「夏の熾火」「春のみなも」「冬の櫻」「秋の遠音」

松陰神社1松陰神社2松陰先生の墓松下村塾松下村塾2

早いもので、3月も残り一日となりました。 現在様々な資料の山に囲まれて、ハイテンションで机に向かっています。 どんなことをやっているのかという、裏話をご紹介致しましょう。 まず、今年8月に出版予定の●「夏の熾火」は最後の章に取りかかっています。5章、6章と加筆し、第1章から全て赤字を入れています。過去の反省をふまえて、誤字脱字は勿論、人の名前を間違わないようにチェックしています。「校正」の大切さを認識し、寝る前に、1時間以上、編集者として読者の立場から赤字を入れています。ついつい朝の4時になったりして……。

同様に●「冬の櫻」も改訂新版を9月か10月に上梓します。全て赤字を入れて、後は纏めるだけです。

●「夏の熾火」も●「冬の櫻」も弓道の専門的な事柄が出で来ますが、江戸時代から現在まで、各流派の伝書の用語など、色々あって、物語にするのに苦労しましたが、一般の読者に理解して頂くことを第一義に考え纏めました。 双方とも、2千枚に及ぶ作品ですが、長く日本人に読み継がれる作品になったと自負しています。

●「春のみなも」も全て誤字脱字を修正し、不正確な部分も手を入れ、改訂新版として、来年上梓の予定です。

●「風浪の果てに」(中編時代小説)は、沼崎吉五郎が吉田松陰の「留魂禄」といわれる遺書を13年肌身離さず持ち続け、松陰の弟子、野村靖神奈川県令に届けた物語ですが、吉五郎の出自、その後の消息はよく判りません。不思議な人物です。一昨年、この吉五郎に関して小説を上梓された方がいらっしゃいましたが、私の構想は15年来なので、現在150枚ほど進めている筋書きは、その方とは全く違った物語になると思います。獄舎や三宅島などの資料で頭の中も一杯になっています。 写真はその吉田松陰を祀る東京の松陰神社のスナップです。

●「秋の遠音」の取材で、4月の後半に、主人公立花種恭公のご子孫のかたにお目にかかって参ります。先日、福島にいらっしゃる国家老の屋山外記のご子孫、屋山弘氏と偶然お目に掛かって食事をしましたが、地元伊達市の資料が少ないのは残念です。しかしそれを補うのが物書きの創造力と思うとわくわくします。 種恭公と、家茂、慶喜、新選組、松本良順、小笠原長行、ロッシュやパークス、伊藤博文等々とのやりとりは、物書きとしての筆力が要求されます。資料も慎重に読み込んでいます。 時間に縛られた取材交渉、校正、執筆、装丁、資料漁りや読み込み、この年であらゆる事を全て一人でこなすのは大変なのですが、これも楽しい(?)試練です。苦しみの中からしか、本物は生まれません。 体調管理の為に、弓道と居合の稽古もやっていますが、この年になると「指導や組織運営の会議」などで時間を取られます。実際のところ、暇な方にやって欲しいのですが、暇で役付きになりたい方と、その人柄と能力は全く別物なので、ボランティア活動の一環としてご協力しています。今後はなるべく負荷を少なくし、本来の稽古と、執筆に時間を割きたいというのが本音です。

●「福島に魅入られた男」や●「二本松少年隊」の事なども資料集めをしています。

●「言挙げぞする」という、腑に落ちる哲理書もメモを取り始め、フレームワークを構築しています。 ハーバード大学ケネディスクール(ハーバードケネディスクール行政大学院)のロナルド・ハイフェッツ教授の「リーダーシップ論」をテレビで知りました。その考え方が実に似ているなと思っています。彼は30年前からそのように主張しているとのことですが、私はかれこれ40年来そのような基調で経営哲理や、日本人論を展開してきました。今から、20年前は、誰からも見向きもされなかったのですが、世の中がやっと、近づいてきたなという感じです。逼塞した日本をどうするか、どう覚悟を決めるか、腹を括るか、そろそろ纏める時期にきたのでしょう。 やることは沢山ありますが、焦らず急ぐことにします。 風やや強く、桜散る西原の事務所にて  春吉省吾・佐藤祥一 2015.3.31

春吉省吾「春」のスナップ1

皆さん御元気ですか
日に日に春らしくなってまいりました。
ようやく風邪も治って、胸の不快感も収まりました。アレルギーで、ここ6年ぐらいは毎朝晩内服薬と添加剤無しの目薬、点鼻薬と手放せません。
花粉の季節ですが、私の場合は一年中「花粉症」なので、いつもより多少症状が酷いというぐらいです。
3月15日、京王電鉄主宰の「歴史探訪」のツアーに同行致しました。(こんな行事に応募するのは滅多にないのですがたまたま応募したら当たっちゃいました)ガイド役の伊東成郎先生と一緒に楽しい時間を過ごせました。氏は「新選組」研究の第一人者で、とにかく面白いお話しを色々とお伺いできました。事務局の福田淳子様も素晴らしい方でした。25年に亘ったこの会も最後と言うことですが、私はこの会の最後で最初の参加者になりました。
色々な幕末の舞台や屋敷跡など、スナップを撮って参りましたので、私の蘊蓄も含めて数回に亘ってご紹介いたします。

●彦根藩上屋敷から桜田門を望む。旧暦3月3日大老井伊直弼がここ紀州藩上屋敷を出てほんの数百メートルの場所で、水戸浪士達に斬殺されました。実際にこの場所から俯瞰すると歴史とは何と偶然の重なりなのかと思う反面、蓋然性もまた否定できません。う~ん生きるということはなんと面白い。
●警視庁は不思議な三角形をしています。ここは上杉藩の上屋敷ですが、実質、直江兼続の屋敷で「鱗屋敷」と呼ばれていました。
●紀州藩の井戸です。江戸の名水。井伊直弼は茶の本も出しているくらいですから、当然この井戸で茶を楽しんだはずです。
●伊逹政宗が1601年に徳川家康から江戸城に近い外桜田に江戸屋敷を与えられ、1661年まで伊達家の上屋敷として使用されていた場所です。日比谷公園内の「心字池」 のちかくです。
現在の永田町・霞ヶ関・日比谷と江戸城の周辺には彦根、長州、会津、上杉、薩摩など多くの上屋敷が存在していました。薩摩のように芝の中屋敷を上屋敷として使用していたというように、屋敷跡の変遷を調べると「政治」のパワーバランスが見えてきます。

桜田門警視庁井伊直弼2伊達政宗伊逹かみやしき

春吉省吾・「夏の熾火」執筆全開

新宿遠望 梅三月になりました。 今日3月6日は「啓蟄」(けいちつ) です。

「啓蟄や皮膚敏感に嚏(くさみ)する」 (阿部 みどり女・1886年10月26日-1980年9月10日)

私のアレルギー症状は、ここ6年来、季節毎に起こる花粉症などの類いのものではなく、一年中常にまとわりついています。 朝晩のアレルギーの薬は絶やせませんし、点鼻薬、防腐剤無しの目薬など、生活・生命必需品です。 更に今年の頭に風邪をひき、無理をしたせいもあって、つい先日まで、痰が常時絡んでいるような違和感が続きました。今も少し……。

それでも様々な雑用を抱えながら頑張っています。 長編時代小説4部作の3作目、「夏の熾火」最後の追い込み執筆中です。中途半端な「風邪」とつきあいながら、あと少しという所まできました。上下各併せて、420ページぐらいになるでしょう。(原稿用紙だと1800枚ぐらいです) これも書き下ろしの大作です。 今年改訂新版を予定している三年前に上梓した第1作の「冬の櫻」と併せて、弓術家を主人公にした小説ですが、そのテーマ・趣は全く違います。何れにしてもこの先「弓道」を扱った小説は、今後この2作品を上回る充実した作品は、決して生まれることはないでしょう。 そんなことは作者の言うことではないと人は言うでしょうが、しかし、私は敢えて言います。 「やっぱり良い作品です」と。何しろ、命を削って書いていますから……。

それにしても、時の経つのが早いこと。 写真は、新宿高層ビルが遠くに見渡せる家の近くの風景です。手前の桜は、三月の末には満開になります。綺麗ですよ。 他人の庭に咲く紅梅が見事でした。 「年々歳々花相似たり歳々年々人同じからず」とは、齢を重ねる度にいよいよ強く思うことです。 「紅梅に中日過し彼岸哉」(子規・明治35年)