Double Standard (日本壊滅) VOL.81

●2020.12.31 甲州街道・幡ヶ谷駅前。年末買い出し結構混雑。●2020.12.31 近くの神社の一つ・氷川神社。
●2021.1.5 PM14:00 
新宿駅南口横断歩道。通常の2割程度。メディアの映像は如何様にでも切り取れます。
●2021.1.7 ペンス副大統領、臆した。リン・ウッド弁護士のいうことが正しかった。ジュリアーニ、シドニー・パウエル弁護士、この三人はボロボロになってしまったアメリカ矜持の鑑だ。

●2021年令和3年新春、読者の皆様へのお知らせです。
春吉省吾の哲理的随筆集「Double Standard (日本壊滅)」の執筆を始めました。全体は序章(現状分析)と終章(近未来)を含め以下の11章と併せて以下のような仮の章立てで進めている。
Capitulum 1 人種差別
Capitulum 2 正しい歴史考察
Capitulum 3 国際社会・政治
Capitulum 4 情報ネットワーク
Capitulum 5 財政と金融とIT
Capitulum 6 環境問題とビジネス
Capitulum 7 宗教と教育
Capitulum 8 国民性
Capitulum 9 自己哲理組成
Capitulum 10 祈りと叫び
章立てはあくまで仮だが「Double Standard」という厳しい「現実社会」とどう向きあい、思考し行動すれば良いかという実践哲理としてまとめあげたい。
人は利権と保身、既得権を死守するため、ここまで汚く、卑しく醜くなれるのかと思う。一方で生きる意味を知り、使命感を持った人々は、かくも美しく気高いものだとおもう。
それら両極端の情報収集をしながら、現在必死で「Double Standard」という人間が作り上げた実にしたたかな詭弁と向き合っているところだ。「Double Standard」の定義は本冊子で定義するが、ここではとりあえず「同じ基準を用いるべき場合なのに、対象によって異なる基準を設ける」という意味とする。
今からちょうど11年前に拙著「経営の嘘」を上梓した。第四表紙カバーのコピーに私はこう書いた。「絶望の底に堕ち、そこで体験した『ニヒリズム』こそが、貴方にとって生きる為の強い起爆剤となる」
そして、本文は「決して自殺をするな」という祈りの文章から書きはじめた。
中国共産党によって世界中に新型コロナが蔓延し、その対応にあたふたとして、結局本質から離れたところで、日本は政治経済政策無策の悪循環に陥った。特に政府と東京都の表面だけのパフォーマンスはひどい。「Double Standard」にも値しない、単なる責任逃れの二枚舌だ。
不幸にも人々はそれに巻き込まれて人生設計を台無しにされてしまった。しかし「されてしまった」というのは受け身なのだ。
鈍感な日本人も、敏感に危機意識を持っている方々も、否応なく、絶望の底に堕ちてしまう危機が来た。だから今こそ這い上がるその精神力と開き直りのパワーを撓めることが我々に必要なのだ。
「何を馬鹿な」と、鼻でせせら笑っている方々に申し上げる。そう言う輩に限って、一番最初に変節する人間達だ。75年前の敗戦後の頭でっかちのエリート達の行動を見れば判る。
「経営の嘘」という我が冊子の第一表紙にこう書いた。(この本で経営書と言うよりはむしろ人生の哲理書と言いかえてもいい)
「もう駄目だと 絶望の淵に経った時『神』に『仏』に開き直って叫べ!『次はそちらの番だ』と。」 この言葉の意味は深い。人間の祈りはあらゆる宗教誕生に繋がる根源的なことだ。自分自身を環境にシンクロさせ、それを変えていく。それが生きるということで、次の世代への今生きている貴方の生きる意味なのだ。
人間は弱く、脆い。だから神や仏は必要なのだが、今多くの人達には人間として最も大切な「宗教観」を失った。この感性は学ばなければ正しく醸成できないのだから当然だ。
敗戦後75年、日本が劣化してしまった。多くの日本人達(学歴や社会的地位には全く関係ない)は生きる哲理を持たずに、明日を考えずに「なんとかなるだろう」と生きてきた。しかしこのままだとなんとかならず「日本壊滅」となる。政治的、経済的、精神的なことが複合して日本は壊滅する。当然、そこに住む我々日本人は、人間としてまともな暮らしが出来なくなってしまう。今日より明日はよくなる、豊かになるという、高度成長期の物質のみの豊かさは、幻想と知れ。
そうならないために、「Double Standard (日本壊滅)」では、当座の解決法と根本解決法の二つを記載する。まあ、いわば釈迦の対機説法のようなものである。
●我が師、長谷川肇先生は平成28年3月13日、87歳で天寿を全うされたが、その長谷川先生が日頃仰っていた言葉のひとつに「物事の本質を考えよ」という言葉がある。この言葉の意味は、それぞれの人生経験を活かし、自分自身の哲理を形成できるか否かで、その深さと広さに大きな違いが生まれるという言葉だと私は理解している。
今から20年前、私はイベント企画やコンサルタント業務の傍ら、中小企業経営者・承継者の為に「心身経営学」講座を数年実施した。渋谷区の施設、表参道や代々木上原の会議室を予約するために抽選会に出て会場を確保し、年2クール各15回、夜の6時から9時に行った。受付とお茶出しは妻に頼んだ。通常の仕事以外のレジメ作りは、徹夜続きで大変だったが、講座後の受講者の方々との飲み会は楽しかった。
内容は今思うと大学院の社会学や宗教学講座以上に難しかった(濃かった)ように思う。本質は突いていたが、十分に咀嚼しないまま講義をしてしまった。この11月に古稀を迎えた今、当時の受講生の方々には申し訳なかったと反省している。当時の講義録の初期の分は冊子にしたが、残りの半分以上は未だ未整理で、未発表の講義録をどうするか、時間とにらめっこしている。誰かまとめてくれる方がおいでならば、そのままお渡ししてもいいくらいだ。
「心身経営学」講座は、「哲理篇」と「技法篇」に分け講義をしたが、「経営学」と言う名が付いているが、経営=人生という観点から、儒学(朱子学、陽明学を含む)、仏教(原初仏教、大乗仏教、密教、禅)、原始神道(古事記なども含む)、旧約聖書、新約聖書、コーラン、近世の思想など、様々なことをテーマとしたので聴講する方は大変だったと思う。一方、技法篇(経営手法)については、ゲーム理論をはじめMBAの手法など多岐に紹介した。しかし「ランチェスターの法則」を深く応用し、AIの技法を付加すれば、後は要らないというのが、現在私の到達した結論だ。
●講座終了後、現在まで急速なIT技術やネットワークが飛躍的に進歩した。将来的には人工知能の領域が更に増えるだろう。しかしその集積されたビックデータの情報は、本来人間の人間たるべき尊厳を取り戻すための意志決定の一つとして利用されるべきだ。邪悪な組織や輩が、ビックデータを利用し、個々人を縛ることになると、ヒットラー、スターリン、毛沢東が何百万人も抹殺した暗黒の歴史よりも、更に悲惨な事になる。中国共産党習近平の少数民族に対する大規模な強制収容や強制労働、思想教育の弾圧、昨年の6月末に施行された「香港国家安全維持法」などは狂気の沙汰だ。
社会主義、共産主義が、どのように全体主義に変質して行くのか、ナチズムを批判した哲学者フリードリッヒ・ハイエクの著書を読み直している。
●「物事の本質を考える」とき、最も大切なものは情報の集積だが、広く開放的な診断基準で収集しなければならない。しかし戦後75年、既得権益者となったマスメディアの情報は、フィルターが掛けられ、偏った情報しかとれなくなってしまった。情報の確度はどの程度なのか、フェイクニュースではないのかと、全体の流れの中で、確認する能力を身につけなければならない。
今回行われた、アメリカ大統領選挙において、オールドメディアといわれる、テレビ・新聞そして、ソーシャル・メディアが、トランプの情報を徹底して遮断し、さらには真逆のニュースをまき散らした。不正や嘘を隠ぺいすると、それを隠ぺいするためにさらに嘘を重ねる。これでは、ナチスや現在行われている中国共産党のプロパガンダや検閲とどこが違うのか。そんな情報を検証もせず鵜呑みにしているのか、あるいは意図をもってそうしているのか、日本のメディアは、アメリカのそれよりももっと卑怯だ。
「Double Standard」を操る面々にどう向き合い、日本人の一人として「こと挙げぞする」(拙著2018.5.12上梓)勇気を持ち、自分の命をどう使うかと真剣に考えてほしい。
哲理的随筆集「Double Standard (日本壊滅)」の上梓をお楽しみに。
              2021.1.8       春吉省吾ⓒ

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、
「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/
●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

壮大なスケールで描く時代小説「初音の裏殿」 VOL.80

 

Design by Shougo Haruyoshi ⓒ

2021年令和3年、皆様、新年あけましておめでとうございます。
●壮大な構想の幕末時代小説「初音の裏殿」のシリーズ第1巻「怪物生成」を執筆している。
昨年当初から武漢発の新型コロナウィルスの蔓延に端を発し、WHOなど世界中の様々な組織腐敗や中国共産党の狂気の全体主義が明らかになった。更に今回のアメリカの大統領選挙によって、司法省、CIA、FBI、地方政府、裁判所、民主党はもとより共和党の議員達も不正や汚職の当事者である事が晒され始めた。金融界は全体主義的グローバリストが跋扈し、マスメディアやビックテックは偏向した報道規制を行ない、そこに中共の影がある。信じられないことがアメリカで起こっている。世界は激動期と言うような生やさしさでなく、カオス(混沌)となっている。民主党のバイデンが大統領になると、共和国アメリカを支配するディープステート ( deep state 「闇の政府」とも言われるが、要は国家を食い物にしている既得権益者)の存在は、永遠に闇に葬られてしまう。だからトランプに大統領になってほしいと言うのが、今回の選挙不正を口コミでようやく知った普通のアメリカ国民の大きなムーブメントだ。
このカオスの中で日本人は、あまりにノー天気だ。日本のメディアは肝心な事を一切報道しないから、「おかしいな」と思う感性すら喪失してしまった。そして多くの日本人は、「考えること自体が面倒くさい」と思っている。実に危険な兆候だ。
敗戦後75年、日本の教育は占領政策のもと歪められ、日本人の思想・思考回路も著しく矮小化してしまった。しかしそれが顕在化したのは戦後75年前からだが、その端緒は幕末から現在に至る明治期の165年前から、軽薄な形而上の思想が形成され、それが現在の日本人の発想の背景にある。ここを間違えてはいけない。
当然のことだが、幕末を扱う小説家も現在に至るまでその範疇から逃れられないでいる。

●壮大な構想の幕末時代小説「初音の裏殿」のシリーズ第1巻「怪物生成」を執筆している。
ほんの一握りの指導者の軽薄、怯懦、狭量、我欲が国家を分断させる事もある。過激な形而上の思考が、社会を混乱させることもある。
しかし、人間の社会は昨日よりも今日、明日の暮らしが少しでも良くなってほしいという形而下の現実生活の実感によって動いている。勤皇の志士が活躍し、倒幕によって明治が生まれたのが主要因ではない。主たる原因は、石高制から貨幣経済への移行期に、幕藩体制の既得権や不公正が様々に顕在化し、開国により諸外国との不平等な交易によって、物価が高騰して民衆の生活を逼迫したからだ。武士たらんとして戦った勤皇志士たちの行動がきっかけとなって、武士の時代は終わった。歴史のアイロニーである。我々はそういう歴史を冷静に判断できる認識者でなければならない。
高度成長期、日本人は、勝者の歴史として「明治維新」をことさらに賛美した。作家の司馬遼太郎氏など多くの文筆家の歴史観はそうである。しかし、時代は変わった。
問題は絶えず変化する部分と、たとえ死を賭しても変えてはならない本質的な部分がある。戦後75年自虐的な教育の為に、両者の結節点を正しく認識できなくなってしまった。
結果、我々日本人が本来持っていた思想が希薄になってしまった。あるいは殆どなくなってしまった。
私春吉省吾は、現在執筆中の「初音の裏殿」の中で、主人公宇良守金吾義聡を、その両者をはっきりと意識し行動する異能者、天才として描いている。

●壮大な構想の幕末時代小説「初音の裏殿」のシリーズ第1巻「怪物生成」を執筆している。
この物語は、全シリーズ読みきりで全10巻(場合によっては12巻)を計画している。
私はここまで主人公宇良守金吾義聡を取りまく物語の核になる人物、約50名の生年月日、没年月日を特定し、その出自、人間関係、身体的特徴、特技・性格などを決めた。祖父宇良守慎吾から金吾が活躍する120年間、実在した様々な人物達が絡んでくる。大変な作業だった。
数年かかってようやく作業を終えた。これが纏まれば広大な裾野を舞台にして、主人公宇良守金吾を縦横に動かすことが出来る。
第1巻は、原稿用紙で400枚ほどの中巻で、現在半分ほど書き進めている。
金吾の活躍するステージは、江戸、京、長崎、鹿児島・指宿、琉球、酒田、蝦夷、そして清国福州・上海と、禁制を犯してまでその活動は広がる。
また、主人公の血筋からその活動は、朝廷、公家をはじめ、薩摩藩、長州藩、大村藩、長崎奉行、長崎地役人、豪商、将軍、旗本、大老・老中・幕閣と向き合っていく。今日の味方は明日の敵、時系列と共に、その相手は刻々と変化し、金吾は厳しい時空間を切り開いていく。

●壮大な構想の幕末時代小説「初音の裏殿」のシリーズ第1巻「怪物生成」を執筆している。
主人公の宇良守金吾は、高貴な血筋に生まれたが、母の顔を知らない。その立場を公家も大大名も、幕府も利用しようとし、あるいは抹殺しようと画策する。金吾はそれらの動きを逆手にとって、不毛の地に追いやられた宇良守藩旗本六千石の家臣と領民の暮らしを守る。
隠密裏に身分を変えた様々な配下のネットワークを駆使し、破天荒な策略を練り実行に移す。 更に欧米列強と、あるときは知能戦を仕掛け、時に協調し、金吾の信念を貫徹しようとする。
これまでの幕末小説は、例えば坂本龍馬や西郷隆盛、吉田松陰、勝海舟、新選組など、その主人公達は尊皇攘夷思想、あるいは薩長対幕府など国内の政争、人間関係を主とする物語であった。 それはそれで、かつての高度成長期の物語として、高い評価を得たのだが、時代は激変した。
幕末期、貿易・為替など不平等な開国政策によって、日本の民はどれ程疲弊していたかということに関し、日本の指導者達は全く無知であった。
「初音の裏殿」という小説を通して、その事情が次々と明らかになっていく。
例えば、坂本龍馬の志は素晴らしいが、列強政策の中での自分の立ち位置を知らなかったため、所詮イギリス東インド会社の出先、グラバーの御用聞きのような事をしていたに過ぎない。本来徳川幕府改革するためには、列強の中の「日本」立ち位置を考えなければならない。主人公の宇良守金吾は、異能とも言える天才で、自らの領地を改革しようと奔走する。
金吾にとって、天皇も幕府もなかった。列強と向かい合い、家臣と領民達の暮らしを守るために、経済金融の仕組み、貿易の仕組みを知り、蓄財を図り実践しなければ、領民経済が成り立たない。
幕末に名を馳せた人物の中で、貨幣金融、貿易為替制度の実態を知っていた人物は何人いたか。 小説の中で、金吾と一緒に、見山楼で学んだ幼なじみの小栗剛太郎、後の小栗忠順ただ一人であったかも知れない。シリーズの小説の核になる一人である。
さて、シリーズには様々なヒロイン達が登場する。それぞれに金吾とどのように関わってくるか、読者としてはもっとも興味のあるところだろうが、様々な女性の個性を描きる作家春吉省吾の自負にかけ、読者には十二分にお楽しみ頂ける事をお約束する。

●壮大な構想の幕末時代小説「初音の裏殿」のシリーズ第1巻「怪物生成」を執筆している。
春吉省吾の、四季四部作・歴史時代小説「春のみなも」「夏の熾火」「秋の遠音」「冬の櫻」のシリーズ四作は昨年完結した。次のライフワーク「初音の裏殿」は、混沌とした世界に生きる日本人の新しい視座を形成すべく、主人公宇良守金吾の言動、行動に託し、私自身祈るような気持ちで執筆している。世界が、汚辱にまみれてしまったカオスの今、大きな拡がりを持つ時代小説「初音の裏殿」シリーズを楽しんで、それぞれに思考してほしい。
周囲がはらはらするような異才を発揮し、時代の先を読み、困難を切り開いていく金吾、相手を引き込み魅了する。命を賭して心酔する金吾の周囲を固める家臣や配下の集団、ひたむきに純粋に金吾を愛する女性達。彼等の生き方をじっくりと楽しみ、それをがっちりと受け止める壮大な哲理を持ち、実践する金吾の活躍に没入してほしい。
混沌を生きる日本人の日本人のための時代小説のシリーズ「初音の裏殿」をお楽しみに。                 2021.1.1       春吉省吾ⓒ

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、
「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/
●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉