教典に遊ぶ VOL.88【日本が世界が狂いかけている今】

 

●あじさいの季節。土壌が酸性かアルカリ性かで、紫からピンク色と発色が変わる。鮮やかな紫のあじさいは5月の半ば、妻への誕生日プレゼントに求めたもの。他は散歩の途中、見事な住宅街のピンクのあじさい。公園のあじさいと、がくあじさい。6.15
●タチアオイ 笹塚の駅近くで見かけた。なかなか可憐な花だ。名前がいい。 6.8
●夾竹桃。いつもの公園に沢山咲いた。ただコロナよりも毒性が強いのを知っているのかな、渋谷区長さん。6.15
●久しぶりに、ジョギング・ウォーキングで中野区の南台商店街へ。11時だというのに人通りはまばら。一年半前には信じられない閑散さ。コロナ対応による人災だ。 6.15

〈本文〉「Double Standard (日本壊滅)」という哲理的随筆集をようやく執筆しはじめた。
このジャンルの本は、これまで数冊上梓したが、今回はその纏めとして、行動指針を提示するという非常に難しいテーマに取り組んでいる。それぞれに分類すれば、4、5冊のハウツウ本ができあがる。が、そうしないところが、ハルヨシショウゴの省吾たる所以である。
この随筆集を書くための書籍と資料が山積みになっている。資料を集め読み込んで、数年経つが、一つのことから派生していろんなジャンルに飛んで、「量子論から、法華経の世界まで」(実はものすごく近いと言うことが、判ったが……)、色々と調べていく内に時間ばかりが経過して、実際の社会のDouble Standard現象が、余りに激しく、目を覆うような悲惨な状況になってしまった。早く纏めたいと思いつつも、世界中が浮き足立っている今、もう少し冷静になってからの方が、私の本はズンと響くかも知れないと思って、焦らないことにした。
また遠大な構想でスタートした「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~が、ようやく纏まった。
今回も我が盟友、福島高校21回卒(何故かこのように表記することになっている)、同窓の菅野建二君に大変お世話になった。この紙面をお借りして、謹んで御礼申し上げる。〈7月下旬には予約販売開始します〉
さて上記「怪物生成」の本文チェック、本体の印刷製本、流通販売ルートの詳細決定、しおりやDMなどの基本のレイアウトもほぼ最終段階となった。ここで急ぐと思わぬちょんぼをするので、暫くクールダウンすることにし、「Double Standard (日本壊滅)」を書き始めた。

実は、歴史時代小説を書くことと、哲理的随筆を書くこととは、読者の皆様は、同じだと思っておいでだろうが、随分と違う。小説家が、私的な随筆を書くのは、多少筆致を変えるか視点をずらして書くことで、自身の精神の均衡を保つために自由に書けるが、「哲理的随筆」は、哲学、宗教、自然科学、社会科学などの要素を纏め、社会事象を取り入れて書くので、頭の使い方も違ってくる。読者諸兄には、そんなことも頭の片隅に置いて読んで頂ければありがたい。
この哲理的随筆の副題を(日本壊滅)としたが、そのスピードが俄に早まったという危惧がある。ここでは、日本の現象面だけをざっと述べておこう。
日本の不幸は、戦後日本人が二度と立ち上がれないように、GHQの「先導教育」が大成功したことにより、76年経った現在も、自虐史観に固まった「教育」を唯々諾々と受け続けていることだ。これら「高等自虐教育」受けた人間達が、日本の指導者になってしまい、現在に至っている。日本人としての深い思想形成を何一つやってこなかったツケである。日本国憲法とその解釈にも起因している。
高齢者の80歳代から60歳代の日本人は、そろそろ気づきそうなものだが、未だに完全洗脳された人が多く、自覚していない。このままだと自覚する前に「脳内硬直」てしまう。
宗教観や歴史観を正しく教わらなかった日本人は、考えるモノサシをもたない。「自分で考え、その行動は自分で責任を取る」という事が出来ない国民は、「みんなで渡れば怖くない」と刷り込まれると「一人で渡れ」と言われても、右往左往し立ち往生だ。それならば、思考停止した方が楽になれる!日本人の大部分の回路はそのようになってしまった。
政治をする側、偏向報道を流し続ける側にとっては、これほど楽な対象はない(対象とは「日本人」のことだ)。中国CCPか朝鮮の工作員かと見まがうほどの切り取り、切り貼りをしても、騒ぎにならないことを知っている。確信犯だ。

中国武漢由来のコロナ禍によって、PCR検査をせよ、やれ変異ウイルスだ、第何波だ、ワクチンを早く手配せよ、果ては「ゼロコロナ」などど日本中が狂乱しているが、これらは殆どがマスメディアの煽りと、利権と目先の銭に固執する政界・財界、あるいは専門家と言われる輩の我欲と無知によって起こっている。また国力を弱体化しようと企む意識的な者もいる。
その元凶の一つはマスメディアだが、それに対して無防備な日本人は哀れである。受信料を払いテレビにかじり付き、偏向新聞に大枚のお金を払って自ら精神的ストレスを招いている……。
扇情的なニュースを日常的に受けると、ストレスが慢性化、過剰化して何が正しいか考えられなくなる。これは脳の「全頭前皮質」のDIPFCが使えなくなってしまって「思考停止状態」になるからだ。日本国民が心理的な安定を失った。厳しい言葉で言うと「総白痴化」で自業自得だ。

コロナの影響で、隠されたいろんな事が露出された。世界の大きな事から、ごくごく些細なことまで、経済・金融、簡単に言えば、「銭」の流れと「利権」の流れを追っかけていくと、キーになる人物、人間関係、隠れた団体・組織がくっきりと浮かび上がる。「なんと、そういうことか」とわかる。
だがそれを知ることは覚悟がいる。「知った後、あなた自身はどういう『言挙げ』をして、意志決定するのかと問われるからだ」。今の大多数の日本人にそこまでの覚悟があるとは思えない。「ワクチン狂騒」を見てそう思う。
現在、緊急事態宣言が発令中だが、これといって私の日常は大きく変わらない。こんなことで変わっては何のために70年間生きてきたかその意味が無くなってしまう。
私は今、随分前にいい加減に読み飛ばした「法華経」と遊んでいる。遊んでいると言えば、不遜に聞こえるかも知れないが、「遊ぶ」いや、実は「遊ばれている」のだが、道元が、日蓮が、白隠が、宮沢賢治がどの部分に強く引かれたのか、何故、空海が法華経を否定したのかと思考に遊んでいる。日蓮は空海を徹底して嫌ったが、それはそもそも空海と日蓮の目指す世界が違うからだ。日蓮はムキになりすぎてずれてしまった。但し私は、日蓮の「立正安国論」の先鋭な現状認識と、危機意識に、共感する一人だ。誤解しないで欲しい。
まあずれていると言えば、その日蓮の根本思想、法華経の異次元の空間を、本来広く知らしめなければならない立場の創価学会ひいては公明党の日本を売る親中思考「無教養」はどこから来るのか、首を傾げる。日蓮の教えと真逆な行動を取っている。「Double Standard (日本壊滅)」の格好な反面教師となる。
それにしても「法華経」を漢訳、いや意訳創造した鳩摩羅什の人間的苦悩を、檀家仏教に堕ちた、今の僧侶達は何処まで知っているのだろうか。
2021年 6月16日  春吉省吾

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、
「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/
●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

コメントを残す