近況報告と、虚実を見分ける眼力を!というお話。

読者各位へ
先週の天気予報では、今週から暑さは一段落と言っていたが、とんでもない 。最新の気象観測システムを使っても予測困難と言うことだ。米国カリフォルニア州デスバレーで54.4℃を記録。世界の観測史上、3番目に高い気温という。この先、どこまで暑くなるのか。というと、直ぐに地球温暖化の話を持ち出し、云々と言い出す。それは事の本質を判らない方の言だ。

新型コロナについても、4月15日、人と人との接触を減らすなどの対策を全く採らない場合、国内で約85万人が重篤になるとの試算を公表し、うち約42万人が死亡する恐れがあると言った教授もいた。その一ヶ月半前、新型コロナウイルスで日本人は最悪57万人が死亡するという、アメリカのシンクタンク「ブルッキングス研究所」が発表している。酷似している。統計学は、基礎とするデータを慎重に吟味しないととんでもないことになる。

本当の科学者は、勝手に断定してはいけない。一方、不確実なファクトから解を見つけて、具体的に実行するのが政治だ。政治家はその責任を取る。失敗すれば身を引く(世界の指導者の殆どはそうではないが……)。官僚は決して失敗を認めない。我々はそれら人物像をきっちりと見分けなければならないが、いい加減な情報に流されて、ごまかされてきた戦後75年。
ここ1年、哲理的随筆集の三作目として「ダブルスタンダード・DOUBLE STANDARD」を書くために、最新の経済学、哲学、科学書を読みあさって、頭の中を全てシャッフルした。私の基礎哲理はブレないが、頭をクリアにしないと新しいことが入ってこない。その殆どは「くそ理論」だが中には凄いものもある。わからない所はなんども読む。ごまかしの部分が見えてくる。
というわけで、昨日から「ダブルスタンダード」を書き始めたのだが、英語版のアマゾン本「DOUBLE STANDARD」というタイトルを検索していたら、ずらずらと出てくる。名前を変えようと考えている。欧米人のDOUBLE STANDARDという発想は、長い歴史の中で彼等が、彼等のために積み上げてきたものだ。それに打ち勝つ日本人のための哲理書を書き上げたい。

少し前に、YouTube「春吉省吾チャンネル」に「冬の櫻」改訂新版の第二巻のあらすじを、映像とBGMを加工してアップしました。ご覧ください。創作、著作は楽しんでやる、それがこの年になって判ってきた。読者各位にはお元気で、お過ごしください。

2020/08/26

「永別了香港」33年の沈黙を破って上梓 VOL.71

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●今はない「啓徳空港」から離発着するジェット機。香港のビル街をすれすれに飛ぶ。
●香港ジョッキー倶楽部、「永別了香港」の主要ファクターとして登場する。
●香港の買い物市場はいつもお祭りだった。
●香港島と九龍を結ぶフェリー。
●天安門事件追悼キャンドル集会、2018ビクトリア公園。

本文

「永別了」(ウインビットユウ)とは、「再会」(広東語でゾイキン、北京語でサイチェン)という、「また会いましょう、さようなら」という日常的な別れの言葉でなく、暇乞いという、かなり強い別れを意味する言葉で、ヘミングウェイの「武器よさらば」の原題、“A Farewell to Arms”の“Farewell”と同じである。
この作品「永別了香港」は、私の作家としての処女作だったが、暫く「封印」してきた。その理由は何れ明かすとして、単純ではない。10年前に電子書籍のある販売ブログにアップしようとして直ぐに思い止まり、完成形の作品は誰の目にも触れていない。一部修正して上梓出来る目処がついたのは、アマゾンKindleのソフトを作家の私自身が自由に編集できるようになったからだ。
私はその、Kindle版の「永別了香港」の扉コピーにはこう記載した。

香港返還(1997.7.1)の10年前、1987年(昭和62年)独りの日本人が偶然にも「香港」と関わり、持てる力の全てを尽くし、ビッグイベントに立ち向かった数奇な物語。
果たして、純文学か、禁断・背徳の小説か、異端のラブストーリーか、破天荒な経済小説か、推理小説か、日本の裏側を抉った暴露小説か……。人間の哀しさと愛おしさを一人の人間の成長を通して多面的に描き上げた「永別了香港」。日本人が、これまで書けなかった、リアルな日本・香港・中国がこの物語の中にある!!超長編でありながら、読者は吸い込まれるように先を読んでしまうはずだ。
上梓直前で思い止まり、長く封印していた、春吉省吾の処女作品「永別了香港」全5巻。スリルと猥雑、欲望に満ちた香港・中国、日本の闇が描かれている。
2020.6.30「香港国家安全維持法」が施行された。不幸なことだが「香港終焉」の端緒は、この超長編、ノンストップ・エンターテインメント・ノベルに全てが活写されている。

悲しいことに、猥雑でエネルギッシュな自由都市香港はもはや風前の灯火となった。当時のことを香港で語ることも出来なくなった。中国共産党の愚策・弾圧によって全てが閉ざされたからだ。
この小説「永別了香港」を上梓する意志が私の中で、俄に高まったのはそういう理由からだ。
今から30年前の1989年6月4日、北京の天安門広場で、民主化を求める学生や市民が、中国共産党の手で虐殺された「天安門事件」。中国共産党がもっとも隠蔽したい事件だ。当時の最高実力者鄧小平一派が犯した中国共産党最大の汚点である。以来、中国本土では徹底してこの事件を抹殺し、日本の政府・与野党・財界・あらゆるメディアも中国共産党に媚び、忖度した。
しかし一国二制度のもと香港市民は弾圧に耐え、これまで、ビクトリア公園に集まって、抗議の意志を伝え続けてきた。
2020年6月30日、中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は「香港国家安全維持法案」を全会一致で可決した。
この国家安全維持法は、「国家分裂、政権転覆、テロ活動、外国勢力と結託して国家に危害を加える行為という四つの活動を犯罪行為と定めているとんでもない悪法だ。
7月14日の「ニューズウイーク日本版」で、記者デービット・ブレナンは「香港の挽歌」と題して、「自由都市・香港が香港でなくなる日」“NOBODY CAN SAY NO TO BEIJING”の著名記事にはこうある。
「30年という歳月のせいではない。1989年のこの日に北京の天安門広場で民主化を求める無数の人々が中国共産党の手で虐殺されて以来、香港市民は毎年、この公園に集まって抗議の意思を表してきた。中国側は、天安門事件を何としても歴史から抹殺したい。それでも従来は、特別行政区である香港とマカオでの追悼式典は黙認してきた。しかし今年は違った。新型コロナウイルウス感染防止を口実に、当局はビクトリア公園での集会を禁じた」
国家安全法の適用が決まった翌日、香港トップの林鄭月娥(キャリーヤム)行政長官は、香港市民宛の書翰を発表し、今の香港は「国家安全保障上の大きな穴」であり、その「繁栄と安定が危険にさらされている」と主張した。(中国政府の立場から見るとそういうことになる)
国家安全法の適用によって、香港でのデモや集会は勿論のこと、反体制的なメディアへの圧力、過去に遡って批判的な投稿した者達も逮捕される。インターネットの規制も、芸術学問的表現の自由も規制される。宗教団体の圧力の対象も取締の対象になる。ジャーナリストも批判記事を書けば逮捕される。
事実、この8月10日、香港のメディア王で民主活動家の黎智英(ジミー・ライ)氏が逮捕、「学民の女神」と呼ばれた元政治運動家、周庭(アグネス・チョウ)さんも逮捕された。容赦ない後ろ手錠で、周庭さんが連行されていくニュースは衝撃的だった。彼女は勿論、天安門事件前までの自由闊達な、私の描く「永別了香港」に描かれた「香港」を知らない世代だ。
一時期、封印したこの「永別了香港」は、習近平政権下で、自由を剥奪されてしまった香港の人々に読んでほしいという思いもある。(正しく翻訳されての話だが)
33年前のおよそ3年間、私が直接間接に関わった「自由香港」は抹殺された。書き始めた当時、二度と香港には関わらないと自戒を込めてつけた小説のタイトルだったが、「永別了香港」というこのタイトルは、歴史的重みを持ったタイトルとして大きく変容した。
この小説上梓によって中国政府がそう判断すれば、この先私が香港や中国に行けば、この悪法によって逮捕されることもある。また、中国と「犯罪人引渡し条約」を締結している国に行けば、拘束されることもある。国家安全法とはそういう、とんでもない法律である。

nonstop entertainment novels 「永別了香港」は、今から33年前の3年間、東京・渋谷、香港、シンガポール、台湾、珠海、マカオが舞台になっている。
日本はまさにバブル絶頂期、その流れに取り残された30半ばの零細企業イベント・広告会社の経営者が、ひょんな事から、香港に関わることになった。全てが偶然か、必然か……。
物語は1986年(昭和61年)12月、クリスマスイブ、東京・渋谷、音楽業界のたまり場となっていた渋谷公園通りのスナック「道」に、ある男が閉店前、ひょっこりと現れた事から、物語がはじまる。
「永別了香港」は、現在世界を相手に第一線で活躍している日本人は勿論、世界中に散ってしまった、華僑、香港人にもぜひ読んで欲しい作品である。同時に、日本の特殊な業界や政界の裏の動きも書き込んである。30年前の澱が更に異臭を放ち、のっぴきならなくなった「今」の日本。
新型コロナによって、戦後75年の隠蔽されてきた既得権益がすべて暴かれた。これを抛っておけば、日本の未来は暗い。その未来をなんとか打破しようと行動するとき、「永別了香港」は、精神的起爆剤になるような物語だ。
「永別了香港」Kindle版・全5巻「nonstop entertainment novels 」は、司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」文庫本全8巻とほぼ同じ文字数だが、貴方は、面白くて、あっという間に読み切るだろう。見えない未来に、本気で立ち向かおうとしている日本人、香港人、真の人権を守る中国人に贈る。9月上旬に上梓します。
2020年8月20日   春吉省吾 ⓒ

 

「冬の櫻」改訂新版全四巻Kindle版上梓 VOL.70

 

 

四季四部作・長編歴史時代小説の最初の作品「冬の櫻」を書籍化してから、10年近く経ちました。
今でも、弊社のネットショップや、委託していた弓具店さん経由で注文が入りますが、在庫も殆ど無くなりました。本文組み付けの文字や行間が狭く、読みにくく、誤字もあり、作者としては忸怩たるものがありました。
「冬の櫻」は江戸中期を舞台にした「本格弓道小説」ですが、当時私が、弓道稽古を始めて10年ほど経った、今から20年前に「弓道時代小説を書く」と宣言したら、私をよく知らない周囲の口さがない弓仲間に嗤われました。
「吉川英治先生にも書けなかったものが、お前に書けるはずがないだろう」というわけです。
当時、話をお聞き頂いたのは、当時全日本弓道連盟会長の鴨川信之先生と、同副会長志々目義宏先生でした、お二人とも範士十段の最高峰の弓術家です。残念ながら、お二人とも鬼籍に入られてしまいました。
弓道(弓術)に関する確たる資料は細切れで少なく、時間をかけて資料を収集して物語を組み上げましたが、発刊後、弓術所作について時代的修正事項が何カ所かありました。今回内容を見直し、改訂しアマゾンKindleから、全四巻の電子書籍に纏めてアップしたというわけです。
拙著四季四部作のもう一作に、紀州藩の権力闘争を背景にした、三人の弓術家を主人公とした「夏の熾火」という小説がありますが、これら二作は、明治以降の弓道(弓術)小説として嚆矢であり、今後も「弓道小説」として読み続けられる作品と自負しています。

「秋の遠音」を6月に上梓するため、今年当初から休みなしで「作業」を続けてきました。落ち着いたら取材旅行をしたいと思っていましたが、コロナ禍で、気楽に出かけられなくなりました。
それでも旧盆には、故郷の墓参りと、母の顔を見に行こうと計画していましたが、現在、親族でも都民だと高齢者用マンションの入室面会が出来ませんといわれて中止しました。ならば「充電期間は一切なし」と、開き直って机に向かっています。いろいろやっています。

原稿収集からプロットを組み立てて作品を創作する「頭」と、それを元に出版(それは印刷物でも電子出版でもどちらもあり)処理する「頭」と、さらにはそれらを様々な媒体を使って「販促」する「頭」、それら3つの「頭」をそれぞれに使い分け、使いこなしをすれば、「コロナ禍」の最大の気分転換、対処法になるだろうと、自分を鼓舞して、プラス思考で実践しています。
色々やることが、頭の切り替え「充電」だと意識を変えました。
「コロナ禍」の時代、個々人にとって、あるいは企業にとって、今何が出来るのか。それは当座しのぎの便法か、そうだとしていつまで続けるのか、その間の資金調達は可能なのか。将来的にその努力は貴方にとってやるべきことか、後退・縮小、転業・廃業等々、この時期じっくり考えるべきでしょう。残念ながら、行政を頼っても、生きる為のグランドデザインは、教えてくれることはありません。必死になって自分の「頭」で考えるしかないのです。

さて、私の実践した一つは、アマゾンKindleの為のデータ変換技術をマスターし、販売することでした。紙の書籍を作る方法と勝手が違って、多くの時間を割いて試行錯誤をしました。相手はプログラムなので、年寄りには大変でしたが、これが気分転換、頭の体操になると割り切って作業しました。
そこそこ苦労したお陰で、全体を把握することが出来、「永別了香港」の全五巻もアマゾンKindleで9月の上旬に上梓することが出来ます。以降「密やかな出航」を9月末に上梓し、この先、既刊の作品は、速やかに電子書籍化して読者のご要望にお応えしたいと思っています。
実践の二つ目は、この夏場、セキュリティ充実のためホームページを刷新し、動画も取り入れる作業です。無料のソフトを変更して作っていきます。その計画の課程で、新しい発想も生まれました。未発表の「心身経営学講座のデータ」を手直しし、画像と併せればYouTubeにアップして、実践哲理として利用して貰えると思っています。
幸い10年前までイベントで培った、映像処理技術もあります(錆びましたが)ので、全て自力で出来ます。それに映像処理のソフトは当時とは格段の進歩を遂げ、易しくなっています。封印した技術を再利用し、今年来年と、様々な媒体を利用し、「言挙げ」の場を多く持ちたいと思っています。伝えたいことは山ほどあります。甘えてはいられません。他力本願では物事は進みません。そういうわけで、惚けて創作・作業ができなくなるその日まで、頑張ろうと肚を括りました。あとは、健康管理をして、躊躇せずに実行あるのみです。

今年、上半期の国内の出版物の売り上げは、「コロナ禍」の影響もあり、電子出版が前の年の同じ時期と比べて30%近く増加したといいます。アマゾンのKindle登録で思ったことですが、一度登録すれば、手数料は取られますが入金はきちっと確保されますし、世界中の読者が拙著を読んでくれるのです。これは、凄いことです。地球の果てにいても、日本語が読めれば、私の本が読めるのです。従来の紙媒体の書籍も勿論大切ですが、現在の澱んだ出版流通を変革をしない限り、読書人口は決して増えません。大手出版社と大手流通、返本自由という現在の書店形式では、未来はないし、紙媒体の書籍もアマゾンに浸食されている現状はその途中経過です。
9月にKindleから上梓予定の「永別了香港」の読者対象は、世界を相手に海外の第一線で活動している若き日本人や、30年前の香港や渋谷の活気ある熱気を知っている壮年日本人ですが、それ以外に、香港、台湾をはじめ、世界中に広がる、華僑の人々に読んでほしい小説なのです。
アマゾンKindleのシステムが、ぴったりな小説なのです。
また、Googleに買収されたYouTubeを通した情報発信は、地上波やBSなどよりも、遙かに広範囲な情報を我々にもたらします。日本はもとより、世界中の動画ニュースを視聴できます。世界は大きく変わっています。「新型コロナ」に関する、日本のニュース情報は、随分と偏向しているなと、比較して初めて判ります。
今まで、封印していた映像処理にも手を出すことになるので、今後は当然YouTubeにも参加することになります。
「コロナ禍」によって、自分の言葉やイメージが、従来の「流通」の枠を一足飛びに追い越していきます。音楽配信、書籍配信、映像配信の分野でも、一気にフィールドが、広がらざるを得なくなります。単に受動的にそれを利用するのでなく、積極的にそれを使って配信することも必要だと痛感しています。
私の目指している方向は、「テレワーク」や「リモート会議」などのシステムをそのまま利用というものでなく、その考え方のベースになる「思考ソフトの配信」そのものになる事です。
ちなみにGAFAという言葉は、広告や検索(Google)、スマートフォンとそのアプリ(Apple)、SNS(Facebook)、ショッピング(Amazon)というネットの「プラットフォーム」で大きなシェアを持つ「プラットフォーマー4傑」という意味で使われていますが、このプラットフォームに対抗できるシステムは、この先日本で創成される可能性は慙連ながら薄いようです。ならば、それらの機能を利用するしかありません。4傑といわれているその中でもアマゾン(Kindle)、グーグル(YouTube)は、この先もっと大化けします。とてつもなく恐るべしです。
2020年 8月9日  春吉省吾ⓒ

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
https://nork01.myshopify.com 〈カナダ生まれの世界標準ネットショップ 〉
◆主としてカード決済のネットショップです〉●https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/