「夏の熾火」と大徳寺そして西陣

DSC01311DSC01314

 

 

 

 

 

DSC013195月連休明けの木曜日、1日有効に京の町を散策しようと早めにホテルを出ました。
9時前「今宮神社」の境内には、参拝客は独りもいません。貸し切りです。
この「今宮神社」は徳川五代将軍綱吉公の生母桂昌院とゆかりのある神社です。西陣の八百屋に生まれ「お玉」と呼ばれ三代将軍家光公の側室となりましたが、荒廃していた今宮神社の社殿造営など様々な寄進をしたことで有名です。脇の参道は時代劇でよく使われる場所のようで、なかなかの風情です。
ここから歩いて大徳寺へ、人は疎らでした。
写真は托鉢から戻った臨済宗の修行僧達です。

DSC0133115年前、大徳寺本坊に手紙を書き、調査を依頼した事がありました。
現在最後の纏めをしている「夏の熾火」の主人公の一人、吉見台右衛門(順正) が、出家後、大徳寺近くの寓居、あるいは塔頭の一つで亡くなったという記載があり、それを確かめようとしたのですが、大徳寺では全く把握していないとのことでした。
結局「判らないと云うことは判った」のですが、上梓前に物書きとしての拘りで「大徳寺」にやって来たというわけです。
あれから15年、吉見順正の臨終の正確な場所は判らないまま、「春吉省吾」の小説の世界にゆだねられたわけですが、いくら取材をしても、文献を漁っても、仕上がらなければこれらの努力は酬われません。2000枚以上の重層的な作品を仕上げるのは、そう簡単ではありません。
大げさに思われるでしょうが、「命を削って仕上げている」というのはそういう事だとご理解ください。

ところで、西陣は、京の中でもさすがに奥が深い。今回はデパートに出店していない、自動扉のない、入りづらい和菓子屋さんを数軒梯子して、生菓子と干菓子を少しずつ買ってみました。
百年以上の歴史を持って現在まで店を張っている京の和菓子屋は30件ほどで、私の想像よりは少なかったのですが、こういう菓子を作って百年以上、暖簾を守ってきたのだから凄い。
何れにしても、その背景にはそれらの店を支えた大きな京の文化があったればこそでしょう。
老舗の二軒ほどで、女将さんから話を伺うと、その自負はなかなかのものでした。
味と価格が市場価格とかけ離れているのは、代々の秘伝を守抜いた京都の伝統というブランド代と納得する他はありません。それだけのものが「京都ブランド」にはあると言うことです。但し、ブランド力=美味しいとは全く別物ですので誤解の無いように願います。
高校のグラウンドの直ぐ隣りに、宮内庁が管理する天皇の墓があったりしますが、それを当たり前のこととして普段は気にも留めずに暮らしている。ちよっと囓ったぐらいでは忽ち肩すかししっぺ返しをしを喰らう。京の町は一筋縄ではいかないの面白さが何層に重なって存在しています。

DSC01339それから墓と云えば、紫式部の墓を探すのに、一時間近く歩き回りました。勿論、観光客は誰もいません。その日は、一日4万歩近く歩いたでしょうか。
京旅行の最後に何時も立ち寄る、京都駅前「京都タワー」の地下三階の銭湯で、汗と疲れを癒やして新幹線で無事戻って参りました。               2015/05/23

 

 

「夏の熾火」の最後の取材

机の前でパソコンと向き合っていると、頭が凝ってくるらしい。連休の最終日から三日間ぶらり京都の町をバスと地下鉄と歩きで、出来るだけ人の少ないところを回った。但し「夏の熾火」で、最後の確認をしたかった「大徳寺」は外せない。
今回口に入れるものは、ホテルの朝食、コンビニ、京都の人達の行くラーメン屋、うどん屋、大衆食堂、デパートには出店していないお菓子屋さんなどです。まあとにかく歩きました。一日3万歩、4万歩ほど、京都安上がりの歩きの旅と云うことです。

まずは京都国立博物館「桃山時代の狩野派」を見学。余り混んでいなかった。展示物はそれなり。一番感心したのは狩野派がどうやって時代を生き抜き、常にトップランナーとして生き抜いたかという視点はよかった。
ロダンの考える人、ツツジの満開を背に正面を撮影。DSC01286

そこから川端正面の交差点をはさんで甘春堂本店の斜め向かいの歩道を歩く。「元和(げんな)キリシタン殉教の地」という石碑がぽつんとあった。
日本のキリシタン殉教史において「大殉教」は3つ。「長崎の大殉教」(1622年)、「江戸の大殉教」(1623年)、そして「京都の大殉

DSC01293教(元和キリシタン殉教)」(1619年)。それがここ。犠牲者の数は、それぞれ、長崎が55名、江戸は51名、そして京都の大殉教が52名。「京都の大殉教」は、日本三大殉教の中で最も早く、さらに日本における幼児の殉教として、歴史的にも非常に意味合いの大きい事件である。

 

この後、東と西の本願寺迄歩く。何度も寄っているが、家康の宗教政策によって東と西へ分離。宗教とは人間にとって、まことに難しい。
東と西の売店には、有名作家やタレントのエッセイ本、東と西の本願寺に帰依した「タレント」PRパンフがうっとうしい。全国の信者がその作家の本を購入すれば、売り上げは安定。しかし、それでは作家の批判精神に反するのではとの危惧はある。
まあタレントは人気商売、自分の顔姿をあらゆる所に露出しなければ人気は維持できない。創価学会のタレント然り。世間とはこんなものだと思うこと頻り。

DSC01310

さて帰り道、「何だ?」と云うのがこの写真。一般にはとい【樋】トヒ。しかし「トユ」。誤記かと思ったら、広辞苑に「屋根を流れる雨水を受けて地上に流す溝状・筒状の装置。とゆ。とよ。雨樋。→呼樋(よびどい)」とあった。関西以西では「トユ」とも言うらしい。文化の違いだ。
五條の裏通り、やっと見つけたおはぎの店は本日休み。生麩の店は3時まで。次回訪京
までお預けとなった。
大徳寺と京人の好む味のお話などは次回……。2015年5月12日

佐藤祥一からの提言

 

0150409at74_p[1]

5月の最初のブログは、物書き「春吉省吾」ではなく、心身経営学の「佐藤祥一」からの報告です。

●福島市の水道水が「モンドセレクション金賞」受賞・東北初
福島市の水道水ペットボトル「ふくしまの水」が国際的な食品品評会「モンドセレクション」の「ビール、水、ソフトドリンク」部門で金賞を受賞した。市が4月8日、発表した。市によると、水道水では東北初の金賞受賞で、全国でも7件目。
「ふくしまの水」は、摺上川ダムを水源とする同市の水道水を詰めたペットボトル。市水道局が観光PRなどを目的に2006(平成18)年度に製造、08年對間画伯と同根会の面々度から販売を開始した。これまでに20万本を製造。放射性物質の検査も行っており、ボトルには放射性物質が検出限界値未満であることを示す「ND」とプリントし、安全性をアピールしている。
第三者機関から客観的評価を得ることで、同市の水道水のおいしさや安全性を実証しようと初めて出品した。「初挑戦」での金賞受賞に、小林香市長は「通水90周年の節目の年の受賞で大変うれしい。福島市の復興のシンボルになれば」と喜びを語った。
500ミリリットル100円(税込み)で、福島市役所売店と県庁消費組合で片山画伯と私販売しているほか、ふくしまDC期間中の4~6月は、同市の花見山でも取り扱っている。
問い合わせは福島市水道局企画課(電話024・535・1120)へ。
(2015年4月9日 福島民友ニュース)

昨年「福島同友会」という若手経営者主催の講演会で、福島と放射能汚染について話をいたしました。福島第一原発事故から、3年8ヶ月(当時)、国や県、市の行政は「放射能汚染」に対して、どう対処すればいいのかという、具体的初台遊歩道な考えを持ちあわせていなかったと思います。今も軸がぶれています。
事故からここまで、周囲を取り巻く環境は「潮目」が変わり、相反する意見が半ばし、加害者は責任遁れと情報隠蔽に汲々とし、被害者は我欲に嵌まり、今後も纏まることは決してないというのが偽らざる現状です。
現状を分析するに
今まで、ヨーロッパ・アメリカ(以下欧米)に対して「福島」の情報は正しく届いているか?
届ける努力はしているか?
欧米は「福島」をどう見ているのか?
その正しい評価は広く公開しているか?
その大切さを行政も、県民も、市民も認識していたか?
何れも「智力が問われる正念場」なのです。

「放射能」に対して、最も強いアレルギーを持ち、そのような教育を小さいときから受けているドイツ・フランスをはじめとするヨーロッパ諸国の国民、国防的、原発ビジネスの国策を持つアメリカに対し、つまり「世界」に正しい情報を発信し、世界の知能を引き込まない限り、解決の糸口は決して見えてこないということです。

それならば、どうすれば良いか?
ばらばらな「もの」を総合的な「こと」に統合するために福島の資源を精査することから始まります。
福島再興の「鍵」は「神を細部に宿らせて世界と向き合うこと」からスタートすることです。
「神は細部に宿す」とは「大きな目的・ゴールの達成のために、(構成要素・手段)ディテールにも拘らないと高次な達成は難しい」ということです。
「FUKUSHIMA」という国際的に負のイメージを払拭するには、汚染の影響を逓減させ、汚染に影響されない農水産品・商品を生み出すシステムを作り、その目指すところは「FUKUSHIMA」を世界一のブランドにし、更に追従者を許さないような商品を作ることなのです。(それは農水産業の「企業化」「商業化」ということでもあります)

「福島」の人々の暮らしを守り、地域活性化を成し遂げ、再興するには「競争力ある組織」=「拡大再生産可能な組織」が必要であり、且つそれらは「放射能汚染」をクリアしていることが求められます。
私は講演の中で具体的な実効策を8つほどお話をしました。
(この8つはここでは触れませんが、ご希望があればお話しする機会もあるでしょう)

そしてそれは、民間主導型の大きな枠組作りが必要です。
企業、研究機関、ボランティアなど協同する、新しい公益法人形態の組織こそ求められるものです。決して行政主導や天下りの組織であってはいけません。やる気と人材育成は我々の使命です。

福島市の水道水の汚染度は、東京などよりも遙かに少なくピュアという話も上記の講演で具体的に述べました。今回の「モンドセレクション・金賞」は誠に嬉しい話ですが、市長のコメント・マスコミなどの記事を一見した限り、この「価値」戦略の重要性をもっと評価すべきだと思うのです。ベクトルが細くずれていますよ……。
春吉省吾著「春のみなも」をじっくりお読みくださいませ!!
●モンドセレクション金賞・福島の水
●對間画伯(右から二番目)と同根会の面々(銀座文藝春秋画廊)
●片山画伯(右)と私
●初台遊歩道のツツジ