春吉省吾の「独り言」

「文字を読まなくなった」この時代、わざわざ「超」長編に拘らなくてもいいと友は言う。しかし複雑な登場人物が紡ぐ「長編小説」を楽しむ心の余裕と、真の教養が今の日本人には必要です。

Monthly archive 5月, 2014

故郷への思い作品に「福島出身作家春吉省吾さん 」福島藩舞台の時代小説発刊

「福島民友新聞社」5月28日朝刊の記事 福島市出身の作家、春吉省吾さん(本名・佐藤祥一)の、長編時代小説としては2作目となる「春のみなも 幕末小藩物語」(上・下巻、ノーク出版)が発刊された。 福島藩を舞台に下級武士の娘として生まれた主人公が、時代に翻弄されながらも力強く生きる姿を描いた大作。 春吉さんが福島民友新聞社を訪れ、作品に託した復興を目指す故郷への思いを語った。 ヒロイン初は、実父や夫の死 […]

5月25日(日)福島民報に「誇り高き福島発信」として記事掲載

「誇り高き福島発信」 時代小説「春のみなも」発刊 作家の春吉さん思い語る 幕末の福島城下で生まれた女性「初」を主人公にした長編時代小説「春のみなも」ノーク出版)が発刊された。 執筆した福島市出身の作家春吉省吾さんは、過酷な境遇にもくじけずに生きた初の姿に、震災後の故郷を重ねる。発刊あいさつで福島民報社を訪れ「作品を通し、希望ある誇り高き福島を発信したかった」と語った。 小説は幕末の福島を舞台に展開 […]

5月20日から「春のみなも」の舞台、福島へ行ってきました

  平成26年5月20日、火曜日、東京での用事を済ませ、時代小説「春のみなも」の主人公「初」の故郷であり、私の生まれ育った「福島」に金曜日一杯迄行って参りました。 父を何者かに殺された九歳の主人公「初」の極貧の暮らしが、さらに絶望の淵に叩き落とされたところから物語は始まります。 「春のみなも」の上梓にあたってお世話になった方々への御挨拶と、新聞社への「春のみなも」に関するPR活動のためで […]
「夏の熾火」好評販売中!!

「夏の熾火」好評販売中!!

長編時代小説「四季四部作」の第3作「夏の熾火(おきび)」がお陰様で上梓の運びとなりました。(公式発行日 : 平成27年11月1日) 江戸時代、前期~中期にかけて京都、三十三間堂の西外縁で行われた「通し矢」で活躍した天才弓術家三人の生き方を追った物語です。通し矢、それも一昼夜通して行われる「大矢数」は、洛中の庶民の人気をさらい、絶頂期には、徳川御三家の紀州と尾州の名誉を懸けた熾烈な戦いとなりました。 […]

関東福島高校同窓会「関東梅苑会」に「春のみなも」が紹介されました

5月16日、「関東梅苑会」という、私佐藤祥一の母校、「福島高校同窓会」の関東ブロックのホームページに「春のみなも」が紹介されました。 有難うございました。 今まで、福島高校出身という事に誇りはありましたが、高校時代はあまりいい想い出がありませんでしたし、残念ながら尊敬にたる先生にも巡り会わなかったこともその一因で、現在まで、一度も「同窓会」に顔を出したことはありませんでした。 今回は、地元福島を舞 […]
「冬の櫻」永遠のBestSeller

「冬の櫻」永遠のBestSeller

かつてこれ程恬淡として清々しい男がいたであろうか。その名は、圓城寺彦九郎。 会津藩初代・保科正之公の臨終にも立ち会った会津『豊秀流』の祖。歩射・騎射に優れ、当代一の弓術の名手、鍼術の名人でもあった。 武芸者でありながら「敵」をつくらず、出会った人達は忽ち、彼の虜になってしまう。 まさに命を削って「弓」とは何かを追求した彦九郎。真の武人のひたむきな精神は今に生きる我々の心を捕らえて離さない。 戊辰の […]

福島民友新聞に「春のみなも」が紹介されました

福島民友新聞・平成26年5月3日(土)の朝刊「読書欄」に 春のみなも「幕末小藩物語」 が紹介されました   未来を開く福島藩の娘 故郷との関係を見つめ直したい。そんな思いを抱える人が、震災後は特に増えでいるのではないか。 1950(昭和25)年、福島市生まれの著者が、幕末からの激動を生きるヒロインを通し、故郷と向か い合った2000枚の書き下ろし小説。書名は同市を流れる阿武隈川を象徴する。 藩政改 […]
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.