を無事終了し、風邪も引かずに過ごすことが出来ました。いゃあ、ブログも書けないほどに忙しい毎日でした。 「夏の熾火」の上梓をはじめ、講演会や、取材、そして多くの忘年会。体調維持が出来たのも、弓道や居合の日頃の稽古によるものだと思っています […]

「夏の熾火」一般流通市場へ

些細なトラブルがあって一般流通市場へ出回るのが遅くなりました。 11月6日の金曜から、倉庫にある新刊「夏の熾火」のチェックの後、段ボール梱包、運搬作業をしていました。 「本は重い!!」 そして腰の痛さを我慢して、翌日の土曜日の朝は、江戸川スポーツセンターに行き、4時間半ほど立ちっぱなしでした。 というのも、東京では、年一回「七段・六段の全日本剣道連盟の審査会」がひらかれ、その見学に行って参りました […]

「夏の熾火」の新聞記事とお寄せ頂いた励ましのお便り

11月1日から、正式に「夏の熾火」が発売される予定ですが、流通の滞りで未だ上手く市場に出回らないかもしれません。その際は、弊社ノーク販売の「ネットショップ」からお求めください。http://nork-hanbai.net/ 弱小出版社ゆえなかなか思うに任せませんが、よろしくお願い致します。 添付したPDFは「夏の熾火」の新聞記事と、寄せられた激励のお名前の一部を記載いたしました。 一枚は、地元紀州 […]

「夏の熾火」の裏話3 2015.10.29

11月から「夏の熾火」一般販売です。 アマゾン、セブンネット、ヤフー、楽天、紀伊國屋ウェブストア、丸善&ジュンク堂ネットストア、全国の書店からもご購入頂けます。 (弊社扱い、流通業者の手配のもたつきで遅れはあるかもしれません) 弊社のネットショップからお求め頂くのが一番確実です。 もっと早く告知しようと思っていたのですが、メインのコンピュータが突然故障し、一昨日、ようやく復旧致しました。何 […]

「夏の熾火」の裏話その2 2015.10.4

主人公の一人、吉見台右衛門。紀州竹林派の弓術家で、三十三間堂の通し矢でも、「惣一」を為し遂げ、葛西薗右衛門や和佐大八郎の天才達弓術家達を育てた指導者としても知られていますが、実際物語にしようとすると「逸話」が殆どない人物です。 京都大徳寺で亡くなったことになっておりますが、寺に問い合わせをしても、資料を調査しても検証することが出来ませんでした。勿論、紀州藩歴史書「南紀徳川史」などの基本資料にはその […]

9月も残り僅か

9月も半ばを過ぎて、あっという間に終わってしまいそうです。 とにかく忙しい9月でした。「夏の熾火」の搬入から、6日には弓道の「東京都生涯スポーツ大会」(参加44チーム)の渋谷ちーむとして参加。残念ながら決勝戦で敗れましたが、準優勝。選手としてもまだまだやれると感じました。 弊社の決算が8月なのですが、新刊「夏の熾火」を、お世話になった方々へ為書きをして、手紙をつけてお送りする作業などが重なって深夜 […]

「夏の熾火」の裏話・1

お陰様で長編歴史小説「四季四部作」のシリーズ第三作、「夏の熾火」を10月1日から、ネットショップで先行販売を実施することになりました。 書店や、アマゾン、セブンネットなどは11月1日からの販売です。 数回にわたり「夏の熾火」にまつわる裏話をいたします。 ちなみに、主人公三人の関係は、吉見台右衛門の弟子が、葛西薗右衛門、薗右衛門が亡くなった後の弟子が和佐大八郎です。 弓道の稽古をされていらっしゃる方 […]

「夏の熾火」期間限定先行予約販売開始します

少し「憂鬱」Bit gloomy(blue)、かなり「お疲れ」really tired 「夏の熾火」が出来上がって、ずっと「肉体労働」が続いている。 取材から、資料調べ、執筆迄は、普通の作家の領域であるが、私の場合はそうは行かない。何しろ、それに加えて、組版、表紙デザイン・レイアウト、印刷・製本屋さんとの納期価格交渉、売価設定、流通との交渉、HPの製作・改訂、DM 、葉書、栞などのPR物も一人で作 […]

九月になりました。(9月3日のこと)

夏の入道雲ともお別れです。 入道雲は、未来の躍動と希望を強烈に印象づけるようで、細田守のアニメーション映画には必ず登場する。 酷暑の夏を経験し、入道雲のスケールの大きな自然を経験した、青少年達は、必ず何かを掴んでいると云うその象徴として描かれる。 そんな入道雲の酷暑の夏も終わり、季節は駆け足で秋に向かおうとしている。 「夏の熾火」のDMも仕上がって、後は、上・下「本」が仕上がって来るのを待つだけに […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.