故郷への思い作品に「福島出身作家春吉省吾さん 」福島藩舞台の時代小説発刊

「福島民友新聞社」5月28日朝刊の記事

民友5.28psd
福島市出身の作家、春吉省吾さん(本名・佐藤祥一)の、長編時代小説としては2作目となる「春のみなも 幕末小藩物語」(上・下巻、ノーク出版)が発刊された。
福島藩を舞台に下級武士の娘として生まれた主人公が、時代に翻弄されながらも力強く生きる姿を描いた大作。
春吉さんが福島民友新聞社を訪れ、作品に託した復興を目指す故郷への思いを語った。
ヒロイン初は、実父や夫の死、貧困など、さまざまな困難を乗り越え、自らの道を切り開いていく。
春吉さんは「物語は、初が絶望のどん底で、人間としてどう行動するのかを描いた。強い意志を持ち、常に前向きの初は、理想の女性像。復興を目指す強い意志を初に託したかった」と話す。
疲弊した藩政を実質的に支える実在の豪商や一揆の指導者ら、個性的な人物も登場し「庶民のしたたかさも表現したかった。私たちの先祖が、自身の手で福島の街を守り再生した歴史を知ってほしい」と言う。
さらに春吉さんは「ヒロインは結局、自分一人の力ではどうにもならず、多く
の人たちの助けが必要なことが分かる。私たちが(震災と原発事故の後の)置かれているれている福島県の現状とどう重なるのか、読み手一人一人が感じ取ってもらえれば」と話した。

 

5月25日(日)福島民報に「誇り高き福島発信」として記事掲載

「誇り高き福島発信」

時代小説「春のみなも」発刊

作家の春吉さん思い語る

民報記事5月5日低解像度

幕末の福島城下で生まれた女性「初」を主人公にした長編時代小説「春のみなも」ノーク出版)が発刊された。 執筆した福島市出身の作家春吉省吾さんは、過酷な境遇にもくじけずに生きた初の姿に、震災後の故郷を重ねる。発刊あいさつで福島民報社を訪れ「作品を通し、希望ある誇り高き福島を発信したかった」と語った。 小説は幕末の福島を舞台に展開する。初が九歳の時、藩政を批判し極貧に堕(お)とさ れていた父が刺殺される。初は父の親友の養女となって育てられるが、動乱の中に巻き込 まれていく。上下二巻で九百ページを超す大作だ。 春吉さんは福島高、明治大商学部卒。現在は東京でコンサルタント会社を経営する。 十五年ほど前から本格的に執筆活動を始めた。 今回は福島市史や古文書を丹念に調べ、史実をベースに自身二作目となる本格的な時代小 説を書き上げた。阿武隈川や吾妻山、歴史的な出来事や時代背景が詳細に描かれる。 終章では、ゆかりの人々や子孫らの回顧を通し、初の生きざまや志が受け継がれていることを強調した。 ほぼ仕上がっていた作品を震災後、熟慮の末に書き直したという。春吉さんは「強い 意志と行動力で時代を切り開いた初の生き方は、必ず次の世代に力を与えてくれると思 う」と話している。 上下巻とも二千百六十円。問い合わせはノーク出版電話O3(5454)1544へ。

 

5月20日から「春のみなも」の舞台、福島へ行ってきました

 

平成26年5月20日、火曜日、東京での用事を済ませ、時代小説「春のみなも」の主人公「初」の故郷であり、私の生まれ育った「福島」に金曜日一杯迄行って参りました。

父を何者かに殺された九歳の主人公「初」の極貧の暮らしが、さらに絶望の淵に叩き落とされたところから物語は始まります。

「春のみなも」の上梓にあたってお世話になった方々への御挨拶と、新聞社への「春のみなも」に関するPR活動のためです。

福島には大きな新聞社が二社ございます。福島民報新聞と福島民友新聞です。福島民報が30万部。ラジオ福島、ふくしまFM、テレビユー福島などの株主になっており、福島テレビとも関わりがあります。福島民友が20万部。福島中央テレビと資本関係にあります。発行部数は、大分差がありますが、民報は毎日系列で、民友は読売系列です。系列から考えると県民への影響力は五分に近いと言えます。

書評や出版物の解説は、新聞に叶うメディアはありません。但し、一方の新聞社に取り上げられただけでは、「福島」では片手落ちということになってしまいます。お陰様で両社の編集局文化部長と長時間お話をすることが出来ました。お二人は既にお送りしていた「春のみなも」を読み込み核心部分をしっかりと把握しておられました。インタビューではお二人から視点の違う切り口で、鋭い質問をされました。

翌日は伊達市「月舘総合支所」の支所長と副支所長さんに色々とお話を伺ってきました。ライフワークの「冬の櫻」「春のみなも」、現在執筆中の「夏の熾火」と最後に予定している「秋」の基礎取材です。「秋」の題名は未だ未定です。長期計画ですからじっくり行きますが、地元の古老の方々へのインタビューなどは、行政のご協力も得ないとなかなか出来ません。その間、短編や、中編の物語も仕上げていきたいと思っています。それから春吉省吾とは別の「佐藤祥一」の「言挙げぞする」という、哲理集も上梓したいなと言う「野望」の未だに抱いています。

「夏の熾火」好評販売中!!

長編時代小説「四季四部作」の第3作、紀州藩士・弓術家 吉見台右衛門、その愛弟子、若き弓術家 葛西薗右衛門。尾州竹林の名誉をかけて戦う星野勘左衛門。貧困から脱するために、通し矢「大矢数」日本一を目指した和佐大八郎。天才達は、あらん限りの力を振り絞り「大矢数」に臨んだ。「炎は熾火となり、それもやがて灰になる」という言葉が、ヒロイン達の人生に関わってくる。

 

 

関東福島高校同窓会「関東梅苑会」に「春のみなも」が紹介されました

5月16日、「関東梅苑会」という、私佐藤祥一の母校、「福島高校同窓会」の関東ブロックのホームページに「春のみなも」が紹介されました。
有難うございました。
今まで、福島高校出身という事に誇りはありましたが、高校時代はあまりいい想い出がありませんでしたし、残念ながら尊敬にたる先生にも巡り会わなかったこともその一因で、現在まで、一度も「同窓会」に顔を出したことはありませんでした。
今回は、地元福島を舞台にした「春のみなも」という小説を書き上げたので、同窓会に一セット贈呈致しました。

私の高校時代は大学紛争がさかんな時代で、私が二年生の時には、同級生が卒業式で反戦送辞を読み上げたのです。あらかじめ中央のテレビ局に連絡していたらしく、式の始まる前に取材クールが多くいたことを記憶しています。
式が台無しになりました。卒業して去って行く先輩に対する冒涜だと、今でも強く思っています。
我々が大学受験の時は学生達の安田講堂占拠のために「東大入試」のなかったときです。

あの時代は一体何だったのでしょうかね。
寒さの厳しい冬も、やせ我慢して下駄履きで登校した3年間。良い思いでも負のイメージも懐かしく思い出されます。

ともあれ、私の故郷であり、小説の舞台である福島市、その「福高」の方々に拙著をお読み頂く機会が増えたことは、大変嬉しいことです。
なお「関東梅苑会」のホームページは以下の通りです。

http://www.kantobaienkai.ne.jp/index.html

「冬の櫻」永遠のBestSeller

かつてこれ程恬淡として清々しい男がいたであろうか。その名は、圓城寺彦九郎。 会津藩初代・保科正之公の臨終にも立ち会った会津『豊秀流』の祖。歩射・騎射に優れ、当代一の弓術の名手、鍼術の名人でもあった。「敵」をつくらず、出会った人達は忽ち、彼の虜になってしまう。戊辰の役で「彦九郎」の全てが灰燼に帰したが、その一生を丹念に再現した著者渾身の書下ろし。 日本初の弓術(道)長編小説です。

福島民友新聞に「春のみなも」が紹介されました

minyuu20145

福島民友新聞・平成26年5月3日(土)の朝刊「読書欄」に
春のみなも「幕末小藩物語」 が紹介されました
 
未来を開く福島藩の娘
故郷との関係を見つめ直したい。そんな思いを抱える人が、震災後は特に増えでいるのではないか。
1950(昭和25)年、福島市生まれの著者が、幕末からの激動を生きるヒロインを通し、故郷と向か
い合った2000枚の書き下ろし小説。書名は同市を流れる阿武隈川を象徴する。
藩政改革を訴え死に追いやられた福島藩の下級武士の娘・初は、家族や友人らの支えで、夫との死別
など乗り越え未来を切り開く。:
背景には藩の財政破綻。養蚕の巨大な利権に絡む役人、商人の暗躍。重税と農村の疲弊。燃え上がる
一揆。
そんな震災後の今に通じる激動と閉塞感の中・、初は、とにかく心が強く腕も立ち行動的。人間的な魅力
で、事なかれ主義と偏狭がはびこる周囲を変えていく。
この土地を知る人にとって特にまぶしいだろう城下や信夫山などの描写も、故郷の再生を願う著者の
思いをくっきり浮かび上がらせている。(ノーク出版・上下巻各2160円)
〈本文記事の儘です〉