「夏の熾火」に思う、唯我独尊

積雪6センチ

昨年の11月に上梓した長編時代小説「夏の熾火」お陰様で好評です。
私がライフワークにしている「四季四部作」の三作目の作品です。

実際の歴史上の人物は、その生まれも昇天した日時も定かではないけれど、その業績だけははっきりと歴史の中に止めている人物は多い。
拙著の「四季四部作」の中で活躍する人物の多くはそういう人物だ。だから、私が物語にするまで主人公にならなかった名人偉人が多い。

「夏の熾火」の三人の主人公、吉見台右衛門、葛西薗右衛門、和佐大八郎はいずれも紀州藩藩士であり、紀州竹林派の弓術の名人であった。
藩という制約の中で何とか流派の隆盛をはかろうとする吉見台右衛門。実直だが若い時分は神経質で、父を過剰に意識して、その克服に時間がかかった。

その愛弟子葛西薗右衛門、過去現在そして将来もこれ程弓射の天賦の才を持った弓術家は存在しないという大記録を持つ。若くして逝ってしまったが、彼は弓術家として極めることがその最終目的ではなく、彼の野望は政治への参加だった。

また台右衛門の最後の弟子ともいえる、和佐大八郎。三十三間堂で行われた「大矢数」で打ち立てた、8133本の射越は、これからも決して破られない。しかし彼は、その偉業に安住し、時代の流れから取り残され、遂には、五代藩主の徳川吉宗から放逐されてしまった。
この「夏の熾火」の奥行きは深い。
それが出来るのは、残された文献と歴史研究家の実績だけでは埋まらないその隙間を埋める作家の創造力である。書き手の使命と読み手の醍醐味はそこに存する。

しかし弊社のような弱小の出版社の上梓する出版物の読者は少ない。この先、多くの方にお読み頂く事も出版経営者としてまた作家としての務めだ。そのための戦略を策定し販促活動も自ら動かなければならない。
併せて、硬めの「超長編歴史小説」とは別に、もう少し読みやすく小編・中編小説も書き始めた。

作家活動を遅く始めた私としては、他の作家とは真逆な執筆方針で、長編を無名の時から書き連ね現在に至った。そのアプローチは正しいと思っている。というのも、早くして認められ私小説的な短編小説しか書かなかった「有名作家」が、その晩年に長編小説を書こうと呻吟しても残念ながら殆どは失敗に終わる。過去の名前のみに縋り、読むに堪えない物語しか生み出せないというのが事実である。
気力体力とその維持につとめ、創造力が枯渇しない「私ハソウイウ物書キニナリタイ」。

長めの追伸
国立新競技場建設予定地にも6センチの積雪。(写真:朝日新聞ブログより)
たった6センチの積雪で、都市機能が麻痺してしまう。そこで生活している我々は多大な不都合を被る。自然の猛威にいかんともしがたい人間の弱さを思い知らされる。

この降雪は新競技場の建設予定の更地全てを真っ白にした。雪化粧の空き地(やがて建設されるであろう)の下には、権力欲、金銭欲、名誉欲、複雑な人間関係など様々などす黒い思惑が隠蔽されている。
いつの時代も同じだが、我々が表向き知らされている「歴史」は勝者の歴史だ。勝者にとって都合の悪い「欲望」は全て抹消されて、都合の良いことばかりが「正しい歴史」となり、更に勝者は正当化の更なる上塗り(真っ白な雪化粧のように)をする。

ただし「弱者」の立場の側も、その「不幸」を殊更誇張することがある。物書きはそこを冷徹な目で見なければならない。
これは過去の歴史に限らず、例えば、今現在起こっているSMAPの一連の騒動もそうであろう。新聞やテレビに載らない人間の裏側の欲望としがらみを掘り下げて考えてみるのも時には大切だろう。

「夏の熾火」から「秋の遠音」

福高講演会Bjpgニコライ堂築土神社出初め式の訓練あけましておめでとうございます。

平成28年新年、皆様の今年一年が幸多かれとお祈り申し上げます。

11月の11日に最後のブログをアップして以降、今日まですべての予定を無事終了し、風邪も引かずに過ごすことが出来ました。いゃあ、ブログも書けないほどに忙しい毎日でした。

「夏の熾火」の上梓をはじめ、講演会や、取材、そして多くの忘年会。体調維持が出来たのも、弓道や居合の日頃の稽古によるものだと思っています。
お陰様で流通を通してアマゾンなどから「冬の櫻」の結構な注文があって、手許には殆ど無くなりました。今後はより多くの方々に私の小説を読んでいただくために、次の手段も考えます。

ところで、年末29日から1月5日まで、大晦日と元旦を除き、かなりストイックな日常を過ごしました。毎年のことですが、事務所にこもって物書きです。加えて今年は、1時間以上のジョギング・ウォーキングも加えて、基礎体力アップを図りました。
昨年の11月に「夏の熾火」を上梓した後、丹念に見直しをしました。物語の全体構成を一読者の目で冷静に見ても、この小説は面白いと思います。うぬぼれでも何でも無く、歴史に残る作品だと自負しています。ただ誤字が多く、弊社のネットショップからの購入して頂く方の為にシール貼りなどして対処しています。校正の大切さを我が身に染みこませるためです。

作家の目と、校閲の目の双方を持つのは難しいと改めて思います。優秀な「校正者」を求めています。
正月休みの期間中、「風浪の果てに」という中編の全4章の第2章を執筆していました。ライフワークの長編時代小説「四季四部作」の最後の「秋の遠音」も書き始めました。夢中になって、ネットショップの改訂やプログラムの修正も後回しです。まあ、好きなことをやらせて貰っている環境と健康に感謝し、今年一年、オーバーヒートにならない範囲で頑張ります。
皆様の御声援をよろしくお願いいたします。春吉省吾
写真●福島高校講演会11月27日●クリスマスイブの神田ニコライ堂●平将門伝説「築土神社」12月25日九段下●出初め式の訓練1月5日東京消防学校・ジョギングコース

「秋の遠音」執筆中

陸奥国下手渡(月舘・川俣・飯野・霊山)と筑後国三池(大牟田市)その隔たり、およそ三百七十里。主人公は奧州下手渡藩・筑後三池藩藩主立花種恭(たねゆき)と吉村春明の二人。弱小藩故に、 時勢を読まないと、忽ち藩そのものが危機に陥る。家臣と家族、領民にとってどうすれば最善の策なのか、悩み考え乍ら、遂に激動の幕末、明治維新を迎える。長編時代小説「四季四部作」最後の「秋の遠音」。