世界中が「愚」に陥ったVOL.96〈多くの日本人に読んで欲しい〉

●駒場公園内の紅葉(2021.12.1)旧前田侯爵邸和館 日本近代文学館前の大きな銀杏の木
●紆余曲折を経て完成した新国立競技場だが、オリンピックは「無観客開催」。
海外の有名スタジアムと比べて明らかに見劣りする外観、機能不全の内装設備が続々と明らかに。1569億円かけて造ってこれなのかという指摘が相次いでいる。2021.12.2

●ウォーキングの途中で偶然に……。なかなかいい赴き。世田谷・代沢 森厳寺  2021.12.4

 

  (1)世界中が「愚」の連鎖
  あっという間に、世界が大きく狂ってしまった。世界中が「愚」の連鎖を引き起こしている。中共武漢由来のウイルス騒動をきっかけとして、世界が重層的二極分化となって、「地球人類全体愚」の道をまっしぐらに進んでいる。
  国連を初めとして、その下部機構WHO(世界保健機構)、国家・行政、IOC(国際オリンピック委員会)、ダボス会議、COP26、米国立のNIAID(アレルギー・感染症研究所)、FDA(米国食品医薬品局)、など世界に直接影響を与える連合体、政党、宗教、企業などあらゆる人間・組織が迷走している。しかもほとんどが言行不一致、Double Standardそのもので、「虚」を垂れ流して平然としている。その「虚」も、あらゆるプロパガンダ媒体を使って、上書きされ続けると人はそれを正しいものと信じてしまう。
  人間の智の深さはこの程度かと、長息しきりである。「環境保護」「公衆医療」など「科学」「人命」という名において(本当の科学、人権はそうではないので敢えてかぎ括弧にしている)ある種の目的で、巨大な資本を駆使し、長年にわたり計画的に情報操作された結果が今起こっている事である。あるいはこれから起ころうとしていることである。
  人は「憎しみ」「怒り」「焦り」「不安」「喜び」といった様々な感情を持っている。そしてその感情によって人の行動は簡単に変わる。恣意的に情報操作され、見えない恐怖に追い込まれると、人はその「焦り」や「不安」から早く逃れようと、ろくに考えもせずに、「これが解決策だ。これが特効薬だ。これがみんなを幸せにするものだ」という口車に安易に乗ってしまう。デマが横行し、どうでも良いことが針小棒大に喧伝され、一方通行の情報に侵され、遂には自分で考えることを止める。加えて目先の欲得が絡む。
  過去の人間の悲劇の歴史は全て同様なパターンで起こっている。言っておくが、「全て」だ。

  翻って、今の日本人には、確たる哲理に裏付けられた「危機識別能力」あるいは「敵・見方識別能力」が欠如してしまった。いわゆる「鍛えられた勘」が多くの日本人の中から失せようとしている。これは日本民族にとってとてつもなく恐ろしく怖いことなのだ。

(2)この劣化はいつ頃からか。
  顕著になったのは、戦後GHQに徹底して情報統制されて以来、敗戦利得者、日和見者、社会主義者・共産主義者達に、教育の根幹を握られ現在に至っているからだ。これら「検閲」のすさまじさは、日本人がそれを暴こうとすると、江藤淳氏のように徹底して叩かれる。
  日本人の論文記述よりも、外国人の記録がより客観性を持つ(と信じ込まされている)ので、例えばスウェーデン人のモニカ・ブラウさんの「検閲・禁じられた原爆報道」(時事通信社1988年発刊)に付された、一次資料、二次資料の膨大な目録記録などに限定しても、GHQの検閲は「焚書坑儒」さながらであった。
  だがその実態を明らかにすると、当時、火事場泥棒のようにして立場を得た学者、文化人、現在でもその系譜に繋がる弟子達が、自分の立場がまずくなるので、ほとんどがだんまりを決め込んで、今に至っている。
  戦後GHQの意向で、30万人の「公職追放」がおこなわれた。GHQの手先になって、自己の立場を有利にしようとする多くの学者・文化人がいた。これは涙が出るほど情けないことなのだが、これらを平気で行ったDouble Standardの進歩的文化人といわれ弟子達によって、今も言論、マスコミ界が操られている(著しく陳腐化し劣化したが)。それは法曹界にも及び、最高裁の判決も?と思えるものがある。具体的な学閥、人的系譜の詳細(人名)はここでは記述しないが、実体を知ればおぞましい徒弟制度に驚くに違いない。
  (3)反日的日本人とは
  谷沢永一氏の名著「悪魔の思想」~「進歩的文化人」という名の国賊12人~(クレスト社・平成8年刊)の冒頭にこうある。少し長いが引用する。
  「進歩的文化人のほとんどは反日的日本人です。そしてもちろん、彼等は共産主義またはその同調者、あるいは追従者です。では、それぞれの国にいるたくさんの共産主義者は、彼等を国家全体として罵倒し、国民を軽蔑し、歴史を遡って、古来以来、中世以来の祖国の歩みを、暗黒であった、罪悪であった、とひたすらに論じていたでしょうか。
  申すまでもありますまい。答えは全面的に、決定的に、否、です。
  私の知る限り、世界各国の共産党の重だった人びとは、例外なく愛国者です。もちろん彼らも共産主義者である以上、階級闘争の敵である資本家を憎みます。しかし祖国をまるごと憎むなんて、祖国の歴史をまるごと罵るなんて、そんな一国民としてあるまじき論法は用いませんでした。フランスのモーリス・トレーズも、イタリアのトリアッティも、祖国フランスを、祖国イタリアを、本心から愛していたように思われます。
  こうして見わたしてみたところ、世界の共産主義者は階級闘争の敵を憎みますけれど、祖国に対しては愛国者であるのが常例です。祖国への愛が強いからこそ共産主義者になったという例も、けっして珍しくはありません。
  したがって、日本だけが、本当に日本だけが、例外なのです。我が国の共産主義者だけが、祖国を憎み、祖国の歴史を悪しざまに罵り、国民に軽蔑の目を向け、反日的日本人になるのです。これはどうやら日本だけの特殊な現象なんですね。」
  (4)アメリカは二極分化し急激に崩壊していく
  このように谷沢永一氏が、上記の書籍で記述したのは、25年前の平成8年(1996年)であったが、今はどうだろう。
  アメリカを例に取れば、中共資本が時間をかけて、アメリカ分断と混乱を狙い、中央政界、官僚、議会、地方組織から、マスコミ、教育界と豊富な裏資金を投入し、極端な社会主義、共産化思想の浸透に半ば成功した。ここでは詳しく述べないが、一度敗退したマルクス主義・共産主義が見てくれの衣装を替えて復活してしまったのだ。
  アメリカの多くの大学は、授業料の高騰と政治的な「左傾化」によって嫌われ、学生の進学はこの6年で、260万人もの新入生が減少している。
  現在、ハーバード大学の教職員はリベラル一色だといわれる。(余談だが、11月22日のイギリスの大衆紙、ガーディアン(The Guardian)によると、「名門ハーバード大学の白人生徒の43%が“特別枠”で入学していた」という記事があった。私立なので金次第)
  研究費の援助、中国留学生などの増加によって極左思想に落ちた。
  実質的中共プロバガンダである「孔子学院」などを大学機関として認めてしまった多くの大学は、庇を貸して母屋を取られたのだ。
  アメリカが現在陥っている現象の多くは、遙か70年以上前に日本が、GHQ政策によって陥った事と相似している。しかしアメリカが社会的に深刻なのは、その国家成立の根底に、奴隷制度、強烈な人種差別があるからだ。アメリカの抱えた最も構造的な問題は、その労働力が、かつて奴隷制度によって成り立っていたからだ。
  そして25程年前から、中国共産党は中国人民から搾取した「Chinaマネー」をウォール街(アメリカ金融市場)に投資した。それによってウォール街は更にパワーアップされた。そのマネーは、民主党を中心にする急進的左翼、国家を否定するグローバリストに流れ、暴力的なBLM、アンティファ(彼等の方がよりファシストなのだが)などが主たる実行部隊となって、アメリカの都市のいくつかは機能不全になっている。
  これまでは中共とウォール街の関係は、「ウイン・ウインの関係」だった。只、あくまでもこれまではだ。この意味はおわかりだろう。ウォール街としてもこれ以上、ジェノサイド国家を強大にさせておく訳にはいかなくなったからだ。
  またバイデン政権の移民政策の失敗により、7月まで、過去20年間で最も多くの不法移民が国境を越え、その数は21万人に達した。
  バイデン氏は大統領就任初日の1月20日、トランプ前政権の複数の移民政策を撤廃。国境の壁建設を中止した他、国内の不法移民約1100万人に市民権獲得への道を開く法案を発表した。国家として破滅の道を選んだ。アメリカは急激に崩壊していくだろう。
  現在のアメリカ教育そのものが「反米的米国人」育成システムになってしまった。かつてGHQ以降の教育制度を上手く利用し、ソ連共産党「32年テーゼ」に操られて現在に至った日本共産党配下の日教組の思想に染まって、日本人としての尊厳を持てなくなったように、アメリカは、Chinaマネーとグローバリスト達の全体主義思想によって、かつての日本と酷似した道を歩もうとしている。しかしアメリカには未だ対抗勢力としてのマスコミも細々とある。健全なアメリカ国民も存在している。救いである。その主たる理由は、アメリカは世界有数の「宗教国家」であるからだ。
  実は、救われないのは日本、日本国民の現状だ。本来、仏教や神道、日本的儒教によって日本人の精神は整えられてきたが、それらは全て形式的な上っ面だけのものとなり、正しく考える「仕組みや物差し」が歪んでしまった。
  (5)日本の劣化が始まった事をもう少し詳しく見ていこう
  例えば、殆どの日本人は、半藤一利氏の著作「昭和史」(1926年12月25日から1989年1月7日まで・いわゆる昭和時代)に代表されるような切り口で歴史を見ているが、私は違うと思っている。
  歴史小説ならば「物語」として許されるが、「日本史」の登場人物を好き嫌いによって単純な善悪二元論に分類する歴史観は狭量であり、そこからこの先の日本を考える思考は生まれない。
  私は日露戦争(明治37年・1904年2月 から明治38年1905年9月)あたりから、日本人の脇の甘さが始まったように思っている。清末からの中国大陸の混沌とした覇権争いに限定しても、そこにはヨーロッパ、ロシア、アメリカ資本、その背後のユダヤ資本の流入と、漢人のしたたかさ、それ以外の多くの民族間の抗争(壮族、回族、満州族、ウイグル族、チベット族、モンゴル族など)が関わってくる。そこを押さえないと、上記半藤氏の「昭和史」のように、冷静に分析できなくなってしまうのではないか。
  今や、ヒトラー、スターリン以上におぞましい世界制覇を目指す反日国家中共。
  チベット・ウイグル、香港で行われている、暴行、大量拘束、拷問、殺人、臓器移植、奴隷など、人権や民主主義を徹底して破壊している。日本が、その中共の餌食になろうとしている。その危機的状況下で、役に立たない既成概念を捨て、意志決定の仕方そのものを変えなければならないのだ。これは容易なことではない。
  既存の意志決定プロセスの陥穽に填まってしまった「できあがった進歩的日本人」そしてそれらプロパガンダに慣らされてしまった日本人には大変難しい。現在の生活がそのまま孫子の代まで続くと思っている軽薄さ、お花畑思考を捨てなければならないのだ。
  全てを否定して新たな重層的な世界と関わる「日本史」を構築し直さなければならないからだ。事実この私がそうだった。全てを見直し、作家活動を始めるにあたり、あらゆる分野の資料を漁って頭の中を再構築するのに、この10年間激しい苦痛を伴った。
  (6)現実を知らない、鈍感なおバ〇さん
  例えば、満州に関わり、意見通らず排斥された石原莞爾も、ソ連・コミンテルン、ユダヤ資本、アメリカ政府の満州政策、そして孫文や蒋介石達の支那人達の思考回路・行動を完全に読めなかったし、スターリン、トロッキー、アメリカ大統領・ルーズベルトなどとの、重層的関係は当時掴めなかったに違いない。軍部内の人間関係も錯綜していた。情報将校を育てず、日露戦争以降、日本陸軍は、情報無視、情報音痴の軍隊となった。作戦参謀は情報部を「腐れ士官の捨てどころ」と侮蔑した。日露戦争の英雄の一人、児玉源太郎参謀総長が不都合な情報を嫌って、情報将校を排除した。過去の実績に酔ってしまった老害である。人は常に進取の意志を持ち続けなければ、その組織、ひいては国家に害をもたらす。
  毛沢東、蒋介石、汪兆銘、周恩来、張作霖・張学良などの寝返り、したたかさ、残虐さの歴史は、戦後全て封印されてしまった。彼等の行為は中共が喧伝する「南京大虐殺」の比ではない。昭和13年の夏、日本人300人が大虐殺された「通州事件」は日本史の中から完全に抹殺された。事件後数ヶ月後に現地取材に赴いた、作家の吉屋信子氏の「通州取材」は、哀悼と憤怒に満ちた壮絶な取材で、後世の私が読んでも血生臭さに胸を打たれる。
  今なら日露戦争を経て、第一次世界大戦、大東亜戦争、マッカーサー支配下の極東裁判など、戦後76年に至るまでを冷静に俯瞰できる資料が解禁され、体系的に研究される資料は整った。しかしそれを体系的に纏められる研究者がいない。
  このように「満州」に限定しても、錯綜した重層的な「世界」視野で、日本の歴史を、冷静に解き明かす歴史家が、今この時代に必要なのだ。
  鄧小平の死後、江沢民や胡錦濤一派と習近平の権力闘争がいかに熾烈で、彼等は何を考えどう行動するのかを予測でき、我々日本人の目を覚ましてくれる歴史家が必要なのだ。 そういう抹殺されてしまった歴史から、正しく世論を形成し、日本の意識を変えなければ、覇権国家中共とグローバリスト達に食いものにされ、日本は滅亡する。
  そういうと、鼻でせせら笑い、「そんな大袈裟な」と言うだろう。しかしそういう方々は、本当の現実を知らないおバ〇さんだ。
  (7)未だに日本は完全な独立国とはとても言えない
  戦後日本を体たらくにした元凶は、GHQの闇物資で利を得た戦争利得者や、日本軍の隠匿した軍事物資の横流しで儲けた人間や、二枚舌の社会主義者や共産主義者達だが、GHQにすり寄って、戦後官僚を徹底して甘やかした吉田茂の罪もまた大きい。
  今に至るも、日本の外務官僚の上から目線、財務・通産官僚達の思考回路は、吉田の奉天時代の傲岸無礼なエピソードを知れば頷ける。
  奉天総領事になったときのことだ。本国の伝達を無視し、張作霖を卑下した。
  あるとき張作霖が吉田を歓待して豪華な食事に誘った。張作霖は毒が入っていないことを証明するため、小皿に料理を取って自分が箸を付けてから吉田に差し出した。しかし張作霖を下品と小馬鹿にし、一口も口をつけなかった。日本国を代表して食事に招待されている以上、吉田の行為は外交官として許されるものではなく、実に狭量である。一総領事の傲慢な態度は、支那状況を悪化させてしまった。
  馬賊を馬鹿にしたその感情の裏返しが、マッカーサーに対する態度である。息のかかった者達によって美化された物語は、後の日米交渉、記録文書から簡単に粉砕できる。
  時代をしっかり検証すれば、当時の誤謬が明らかになる。しかし、私はそれをもって歴史の人物を糾弾することはしない。寧ろ問題なのは、戦後今に至るまで、何故きちっと原因と分析を検証してこなかったのかというのが問題だ。その検証の中、中共やアメリカの覇権主義に翻弄されない、「大事な大事な思考プロセスの本質」が隠されている。それを探るのが歴史家だ。
  もう一つ、吉田に関わる事を挙げておこう。戦後になってから本格的に政治のキャリアをスタートさせた吉田にとって、昭和天皇の圧倒的な情報量は頼りになるものであった。初代宮内庁長官の田島道治氏が昭和天皇との対話を記録した「拝謁記」がある。立場上昭和天皇は意見が言えないが、吉田氏は昭和天皇に内奏し、内閣人事や朝鮮戦争などについて情報を上げていた。昭和天皇は日本が独立を回復した直後の昭和27年(1952年)5月8日の拝謁では、「私は再軍備によつて旧軍閥式の再抬頭は絶対にいやだが去りとて侵略を受ける脅威がある以上防衛的の新軍備なしといふ訳にはいかぬと思ふ」と語ったと記されている。
  「拝謁記」には昭和天皇がこうした再軍備や憲法改正についての考えを、当時の吉田茂総理大臣に直接伝えようとして、田島長官がいさめる様子が記されている。その時から70年後の今、苦渋の国難を経験された昭和天皇の現実政治への慧眼が際立つ逸話である。
  「世界的な権力抗争」という認識で歴史を探っていくと、列強諸国は、どのような考えを持ち覇権を狙っていたかわかる。
  歴史は表と裏、裏の裏まで、精査することが必要で、例えば、岸伸介が、その政治使命をかけて日米安全保障条約の改定をなしたが、同時にその裏でマッカーサー統治の「日米行政協定」から「日米地位協定」が1960年1月に発行された。「日米地位協定」は、安保改定はあっても、今に至るまで一度も改定はない。この協定は、在日米軍の基地使用、行動範囲、米軍関係者の権利などを保障したもので、沖縄の悲劇はここに在る。米軍への「思いやり予算」は下方硬直的に増加するが、我々国民にはその実態は知らされていない。それがこの協定である。
  冷戦後、敗戦国のドイツ、イタリアは、NATOに参加したため、同様のアメリカとの地位協定は改定されたが、日本はそのまま。「日米地位協定」に関する、日米の関係者のみの秘密会議で決められ運営非公開である。未だに日本は完全な独立国とはとても言えない。
  (8)「知力があっても知性が無い」インテリ
  これまで自民党政権は、国民にきちっと向き合って国家運営をしていたのか甚だ疑問である。その自民党の腐敗に怒った国民は、平成(2009年)8月末の衆院選で民主党が勝利し、政権交代を果たした。ところが、3年余りの政権運営は更に最悪、迷走の連続で、全て官僚に任せっきりのため、財務、通産などの官僚が更なる力を持つことになった。彼等高級官僚やその出身の政治家は、「知力があっても知性が無い」これでは、錯綜した国際社会の舵取りは出来ない。当然、世界情勢に対処できる想像力や知謀もない。
  その後政権が自民党に戻っても、実質賃金が20年間に亘って低下し続けている。日本国民は世界最悪の経済環境となって久しい。真面目に働いても賃金は上がらない。
  安倍晋三政権の経済政策の失敗だ。結局やったことは「実質賃金減」であり「個人消費減」である。税金泥棒の権益を増やすために財政出動して国家財政に穴をあけ、そのつけを国民の預金を奪う金融緩和と消費税増税で補填しただけである。
  平成24年(2012年)衆院選の政権公約にしていた「TPPに反対」を反故にし、政権が発足すると手のひらを返し強力推進した。TPPは「自由貿易」とは名ばかりで、実態は外資に日本経済を売り飛ばし一部の特権階級や富裕層が庶民から搾取するためのものだ。
  日銀の金融緩和は外人(グローバル外資ファンド)に日本人の金を渡しているだけなのだ。
  日本の高級官僚は、意図的に日本を矮小国家にしたいようだ。
  その責任は、全て彼等にある。グローバリズムの弊害を考慮する弾力的な政策出動が出来なかったのだ。
  「サルでも判る愚策」な金融・財政政策は止めて欲しいが、IMF(国際通貨基金)の忠実なる僕(しもべ)である日本の財務・日銀の高等役人達には、闊達な知性に基づいた日本発の、財政金融政策を期待するのは無理のようだ。何とも腹立たしい。
  これらの既得権を70年以上に亘り拡大死守してきた天下り利権構造は、一人や二人ではとても解体する事など出来ない。
  それに財務省・日銀の代々指導者は、これら国際金融資本家達の流れに乗っているだけだ。流れに棹させば、忽ち解体させられ、利権も消滅し、場合によっては命も危ない。
  これまでの日本の政権が長持ちしたのは、ひとえに国際金融資本家達の利益に貢献する政権であったに過ぎない。中曽根政権も、小泉政権も、安倍政権もこの「事実」を知ってしまうと忽ち変節する。マスコミに顔を出す日本の政治経済評論家の誰一人としてここを取り上げなかった。唯一それに近い事を仰った保守の重鎮論客は西尾幹二氏(「保守の真贋」保守の立場から安倍政権を批判する・徳間書店)、渡部昇一氏、そして経済・社会学からは、三橋貴明氏、科学者の苫米地英人氏ぐらいだろう。
  世界をグローバル化(そう言うと言葉は良いが、要は「銭で世界を操ろうとする集団」)しようとする集団の意向を損ねると、企業活動も出来なくなる。
  それを上手く日本に誘導して、美味い汁を吸っている売国奴がいる。日本人の税金をかすめ取っている。これらの輩は、グローバル金融資本家のいわば「パシリ」(使い走り)でしかない。教壇から政府に潜り込み、その後企業の役員となって利益誘導しているが、恥ずべき事だと自覚しないのだろうか。いずれにしても「パシリ」の役を果たすと、切り捨てられる運命である。尤も、管前首相も、岸田現首相もこれら「パシリ」に忖度しているが、何と無定見で未熟なことか。
  ちなみに、アメリカの実質権力を持つのは大統領とそのスタッフではない。グローバル金融資本家達と深く繋がっているデープスティトといわれる高級官僚達である。民主党のオバマ大統領が、就任最初に手を付けたのは、自分の息のかかった高級官僚を大量スカウトし、雇用した。オバマやヒラリー・クリントンやバイデン大統領の都合の悪い情報はここで堰き止められている。それは今でも続いている。
  オバマ民主党政策を変えようとしたトランプ大統領に徹底して抵抗したのは、この勢力である。日本の官僚達が対アメリカ政策で、第一に目を配るのは、これら実権を持つデープスティトと言われる集団である。当初から彼等の顔色を窺う日本の高級官僚は、日本国民の公僕として忠誠を誓うスタンスは端からない。亡国の基本パターンである。
  これについては、執筆中のDouble Standard(日本崩壊)で、このような枝葉の話ではなく、幹の「私的政治・経済理論」で論述する。「新自由主義経済」などの言葉も、曖昧な定義のまま使っている日本の学者先生方に一矢報いないと、私の赤心が国民に伝わらない。
  腹立たしさのもう一つは日本人の存続に関わる防衛・国防問題である。それも喫緊な要件である。日本の難しさは、先の金融グローバリストと、中共の脅威の両方に向き合わなければならないのだ。実に難しい。これをコントロールする日本人はいないだろう。現在執筆中の幕末歴史小説「初音の裏殿」は、幕末の日本の激動期を舞台に、天才主人公宇良守金吾に、欧米・支那思想の更に上を行く戦略思想を持たせ、我が思いを仮託させ大活躍させている。「究極の幕末歴史小説」だと自負する思想背景はそういうことだ。
  (9)狂気の中共パワー
  隣国の反日国家中共が遂に、牙をむき始めた。新疆ウイグル地区の実態を見よ。中国の正式な国家統計である「中国統計年鑑」において、新疆ウイグル自治区における少数民族人口が、この2年間で164万人も激減した。その状況は現在、世界中の人々がHPから閲覧できる。ナチスのユダヤ人虐殺以上におぞましい。しかし「そんなこと、中共がするはずないだろう」と、脳天気な日本人が殆どだ。
  中共は2010年に国防動員法、2015年には国家安全法が施行され、2017年には国家情報法およびサイバー・セキュリティー法、そして2021年には、改正国防法と海警法が施行された。ヒトラーがやろうとした何十倍も危ないことを本気でやっている。
  11月に、岸田文雄総理、林芳正外務大臣、茂木敏充が自民党幹事長に就任したが、この方々の対中弱腰政策では日本国を加速度的に弱体化させてしまう。米中二股外交と、重層的対応とは全く別物だ。残念ながら彼等をコントロールする官僚も含めてその能力はない。
  尤も、媚中、媚韓の河野太郎や二階俊博をはじめ自民党の二世、三世議員、中共のマネートラップ、ハニートラップに陥った、おそらく8割以上が、親中・親韓(媚中・媚韓)議員だ。公明党(創価学会)、日本維新、立憲民主の面々は言うに及ばず。
  本気で中共は日本を狙っているのだ。今後も協調して協力関係を維持したいなどと言う、目先利益の腰砕け外交では、この先永劫に完全にイニシアティブを失ってしまう。今が、タイムリミットなのだ。議員先生方の脳味噌の中を覗いてみたい!!
  大企業をはじめとする財界も然りである。中国・香港とやり取りした私の乏しい経験から言っても40年前の中国と、この10年来の中国の動きとは全く違うと肌で感ずる。
  10年もタームがあれば企業経営者として、リスクヘッジに自由分な時間であった。中国に代わるサプライチェーンの構築など、次善策はいくらでも構築できたはずだ。
  「危機識別能力」あるいは「敵・見方識別能力」の欠如だ。
  当時の天安門事件の香港の様子を知りたければ、拙著「永別了香港」(AmazonKindle・全五巻)を読むべし。
  (10)中半端な認識と、媚中・媚韓が亡国へ
  保阪正康氏の本は何冊も読ませて頂いたが、その氏が読書人の雑誌「本」2015年8月号(私が読んだのはブログ版)に投稿された実に残念な記事を発見した。部分を紹介する。
  「私は今回、『安倍首相の「歴史観」を問う』という本を書きました。自分としては異例のアクティブな内容で、時代状況論や政権批判にかなり踏み込みました。いままでは本書で明らかにしたような物言いを避けてきたところがあります。(中略)
  この本は私にとって、現代史研究者のやむにやまれぬ発言なんです。日本は戦後70年、戦争とは縁を切ってきた。そうして築き上げてきた戦後民主主義という建物を、いま安倍首相は次々と壊している。それに対して、私はいったい何のためにいままで昭和史を研究してきたのか、と自らを問い直さざるを得なくなった。根本にあるのはその思いです。
  私は先人の経験を引き継ぎ、教訓を学び、それを未来に手渡すために昭和史に取り組んできたのであって、好事家として歴史を研究してきたわけではない。戦後民主主義の価値が崩れ落ちるのを黙って見すごしていたのでは、歴史を学んできた自分の拠り所さえも破壊されてしまう。その思いを汲み取りながら本書を読んでもらえたら、と切に思います。
  本来「戦後レジームからの脱却」は、安倍首相のように大日本帝国への回帰ではなく、非軍事憲法を真の平和憲法にする努力でもあり得たはずです。しかし左翼自体が保守化してしまったため、戦争と平和をめぐって何を変革すべきかという重要な論点が見えなくなってしまったと思います」
  残念ながら、保坂氏の「歴史観」では、台湾、沖縄、そして日本本土も易々と、中共に蹂躙されてしまう。かつて、ナチス・ドイツに対して、イギリス首相チェンバレンの宥和政策(実は何もしない軟弱外交)により、ヒトラーによってスデーデンランドを易々と割譲されてしまったように、日本は完全に日本でなくなってしまう。
  「平和憲法」も「民主主義」も、吹き荒れるグレートリセットに名を借りた、世界の全体主義化、中共の謀略、ロシアの狡猾外交、反日国北朝鮮・韓国の動静、アメリカの独善主義という複層する日本が置かれた環境を理解していない。執筆から6年経った今、保坂氏の視点で歴史を見つづけていたら、30年後に日本は消滅しているだろう。
  戦後76年、日本の多くのマスコミの中に浸透してしまった媚中・媚韓の反日思想を持つ人間が今や幹部として番組や記事を検閲している。創価学会・公明党に代表される親中組織も、与党として国力を削ぐようなことばかりしている。
  創価学会が中共での布教を夢見て、対中共すり寄りをし続ければ、日本中の土地が買い漁られる。考えても見よ、中共が、創価学会の布教を許すはずが無いではないか。法輪功の信者の大弾圧を知らないのか。
  日蓮聖人が嘆いておられる。立正安国論の「他国侵逼難」の本質をどうねじ曲げ、「法華経」をどう解釈したらそうなるのだ。法華経やその信奉僧、日蓮聖人を冒涜している。
  創価大学の創立以来、今や創価大学は、日本における中国のスパイ養成所となっている。このような創価学会と公明党には日本の政治を1ミリたりとも任せるわけにはいかない。
  選挙でまともな国会議員に投票しようとしても、最悪な小選挙区制度で、二世、三世のろくでもない議員達が世襲し、活躍して貰いたいという候補者がいない。自民党公認・公明推薦では、もともと公約が違うのだから「投票」のしようがない。これは憲法違反ではないのか。憲法改正以前の問題だ。
  全立候補議員の媚中・媚韓度を、客観的に計測する様なシステムは出来ないものか。
  (11)世界の支配構造
  今、日本中のマスメディア情報は、勝手な基準でふるいにかけられ、恣意的に黙視されたり、時には真逆の改竄、数値変更などお手のものだ。視聴料や購読料をわざわざ支払って、歪曲情報を掴まされていることに、もっと危機感を持たなければならない。そうでないと頭書に記載した愚民に陥ったまま、そこから抜け出せなくなってしまう。
  憲法改正以前に、現在の「新聞法」「放送法」を改正するのが先で、日本の国力維持のために遙かに役立つ。今まで甘い汁を吸ってきた彼等にとって、この改正は既得権益の利権の橋頭堡だから、「報道の自由」と称して掲げて徹底抗戦するだろうが、これらメディアを優遇する法律が我々国民の「自由な知る権利」を奪っていると気づくべきなのだ。
  ところで、テレビ・新聞などに日々掲載される情報はどのようにして入ってくるのか。
  世界通信社World News Agencyとよばれているものに、「ロイター(イギリス)」、「AFP」(フランス)、「UPI」「AP」(アメリカ)の4大通信社とロシアの「イタル・タス」、それに中国の「新華社」がある。
  全世界のニュースを収集して、数多くの言語で世界各国に配布するシステムである。
  その西側の4大通信社はすべてユダヤ系の経営であり、コンピュータによる市場運営を牛耳っている「ロイター」の経営陣はロスチャイルド一族だ。そして、「AP」はロイターがアメリカでおこした通信社である。
  これらの通信社や中国の「新華社」を含めて、共同通信社や時事通信社はその情報を買って、日本の各マスコミに配信している。それら日本の2つの通信社が電通の大株主であり、その電通を通して日本のメディア支配もある。
  ロスチャイルド一族が共同経営するメディアは、テレビではBBC、CBS、NBCなど、新聞では「ファイナンシャル・タイムス」「ニューヨーク・タイムス」「ワシントン・ポスト」など、雑誌では「ニューズウイーク」「エコノミスト」などなど、数え上げればきりがない。
  食糧、エネルギー、金融、そして、メディアを支配しているユダヤ資本は、マスコミ操作、大統領選挙をも意のままに出来るという構造になっている。
  それらの世界の支配構造が、一定の良識・調和のもとに動いている内は気がつかないが、パンデミック化によって「全体主義的」な計略が忽ちあぶり出された。
  我々は、それに対抗するために、全体を俯瞰する独自の情報収集力と分析力としたたかなパワーを持たないと簡単に分断されてしまう。何しろ「欲望の資本主義」のパワーは絶大だ。全世界で真の民主主義、真のナショナリスト、反グローバル化のために、冷静な全世界的世論を形成し、戦いをしなければならない。
  (12)新たな全体主義
  グローバリスト達の支配構造に大きな変化が起きている。「欲望の強すぎる」ビックテックの新興成金や、番頭達が勝手をやり出した。そして長く牙を研ぎ、時期を待っていた中共も俄に牙を剥き始めた。
  彼等は道徳なき独裁を目指している。このまま進むと、人間の一人一人の生態情報にまで入り込み、完全にコントロールされた「奴隷的自由」しか享受する事が出来なくなる。
  もはやその時には、国家という概念も、民主主義、全体主義などどいう従来概念でなく、全人類の命まで管理される全体主義へと変貌してしまう。何を馬鹿な絵空事をというかも知れないがこのままではこうなる。
  グローバリスト達に煽られて「グレートリセット」「脱炭素」などと浮き足立っているが、冷静に考えてみて欲しい。遺伝子ワクチン接種失敗のツケをどうするか、欲得にまみれた過激な地球温暖化対策、脱炭素なども実現不能と早晩明らかになる。その失敗が明らかになる前に、徹底的に隠蔽に走るはずだ。邪悪な手の平返しという奴だ。過去の人間の負の歴史を顧みると必ずそうなっている。国家規模の隠蔽は、地球規模、人類規模の隠蔽となって、その先は考えたくもない闇となる。
  世界経済フォーラム(毎年一回)開催する、その創設者・会長 クラウス・シュワブ教授(ヘンリー・キッシンジャーの教え子)はこんなことを言っている。
  「バンデミックは、私たちの世界を振りかえり、再構築、リセットするための、稀にしかない機会である」「私たちは決して、昔の普通の状態には戻れない」
  とんでもない独善だ。現在行われている、強制的ワクチン接種、デジタルIDカード化、など、世界のごく一部の狂ったエリートたちが計画的に実施しているとしたら……。
  これら数%の狂ったエリート達に、その他90数バーセントの地球人類は、私有財産も剥奪され、檻の中に閉じ込められ、更には、生命の預託まで管理されてしまう。自由で創造的な思考が出来なくなるのだ。彼等の主張する「グレートリセット」の最終目標は、なんと私有財産の全面廃止だ。ダボス会議は、「何も所有していなくても幸せ」な世界の構築を、2030年までに目指すと、公式に掲げている。いい加減にしろよ。
  (13)「墨子(ぼくし)」に見習え
  「欲望の資本主義」をコントロールしてきた方々よ。あなた方のその力はこの先も必要だが、それは従来の閉鎖型の独善性を放棄し、透明性を持ち、世界中が情報共有できるような新しい「グローバル連帯」という、集団的リーダーシップの場が必要なのだ。
  まさに世界フォーラム、ダボス会議などはその真逆を行く行為だ。グレートリセットしなければならないのは寧ろあなた方の思い上がった思考なのだ。
  しかし、新しい善のビジョンを構築するにも、グローバル金融資本家達の力は侮れない。 彼等にとって自己撞着的行動だが、人類破滅とは真逆な「アナログ革命の創出者」に生まれ変わって貰いたい。それこそが「愚」に落ちてしまったこの状況から脱出する唯一の解決策で、それがあなた方の贖罪を償う道筋だ。そのような人材が独りでもいて欲しい。
  もはや完全に中共に汚染されてしまった国連や、「世界の軍隊」を標榜していたアメリカのパワーもうせた。世界中に「人民元」という空手形を振りまき新興国を経済的に隷属化したインモラルな中共は人類を滅亡に導くだろう。
  これらを修正し、地球人類を救うためには、冷静に事物を洞察でき、しかも現実的な権力と資金力を持った哲学者が必要だ。善の哲理とパワーを持った無私な人物が現れて欲しい。グローバル資本家の中に、欲得を離れた、地球の将来を踏まえた、真の英明者、賢者が欲しい。
  さて、話は日本に戻る。脳天気の媚中議員や知事、はたまた手っ取り早く資金にしたいという愚民達の軽率によって、北海道、京都、大阪、静岡、東京、千葉など中国資本によって、土地が買い漁られているが、その土地が、中共の日本侵略の基地となってしまう。中共の凶暴性、飽くなき覇権主義を考えれば、今すぐ、サプライチェーンを分断しない限り、日本が日本でなくなる。目先の経済利益の喪失に目が眩んで躊躇しているときではないのだ。まさに「危機識別能力」の欠如だ。ユニクロさん、無印良品さん中国企業になった方が良いようだ。
  今やグローバル金融資本家達は、厄介者となった中共の扱いをどうしようと考えあぐねているはずだ。中共マネーによって形骸化した国連をどう上手に排斥したらいいかと考えているはずだ。熾烈な綱引きが水面下で行われている。結果的には、現在のような中共の強引な政策は敗れるだろう。しかし、その破れかぶれになった時の中共が一番危ない。
  日本は何としても耐えなければならない。それも今すぐにだ。
  それこそ中国の戦国時代に出現した、諸子百家「墨子(ぼくし)」に見習え。平和主義・博愛主義でありながら、非戦のための築城術・迎敵の法など当時として最強の軍事兵器「雲(うん)梯(てい)」「衝車(しょうしゃ)」などを作り上げた。墨家は頼まれれば、どんな都邑の城郭の防御のためにも傭兵的集団として出向き、その戦術は微に入り細に及び、敵の攻撃を想定し、それらの多様な作戦に対応できるだけの軍事訓練と軍事機器の開発を怠らなかった。今の日本、日本存続に求められるのはこの思想と実践である。
  日本国民の酷税や安全を泥棒猫のように掠め取る役に立たない「パシリ」を徹底排除し、直接グローバル金融資本とのホットラインも必要だ。不戦のための軍事費も必要だ。墨家軍団のような戦略戦術に長けた天才的人材が、日本にもいればいいのだが……。
  捲土重来を目指しながら、100年レンジで今から具体的青図を描かなければならない。返す返すもあまりに脳天気で、これまで世界の重層構造を理解しなかった私を含めて、慚愧に堪えない。我が子孫に恥ずかしい思いでこの文章を書いている。
  現在第一巻を上梓した、読み切り幕末時代小説「初音の裏殿」シリーズはまさにこのような思想背景で描かれている。是非お読み頂きたい。楽しいスリルと娯楽に満ちた幕末歴史小説だが、従来の幕末歴史小説ではない。この物語は最初から「世界認識」「重層的経済活動」「情報戦略」という大きな柱を埋め込んで執筆している。
  (14)絶望の淵から愛と希望を!!
  最後に、万葉歌でVOL96を閉じたい。通常の現代訳のあと、私の独自の解釈で我が意を伝えたい。
  天平五年(733年)癸(き)酉(ゆう)、遣唐使の船の難波を発ちて海に入る時、親母の子に贈る歌
  旅人の宿りせむ野に、霜降らば、我が子、羽ぐくめ天の鶴群(たづむら)
  意味: 旅をする人が野宿する野に霜がおりたら、私の息子をその羽で守ってあげて、空を飛ぶ鶴たちよ。
  遣唐使の一員に選ばれた若者の母が、難波の港を出航しようとするその時にこの歌を詠んで子に贈った。母はただ我が子の無事を祈るのが精一杯であった。
  遣唐使となる事は国のエリートとして名誉なことだが、同時に大変な危険を伴う。無事に唐へ到着し、その地で勉学しても、運にも恵まれないと故郷の土を踏めない。
  一方の若い遣唐使は自己の野心を膨らませて唐に向かう。当時日本人にとって唐は、世界の中心、世界そのものであった。
  しかし、その理想とする世界は、実はそんなに甘くない世界であった。だが、殆どの日本人は「唐=世界」の表層しか見て帰ってこなかった。中国社会の覇権主義、権威主義、宦官や19世紀にクーリーといわれた中国人の奴隷制度の裏を見る事が出来なかった。
  だがその「世界」の成り立ちを、しっかりと見た人物がいる。弘法大師空海である。
  空海は、遣唐僧として、貞元20年(804年)8月10日、福州長渓県赤岸鎮に漂着したあと、たった2年の在唐期間で、唐=世界を支配する権力構造の闇まで見通した。
  都長安は世界各地から商人や使節が集まり、国際的な繁栄がもたらされ、長城内には中国固有の道教寺院(道観)だけでなく、外来の仏教寺院、ゾロアスター教(祆教)、マニ教(摩尼教)、イスラーム教(回教、清真教)、ネストリウス派キリスト教(景教)の施設が建てられ、世界の文化が集まって繁栄していた。空海はその繁栄のカラクリの裏と闇を熟知し、これらを超える世界を包含する日本発の真言密教の世界を作り上げた。
  闇と光を際立たせ、そこから仏教を大きく飛翔させ、希望の祈りを構築した。天才の天才たる所以である。
  さて、上述の歌が詠まれたのは、天平5年(733年)の第十次遣唐使と判っている。この時の遣唐使船は、第3船が難破してベトナムに漂着し4年後に日本に帰り着く。第4船は難破して行方不明となった。この歌の「我が子」が、どの船に乗船したか、藻屑となってしまったか、しっかり勉学して帰国したかは判らない。だが私は、この青年は20年後に無事帰国し、母と面会し日本のために活躍したであろうと堅く信じている。
  深い母の愛情に包まれた人間はきっと、我が日本国のために命をかけて戦ってくれたと思っている。
  日本中の皆様の頭中の闇を払い、その未来に光あれ!!
                   令和3年12月7日(大雪)
春吉省吾
(文中の人物は敬称略です。ご了承ください)

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。

https://nork01.myshopify.com  〈◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

 

痛快幕末時代小説「怪物生成」をぜひ読んで欲しい+「破天荒解」

●10月7日・新宿熊野神社。参拝客私一人。ジョギング・ウォーキング
●10月10日・下北沢・日曜日。人出は戻った。ジョギング・ウォーキング
●10月19日・都庁で免許更新。こんなところにこんな空間がある。

江戸天保時代の後半から、幕末の激動期を春吉省吾の歴史観に基づいて執筆しているのが「初音の裏殿・第一巻~怪物生成~」です。第一巻の「怪物生成」の裏表紙に「醜悪な社会を正す 天才金吾の活躍が始まる」のコピーの通り、主人公宇良守金吾が大活躍をします。
第二巻の「破天荒解」の執筆は、400字詰めの原稿用紙にすると280頁程書き進めました。残り300頁として、およそ半分です。第二巻も、金吾の知略と実行力のもと、宇良守軍団が大活躍します。
戦後の日本の政治家や経済人がせめて金吾の十分の一程の矜持と実行力を持っていたら、現在のように国家戦略も不定見のまま、窮地に立たされることはなかったでしょう。
愚痴は止しましょう。第一巻は、未だ18歳の若き金吾が、領民とその親しい組織のために知力と実行力を駆使しましたが、第二巻でもその活動に一層磨きがかかります。しかし同時に厳しく辛い試練も経験します。
第二巻でも金吾と絡む歴史上の人物は、新しく発掘した資料も援用し、より深く調べあげたので、物語に深みが加わっています。従来発見されなかった、あるいは繋がりがなかったと思われていたエピソードの集積作業とその取捨選択に多くの時間を費やしましたが、その成果はありました。

 

幕末歴史小説は先輩諸氏の手によって様々な切り口で書かれています。私、春吉省吾は戦後から今日に至るまで先輩達が書いた幕末明治初期の歴史時代の歴史認識を尊重しながら、私なりの歴史認識に基づいて執筆しています。戦後76年、日本が辿ってきた時間的歴史的経過を踏まえ、新たな視点で見ていくと、僭越ながら従前の幕末歴史時代小説は、どうにも狭量な感じがしています。私の執筆動機の一つです。
私は還暦から物書きを始めた遅まきの作家ですが、従来の日本の作家先生方の多くは、六十の半ばを過ぎると、想像力とみずみずしさを途端に失い、中途半端な駄文が多く見受けられます。ましてや、長編、超長編などをその年から書き始めるような「無謀」な所業をする先生方はあまり見受けらません。高齢になられて、筋立ての入り組んだ小説をお書きになっても無残に「あれっ」……という作品を何作も目にします。
私の場合、これまで実業に関わっていたので、作家スタートが遅れました。コンサルタントとしてデザイン・イベンターとして、裏方で、地ベタを這って活動してきた分、その様々な体験が、この年になってようやく見えてきたようです。若くして作家デビューされた方や、新聞記者や、出版編集者から小説家に、評論家になった方とは大分違うわけです。まあ、私の場合は本気になって勉強を始めたのは30歳の中ば過ぎてからでしたからね。

 

この7月に上梓した「初音の裏殿」シリーズ第一巻には、天保15年(1844年)の琉球(沖縄)の状況が描かれています。ペリーが浦賀に来航するのは、嘉永6年(1853年)の6月3日ですから9年前です。
主人公の宇良守金吾は、天保15年3月にフランス艦隊が来琉した、琉球王府の混乱の直後に、渡琉しました。残念ながら艦隊とは直接遭遇できませんでしたが、艦隊が滞留させたフランス宣教師にも面会しました。日本本土で一番最初に、オランダ人以外の異人と海外の状況について話した人物として描きました。
皇室の血をひき、古典の造詣も深い金吾ですが、同時に、アメリカ・イギリス列強の思考方法に強くひかれ、この後も実際に確かめる機会を窺います。帝の血をひき、日本叙情豊かな心根と造詣を持つ金吾ですが、一方で列強の思考にも強烈な興味を示すそのアンバランスの不思議な均衡は、形而上的な思考に固執する尊皇攘夷とは全く異質な孤高の存在です。
第一巻をうけて、第二巻の「破天荒解」は、ペリー来航の前までを描きます。

 

さてもう一つ、この「初音の裏殿」のシリーズの骨子となる宇良守藩旗本6千石は特殊な環境に生成された藩です。幕府は事あらば廃藩に追い込みたいのですが、将軍家斉が、金吾の祖父に与えた「永世安堵状」と光格天皇の「御宸翰」の二つによって、辛うじてその立場が保持されています。
弱小藩ゆえ、様々な交渉術、そして経済力が必須なのです。交渉術とは「外交」です。
プロイセン王国の軍人・軍事学者であるクラウセヴィッツは、「戦争は外交の延長である」と喝破しました。まさに宇良守藩は、幕府幕閣・奉行、有力大名、大商人達と対話、宥和、時に相手を策に陥れるという、捨て身の「外交」を展開しています。
祖父愼吾、父省吾、主人公金吾のその巧みな外交術は連綿と承継されています。
まさに外交は、戦争の延長です。外交交渉は武器を持たない「常在戦場」であり、弱小の宇良守藩にとって、常に外交優位に立つためには、情報収集の確度の高さと広さ、強固なネットワーク作りが必要です。それを元に、金吾の天才は生かされます。「攘夷、攘夷」と騒ぐ輩達も、できるだけ敵に回さず、味方にもならず、あらゆる手を使い攻略し、防御するのです。
今置かれている日本の危うい立ち位置は、こういう最も大切な事を戦後76年置き去りにしてきたツケそのものなのです。宇良守藩の金吾の天才に及ばずとも、せめてその百分の一程をこの小説からに学んで、この危機を回避してほしいものです。現状を危機と思わない情報無知の方には、私の過去のブログを精読ください。
マーク・トウェインはかつて「歴史は繰り返さないが、韻をよく踏む」と述べました。歴史は不可逆的であり、同一の事象は二度と起こりませんが、経済バブルとその崩壊のように、表面上の形は違っても、パターンとしてはよく似た事象起こります。まるで韻を踏むようにしてくりかえし起こるのです。
例えば、第一次世界大戦が始まるまでの 50 年間には、汽船や機関車、電気や通信といった技術の目覚ましい発展がありました。多くの人がこの期間を「第一次グローバル化」の時代と呼んでいます。この時代1910 年のイギリスでは、最も豊かな 1%の人々が国内にある富の 70%近くを手にしていたのです。技術革新がもたらす利益の不平等性、また、貧困の格差と格差の深刻化が反動的な動きに拍車をかけていました。これは悲劇的な結末をもたらしました。近代技術が大虐殺と破壊のために徹底的に活用されたのが第一次世界大戦です。
そして今、 アメリカでは、上位1%が持つ資産が下位90%が持つ全資産よりも多いという経済的格差が目立っています。
グローバル化が進み、その悪しき現象がコロナ騒動によってさらに顕在化しています。
金融資本家と、IT情報のプラットホームを牛耳った金融成金は、国家を飛び越えて、地球規模で世界の情報をコントロールし始めています。加えて厄介なことに、反社の統治者である中共幹部達は、世界の工場として中国人民を搾取して稼いだ資金を、ウォール街に流入させました。時を待ち力を付けた中共は、身勝手な中華思想を浸透させるべく、その資金と人材をアメリカのオールドメディア、政治家、大学、研究室に送り込み、それが見事に功を奏し、アメリカは今内部分裂に喘いでいます。アメリカの二極分化は更に進み、その国力は確実に衰退していくでしょう。
その中国にODA(政府開発援助)を流入し続け、挙げ句の果てに虎の子の技術を盗まれた日本は更に悲惨な状況にあります。戦後、GHQ(アメリカの先鋭的な占領下指導)に二度と日本人が牙をむかないように、自虐史観に貶められ、全くの無抵抗で日本人はあっという間に洗脳されました。先導したのは、戦後の進歩的文化人と言われた者達です。抗日を国是にしている、ロシア、中共、朝鮮半島の国々を持ち上げ、便宜を図り、その結果は、無残にもマネー・トラップ、ハニー・トラップでがんじがらめにされてしまいました。その旗振りは、日本のNHKを始めテレビ新聞のオールドメディアです。何とも情けない。そのボディブローがじわじわと効いて今に至っています。急所を握られ、忖度せざるを得ないのです。彼等臑に傷あるメディアが、国民の許にまともな情報を届けることは絶対にないし、彼等にとって都合の悪い情報は完全無視という陰湿な手を使います。
このような状況を放置し認めてきた日本国家とは、政府とは、何だろうと問い返さなければなりません。国民の暮らしと安全を、全く顧みない「日本」の国体とは一体何なのかと考え、行動すべきなのです。
私なりのささやかな行動は、中国・韓国製品関連は、買わない利用しない(LINEも含めて)と無言の不買運動をしています。素材として使っている日本企業の製品も買いません。しかし、部品の全ては購買者には調べようがありませんので、限界はあります。またビックテックの情報システムを利用しないと、私の今の生活が成り立たないのです。情報ライフラインが、彼等に握られています。それも利用しないとなると……皆さんも想像してみてください。これは一人の行動ではとても是正など出来ませんし、その横暴を制御するシステムすらないのです。国際連合(United Nations)本体は勿論、専門機関や関連機関の、国際通貨基金(IMF)、世界保健機関(WHO)、世界気象機関(WMO)、世界貿易機関(WTO)などは、残念ながら御承知の通り、形骸化し、的外れの提言が多いのです。どうかしちゃっています。
遅まきながら、アメリカの「功利主義」「リベラリズム」「リバタリアニズム」「コミュニタリアニズム」などの政治的変遷をひとわたり囓ってみましたが、もはやアメリカはそれらの政治的思想からも逸脱していると思います。「フランクフルト学派」批判理論では新しい智の世界は開けそうにありません。そして改めてハイエクは凄いなと思っています。代表作は「隷属への道」ですが、難しければ、渡部昇一先生の「自由をいかに守るか・ハイエクを読み直す」というPHP文庫が最もわかりやすいです。
我が著、「怪物生成」と一緒にこの本を是非読んで頂きたい。ハイエクのここでの主張を一言で言うと、「左の社会主義(共産主義)も、右の社会主義(ファシズム)も本質的に同じ全体主義で、結局は個人尊重主義を潰し、人間の自由と尊厳も喪失させる」というものです。現在、国際金融資本やビックデックが主導して、グレートリセットと称して、脱炭素社会、SDGs(持続可能な開発目標社会を目指す)などの運動も、特定の組織と限られた者達の巨大な利権に繋がる全体主義的な臭さを感じます。強制接種圧力も、地球で暮らす人間の尊厳を守るといいながら、それはハイエクの思想で言うならば、「組織化された指令がふえれば増えるほど、各自の持っていた多様な目的は画一化の道を辿るのを避けられなくなってしまう」破滅の道です。よかれと始まっても、一部の人間がそれを利用しねじ曲げ、世界全体をファシズム化してしまうこともあるのです。私の思考が杞憂でなければいいのですが……。
「我欲まみれの人間の作った小賢しいルールが、未だかつて人間を幸福にした歴史は一度も無い」(春吉省吾の言葉)
「初音の裏殿」を執筆しながら、悔しさと、情けなさで時に目の前が霞むことがあります。
「金吾よ頑張れ」ともう一人の私に励まされながら執筆しています。「第一巻~怪物生成」を未読の方は是非ご一読をお願いいたします。面白いです!!
                         令和3年10月24日
                            ⓒ春吉省吾
春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。

https://nork01.myshopify.com  〈◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

「秋の遠音」吉村春明と屋山外記におもう VOL.94

●サルスベリ。「百日紅」とは不思議な名前だ。「百日後には必ず戻る」と言い残して、王子は旅立った。しかし戻ってみると娘は亡くなっていて、娘のお墓がある場所から、1本の木が生え、花を咲かせた。その花は、愛しき人を今か今かと待つかのように、百日間、咲き続けたといいます。
●思いがけない、光スペクトラム。虹のよう。
●10月2日、台風一過、秋晴れ。都庁を望む。

「浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して」とは、豊臣秀吉の水攻めの際に、備中高松城主清水宗治(しみずむねはる)が詠んだ辞世である。主将一人切腹することで、家臣達の命を守った。私は今、現世からあの世に旅立っていくが、せめて我が思いを高松城の石垣の苔に残したいという敗戦の将の心境である。また、時代は下って、1945年終戦とともに東久邇内閣の外相となり、同年9月2日アメリカ軍艦「ミズーリ」号上で日本側首席全権として降伏文書に調印した重光葵(しげみつまもる)は「願くは 御國の末の 栄え行き 我が名さけすむ 人の多きを 」と詠んだ。いつの日か、日本人の手によって、日本が元通り主権国家となり、そして栄えるために捨て石が必要ならば、自分がその捨て石になろう。多くの日本人よ、屈辱的な歴史的役割を果たしている私を蔑み、越えてくれと、重光は降伏文書にサインした。この後、多くの気概ある日本人で満たされることを願って彼は調印式に臨んだのだ。

しかし日本が合衆国に負けるやいなや、始めから戦争反対だったかのように振舞い、GHQに媚びた人々が多くいたし、日本を売り自らを貶める多くの似非知識人は今も増殖中だ。重光の屈辱感は、前後76年たった今、薄れてしまった。吉田茂以来、日本はアメリカに甘え、ひたすら物質的成長を志向し、矜持を忘れた。未だに日本は「独立」さえしていないのではと忸怩たる思いに駆られる私自身である。気づいてみれはこの30年、(財務・通産・財界がその元凶だが)、日本人の実質所得は低下し、大して努力もせずに、日本人の働いた果実を吸ったアメリカの平均所得は(ここでは貧富の格差は触れない・あくまで平均)3倍、ヨーロッパ諸国は2倍、中国は5倍になった。標榜していた、日本国民の「物質的幸福のみの追求」にも失敗したのだ。

重光については、ここでは多くを述べないが、実に波乱に満ちた気骨のある外務官僚である。

1932年中国公使として上海事変の外交処理にあたったが、上海の天長節祝賀会場で朝鮮人尹奉吉に爆弾を投げられ重傷を負い、片脚を根本から切断した。以後、10キロ以上の義足を付けて活動した。 重光は戦中の様々な外交の場面に登場する。ミズーリ号の調印のあと、1946年A級戦犯容疑で拘束され、50年仮釈放になり、52年公職追放解除ののち改進党総裁に就任したが、翌年の総選挙で改進党がふるわず、吉田茂と首班を争い敗れた。

さて、「冬」「春」「夏」と四季四部作・長編歴史時代小説の最後の季節を飾った「秋」。
その「秋の遠音」は幕末から明治初期の激動期を通して、主人公吉村土肥助(春明)を軸にした、壮大な物語である。(吉村春明は歴史上の名の知れた人物ではないが実在した「希有」な人物です)
その主人公と幼なじみの若き国家老屋山外記(ややまげき)は、下手渡振興のために腐心する。吉村春明と組んで、井筒屋の番頭、後の古河財閥を興す古河市兵衛の尽力もあり、蚕種経営で下手渡の生活は向上した。三代藩主立花種恭(たちばなたねゆき)は三池の炭坑振興、国元の蚕種の興産が成功したことで、幕閣の中枢、老中格にまで上り詰める事が出来た。しかし慶応4年(1868年)1月9日、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍が敗れると、京都守護職・会津藩主松平容保(まつだいらかたもり)は隠居を表明し、朝廷に対する謝罪状を提出して会津に戻った。
当初奥羽諸藩は新政府が仙台藩に派遣した奥羽鎮撫総督に従っていたが、奥羽諸藩は会津藩・庄内藩の「朝敵」赦免嘆願を行い、その目的を達成するための同志的結合が形成されていた。しかし、この赦免嘆願が拒絶された後は、列藩同盟は新政府軍に対抗する諸藩の軍事同盟へと変貌した。
西国では既に、薩長を核として政府軍が東征に及ぶなか、三池5千石、下手渡5千石と370里隔てた下手渡藩は、兄弟藩の柳川藩藩主立花鑑寛(たちばなあきとも)の支援もあって、種恭は新政府に恭順するため分領地三池に戻るが、残された奥羽下手渡本藩はそうはいかない。仙台藩を中心に周囲の米沢、二本松などの大藩が新政府に対抗したか、下手渡藩は周囲の状況から旗幟鮮明にする事は出来なかった。そんなことをすればちっぽけな陣屋など忽ち、焼き討ちされてしまう。
かくして、家老屋山外記の独断で、戊辰戦争中の慶応4年/明治元年(1868年)閏4月23日に白石に赴き、奥羽越列藩同盟に加盟した。
仙台藩は、下手渡藩の動向をいぶかり、藩兵に警戒させていた。藩主種恭とも全く連絡がつかない。種恭に随従していた春明は、下手渡の状況を探り出すべく、下手渡への派遣を願い出るが許可は下りない。家老の外記は古河市兵衛の力も借り、下手渡の住民を仙台藩の警備の隙を窺い、領民達を三春に疎開させた。決死の行動であった。
仙台藩は、柳川藩で編成された東征軍の中に30人ほどの下手渡藩兵が合流していることを知り、下手渡陣屋は焼き討ちされ、村々は強奪された。しかし疎開が間一髪間に合ったので、領民達の死傷者は最少に収まった。
以降、廃藩置県が断行され、下手渡藩はかつての分領地三池県に糾合され消滅した。家老であった屋山外記は、奥州越列藩同盟に独断で調印した責任を負い、外記は武士の一分を守り通し、明治政府には一切関わりを持たなかった。
外記の気持ちを十分に知った春明は、代わって積極的に行動する。しかし三池県の統廃合により福島県官吏となるも大幅降格となり退任。上京して小野組の嘱託となるが倒産、その倒産処理に力を尽くしたあと、初代院長となった種恭に懇願され、学習院創立に関わった。
明治13年(1880年)春明は、妻の葉月の病気療養のため下手渡に戻った。翌年の6月に妻をなくしたあとも、春明は福島町に暮らし、外記達と下手渡復興に尽力する。その後、還暦を迎えた春明だが種恭の実弟の加納久宜(かのうひさよし)に懇願され、最後の就職先として、明治19年(1886年)岩手県尋常師範学校の教師兼書記として赴任し、4年間奉職した。明治23年に現役を引退しようやく飯坂に隠居した。その秋、屋山外記の訃報が知らされた。
足が不自由になっていた春明は、葬儀には参列できず、納骨後、外記の墓前で自作の漢詩を詠じ、こう呟いた。
「外記殿の戊申戦争は、二十二年経ってようやく終わったのだな」
外記は、下手渡藩の「負の戊申戦争」を独り抱えて隠遁に近い暮らしを選び、一切の弁明もせずに逝ったのだ。
清水宗治の無念、重光葵の無念、そして屋山外記の無念。いずれも勝者にあらず、敗者の身の処し方、覚悟である。人はそれぞれの人生の中に多くの無念を抱えながら逝く。
「秋の遠音」の屋山外記の一生もまた、我々の胸に響く。
屋山外記の御子孫の一人、屋山弘氏は、現在も漫画家・エッセイイストとして福島市で御活躍中である。また評論家の屋山太郞氏も御子孫の一人だ。お二人には「秋の遠音」の上中下をお送りした。
お二人には、先祖に関わる小説の完成を喜んでいただき、作中の屋山一族、屋山外記の活躍にも丁寧な感想を頂いた。こころより御礼を申し上げる。
御手許に「秋の遠音」をお持ちの方は、春明と外記の、幼い頃からのやり取りを、もう一度追いかけて欲しい。人間様々な「覚悟」があるということを心に留めて欲しい。未読の方は是非ご購入いただき、一読されたい。
                         令和3年10月3日                             ⓒ春吉省吾


春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。

https://nork01.myshopify.com  〈◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

 

日本人なら「秋の遠音」「怪物生成」を読んで欲しい VOL.93

●今から丁度4年前2017年9月10日、下手渡自治会長・渡辺好宏様のお招きにより、地区交流館で「秋の遠音」ただ今執筆中~奧州下手渡藩の不思議~という講演会を開催させて頂きました。未だ執筆途中の講演で、緊張したことを鮮明に覚えています。(上の写真手前右が渡辺会長様。下は月舘町下手渡「花工房」講演前の打ち合わせ場所。自然の中で宿泊もキャンプも出来ます

(1)漂流する世界と日本

何やら世界中の指導者、金融資産家、IT成金達が、狂ったように「暴走」している。そうかとおもうと惚けた爺さんが、会談中に居眠りしたり、記者団にアフガン撤退の質問に返答できずそのまま無言でフリーズ。どこかの国では、意志決定できずに右往左往し、遂には退場に追い込まれた首脳もいる。また自分の都合の良いときだけ安っぽいキャッチコピーを持ち出してテレビに出張ってくる首長もいる。

ジェノサイド、人権無視をする覇権組織「中共」は問題外のまたその外だ。
その中共・武漢研究所から流失した新型コロナ騒動(以下「コロナという」)を契機として、世界中の人間が恐怖に陥り常軌を逸した。さらにWHOやNIH (アメリカ国立衛生研究所)、 CDCなどの迷走によって、各国政府のコロナ対策は大混乱をきたした。現在、その対応の錯誤を隠蔽するために、各国政府は、強権を発動して国民を統制しようとしている。この動きは更に強まる。ワクチン利権と契約でがんじがらめになってしまった各国政府に収拾の策はなく、突き進むしかないからだ。これほど危ないことはない。
コロナ騒動に限らず、グローバリズムの大きな欠陥を隠蔽しようと「グレートリセット」なる欧米主導の覇権主義遂行のために、あらゆるルールを自分たちに都合の良いように変えようとする意図が垣間見える。残念ながらそこには、「日本」も「日本人」も含まれていない。寧ろ、日本弱体化を図っている。
我々日本人は、置かれている立場をもっと冷静に、深刻に考えるべきなのだ。そうでなければ「愚民」と言われても仕方あるまい。
民主党政権の無策・ポピュリズム・悪夢の3年間、そして今、自民、公明、立憲、維新など多くの日本の議員達が、親中、親韓議員になってしまった。更にマスメディアがそれに輪をかけ偏向報道ときた。日本を日本人の歴史を自ら貶めている現状に、未来の日本を担う次世代の子供達に顔向けが出来ない。正しいことを正しく、堂々と胸を張り、しかもしたたかに世界と向き合わなければ日本の未来の「本」を潰してどうする。
「君子は本を務む、本立ちて道生ず」(學而第一)〈君子は、根本的な本質的なものを大切にする。それに目をむけて人生を歩んでいれば自ずと進むべき道、正しい道がわかってくる〉というが、それだけでは足りない。百年先を踏まえた「日本・日本人」活性化の実践ロジックを作り上げなければならない。
残念ながら世界は邪悪に満ちている。へつらわず、驕らず、実践理念を構築するには、戦後の教育を根本から変えなければならない。それは命を賭けて現実に向き合う棘の道だが、群れずに自分の頭で考えられる日本人をこの先どれだけ生み出せるかに懸かっている。勿論、その教育者の育成が急務である。
 
(2)愚民に堕ちた日本人
人間は継続的に「恐怖」を与え続けられると、考えることが出来なくなってしまう生き物だ。
既に、我々の日常はコロナによって、大きく変えられてしまったが、このコロナ禍はこの先も続く。 決して「ゼロコロナ」などと科学的エビデンスを欠いた結果にはならないのは「愚民」である我々でも知っている。
しかし2年近くも「今日の感染者は何人」「増えている、増えている」と断片を切り取って、テレビ新聞などのマスメディアによって煽られ続けたその結果、恐怖が頭にこびりついて離れなくなってしまった。感染者(正しくは陽性者)が減ろうものなら、恐怖を煽るフレーズを何か見つけて付け加える。NHKをはじめとしたその偏向報道を多くの「愚民」は未だに信じている。
さらに「恐怖」を煽るだけでなく、冷静に比較する為の「情報」は閉ざされたままで今に至る。勢い気持ちがささくれ立ち、心が荒んでくる。
こうして一方的な「プロバガンダ」に侵され続けると、その恐怖から少しでも楽になろうと、後先考えずに早まった行動を起こしてしまう。もっと余裕を持って考える時間を持とう。

(3)「秋の遠音」「怪物生成」を読んで欲しい
そんな時には、一昨年の令和元年6月上梓した春吉省吾の「秋の遠音」上・中・下巻を読まれることをお勧めする。読めば、生きる指針の一助になると筆者は堅く信じている。
YouTubeの「春吉省吾チャンネル」でもあらすじを動画にしてアップしてあるので確認して欲しい。 その中のコピーをいくつかご紹介する。
●令和の混沌の今、必然から生まれた日本の大河小説「秋の遠音」。読み進むと知らずに心の襞が和らぐ。生と死と、絶望を乗り越えたその先に、真の命の感動がある。
● いつの世も人倫を太く支えるのは、歴史に名をとどめない者たちである。「秋の遠音」は、家族を愛し、友を信じ悠悠と生きた、彼らの命の物語である。
●一人の男の、遠く遙かな道程を描く。我欲の世に、清々しく生ききった吉村春明。彼こそが男の中の男であろう。
●「秋の遠音」の主人公吉村春明を通して、幕末・明治初期の、息遣いが活写されている。
春吉省吾のライフワーク、長編時代小説「四季四部作」締めくくりの「秋の遠音」。生きる重みと感動を、命の尊厳をしっかりと読者の心に焼き付け、深く大きな余韻と静寂をもって物語は完結する。
また、今年令和3年8月に上梓されたばかりの「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~」も、  錯綜した令和の今、我々が求める「歴史時代小説」だ。YouTubeにあらすじをアップした。その中のコピーから。
 鎖国日本で いち早く世界を知った天才金吾。彼の活躍は あなたの幕末・維新の概念を根底から変えるに違いない。
本巻「怪物生成」、第三章「金吾の境遇」からは金吾の数奇な生い立ちが語られ、本巻では18歳までの目の覚めるような活躍が描かれる。舞台は浅草吉原、芝薩摩屋敷、京禁裏、大坂、長崎、そして琉球へ。破天荒を装う緻密な天才策略家の金吾だが、そのハートは燃えるように熱い。
   主人公、宇良守金吾の天才的知略と行動、極めてクールに相手を籠絡させるその見事さにスカッと心のつかえを取って欲しい。
主人公宇良守金吾が幕末の時空間で縦横に暴れ回る金吾の活躍にご期待あれ。一巻毎に完結する幕末を舞台にした壮大な物語だ。
併せて、主人公金吾を通して、本来日本人が持っていた気高き人間性と、失われつつある基本教養をこの小説から学んで欲しい。
 
(4)データはいくらでも変えられる
さて、私が「檄文」Innate immunity(自然免疫)を枯らしてしまったのか、日本人!!(「怪物生成」をネットでお買い上げ頂いた方に添付した論説)で主張したように、今、まさに我々が生を受けているこの時代は、1930年代後半から、ヨーロッパを中心に全体主義の暴力と権力政治が荒れ狂ったあの時代よりももっとひどいことになっている。平和ボケから、そろそろ目が覚めてもいいのだが……。
未だに日本には「テレビで言っているんだから正しいんだ」とか「新聞に書いてあることとあなたの言っていることが違うから、おかしい」などど、理屈にもならない暴言を吐く「愚民」が多いのにがっかりする。その暴言が、時として世論を形成してしまうこともある。
以下は、皆がコロナ情報として目にしているデータを提示し、統計やデータなどは、如何様にも切り取り、組み替えることが出来る事を知って欲しい。
●下の左右の資料は8月12日の東京都のコロナ資料である。左はそれを元にしたNHKのブログ「新たな感染者数」で4,989人、右はその元になった東京都の「報告日別による陽性者数」4,989人。下の東京都の資料は同日8月12日の「発症日別による陽性者数の推移」139人。(表に出でこない)
東京都が、各検査機関、保険所などから上がってきた数値をそのまま単純に足し算して発表した数値が左右の2図だ。東京都は陽性者としているが、NHKは感染者としている。どうしても感染者にしたいらしい。おわかりだろう。「報告日別による陽性者数」は、都合により数値は変更できるのだ。下の図は、東京都の「発症日による陽性者数」。本来は一番正しい傾向がわかる資料で、陽性者(感染者)の動向が把握できる。「感染者大爆発」というNHKや民放、政府、東京都、各府県知事、医師会、専門家会議などの面々は、このような未整理の恣意的な数値を平気で使っている。不安を煽って国民の正しい認識を歪めている。そんなことに汲汲としているから、本来の感染対策、本当の感染者対策が出来ないのは当たり前なのだ。
●現行法では、コロナ患者は「2類分類以上」になっていて「保健所」の縛りがある。その保健所に、発症日の整理がなされないバラバラな資料が上がってくる。陽性者の正確な推移が見えない資料だ。それが「報告日別による陽性者数」だ。恣意性も加えられかねない。「5類」にすれば保健所管轄が外れこのようなことはなくなる。加えて、mRNAワクチン一択でなく、早期治療に有効とされる薬を一日も早く認めるべきだ。だが安価な初期治療薬を認可させると、mRNAワクチンを大量契約・購入してしまった手前、政治と利権が邪魔をする。既得権益者によって、国民の命が二の次になっている。

(5)感染ピークはもっと先
私見だが、まもなく2年になろうとするコロナ禍のピークは、もっと先だと思っている。mRNAワクチン接種で、一時的に感染は治まったように見えるが、半年後の、早くて12月後半からから来年の冬場にかけて感染者は増える。その対策はもはや緊急事態宣言でも、mRNAワクチンのブースターショットでもない。「自己免疫」を付けて、万一罹患しても軽症で恢復するようにするしかない。それまで、抗体依存性感染増強 (ADE)の危惧のない、「治療薬」が広汎に出回ればいいのだが……。
ここまで様々な論文を読んだが、mRNAワクチンが、次々に変異するワクチンに有効とはどうしても思えない。そこから先は、いずれ「本物の専門家」が解決してくれるだろうが、何とかmRNAワクチンではない、より有効なコロナ治療薬が出来るまで、頑張るしかない。
「なんでそんなことが言えるのか」と問われれば、これまで多くの関連データ・論文を公平に見て得た確信に似た意志である。臨床医より私の方がより多く読んでいるかも知れない。
還暦になって、従来のコンサルタント業から本格的な物書きを始めた。遅い作家転身なので、まだまだ書きたいこと、次世代に伝えたいことが山ほどある。諸先輩達の書き残した歴史時代小説と同じ視点、史観に立って書いても意味がない。自分で調べて納得して、考えて、自分なりの史観を確立して初めて物語の人物達が活き活きと動く。
私の一連のコロナ禍の捉え方も同じだ。「それは常識だ」「当たり前だ」と言われても、常識は偏見の積み上げかも知れないのだ。すべては自分の頭で考え疑うことから始まる。
「コロナウィルスは武漢ウィルス研究所で人工的に作られた」という説は1年程前には、すべてのメディアは陰謀論扱いした。しかし今はそのメディアですら、そう言いきっている。反論しているのは当事者の中共や、ファウチやWHOぐらいだ。また数年前には「ワクチンパスポートなど荒唐無稽な陰謀論だ」と言われていたが、あれよあれよという間に、2021年6月現在には現実のものとなっている。まだ治験試薬の筈の「ワクチン」がだ。「陰謀論」という言葉は、ネガティブキャンペーンには最適で便利な言葉だ。同時に論議も思考も停止させてしまう実に卑怯な言葉だ。
いずれ、コロナ騒動も闇が暴かれるか、そのまま闇に葬られるか。それは誰にもわからないし、その結果も全く見えない。幕末史でも、「ありそうも無いことが、実はこうだったんだ」ということが、もっともっと隠されている。そして「コロナ禍」「mRNAワクチン接種」は、今起こっていることで、貴方の命が懸かっている。ならば、どうして自分の頭で考えるために情報収集をしないのだろう。
(6)本末転倒・根本錯誤
ワクチン接種世界一のイスラエル。国民の90%以上が2月に2回接種済み。ところが半年過ぎた8月を過ぎると感染者数、(重症)入院者数、死者数がうなぎ登りになった。国民はすべてファイザー社のワクチンを接種している。この傾向が日本で当てはまらないことを祈るばかりだ。
科学誌「サイエンス」は「イスラエルでの世界最大の研究所で、ワクチン接種者はデルタ株から保護されない」ことが明確になったと報じた。そしてコロナ自然感染者との比較で、「接種者の感染率は13倍、症候性発症は27倍、入院率は8倍」という数値の論文が出た。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.08.24.21262415v1
しかし、この状況下で、イスラエルのベネット首相は8月29日、「3回目接種は有効だ。重症化の増加はゆるやかになっている。すべての市民が3回目を接種しなければいけない」と述べた。
ベネット首相は感染者が急増する中、8月30日、これまで30歳以上としてきた3回目のワクチン接種の対象を拡大し、12歳以上の人たちも含めると発表した。
ちなみに、8月19日のNHKの報道では、「医療保険制度を担う団体の一つ『マッカビ』は18日、ファイザーのワクチンについて、60歳以上を対象にした3回目の接種の初期段階の調査結果を発表しました。それによりますと、3回目の接種を終えた14万9144人と、2回目の接種を終えた67万5630人を比べたところ、接種後に感染が確認されたのは、3回目のグループでは37人だったのに対し、2回目のグループでは1064人だったということです。この結果、60歳以上では、3回目の接種が発症を予防する効果は、86%と推定されるとしています」
このNHKのよりどころとする論文(私はこの論文を実際に確かめていません)は、私が引用した、毎日更新されるOur World in Dataや、先のイスラエルの論文結果と、真逆な論旨である。貴方は、何を信ずるか。
ワクチン接種者は、本来ワクチンを打って感染防止、感染しても軽症で済み、将来にわたって副作用のない安全な生活を得るためのはずだが、真逆になっている。
未承認の将来にわたるADEの不安のあるmRNAワクチン接種を拙速に推進するその目的は何なのだろう。接種者の健康を却って脅かし、未接種者との二極分化を意図的に拡げているとしか思えない。しかし全体主義的管理社会を構築すべく、権力を更に強化・統制したい為政者にとっては、ワクチンは最高の「金看板」(あるいは水戸黄門の「葵の印籠」)なのだ。
(7)そろそろ気付こう
それと同じようなことが、やはり世界スタンダードで行われている。
およそ79億人の人間が暮らす「地球」、その地球環境を護ろうというものだ。曰く「かけがえのないこの地球を守るため、この地球環境保護活動へ真剣に取り組まなければならない」というのが地球を守るという一般的なスローガンだ。
立派なお題目で誰も正面起きって反論できない。しかし、個々に見ていくとおかしいことだらけだ。
パリ協定では、「世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して、2℃より充分低く抑え、1.5℃に抑える努力を追求することを目的としています。その達成のために、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が示す科学的根拠に基づいて、21世紀末のなるべく早期に世界全体の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにすること、つまり「脱炭素化」を長期目標として定めている」
地球は温暖化に向かっている。その主たる原因は人間の過大な二酸化炭素の排出による。だから今後は「脱炭素」に世界中が取り組まなければならないというのだが、IPCCが示す科学的根拠は未だに不明確だが、あれよあれよという間に見切り発車してしまった。
これは従前のmRNAワクチンが、未だ「治験試薬」でいわば実験中のまま、我々に投薬していることとやり口が近似している。
これを接種すると95%効果があるとし、世界中怒濤のような接種が始まった。しかし治験完了予定日は、ファイザーで2023年1月31日。モデルナが2022年10月27日なのだ、それまではあくまでも「試薬」なのだ。世界中の人間から金を受け取って「人体実験」をしているようなものだ。
付け加えると、「95%有効性」とファイザーは言っているが、「ワクチンを打つと95%コロナに罹らない」とは一言も言っていない。実は、ワクチンを打った人と、打たない人との効果は、1%未満の効果の違いしかない。しかしそのようなデータ解析は無視され、そう思い込ませる報道をされると、恐怖と長く緊急事態の行動規制から逃れようと、正しいことが見えなくなってしまう。
マスコミは、実に巧妙に「愚民」を欺く。既存のマスコミ情報だけでは、事の本質はみえない。
環境問題も同じだ。「環境ビジネス」は新しい切り口の美味しいアイテムで、欧米を中心に失われた覇権を奪い返し、ビジネスの世界標準ルールを作って、そこから莫大な利益を得ようとしている。日本は基本ルール作りから外された。本質は「日本外しなのだ」と気がついたのが遅かった。慌ててルールに乗り遅れまいと必死にしがみつく。そうしないと、日本政府も企業も立ちいかなくなるからだ。しかし、それが甘かった。準備なしで、「馬鹿正直」に対応しすぎた。欧米のしたたかさに我々日本民族は幕末以降、現在に至るまで、嫌というほど辛酸をなめてきたのに、歴史を学ばないのにも程がある。
彼等は平気で「ルールをかえてしまう」のだ。
雨後の竹の子のように輩出した自然保護団体や、国連主導のSDGs活動の多くは利権がセットになっている。事の本質を見誤らないようにしてもらいたい。それこそ馬鹿の上塗りだ。
また世界のマスコミにとっても愚民を操り誘導するのに、「環境問題」という素材は美味しいのだ。何を言っても許される「免罪符」を得たようなものだ。反対する科学者や、何かおかしいと感じても、「国連」「パリ協定」「ダボス会議」などの数々のお墨付きがあるものだから、反論は「異端」とみなされ、勝負にならない。これを称して「人権という仮面を付けた全体主義」という。無防備で従順な日本政府は、達成不可能数値を突きつけられると、自ら志願して国家目標にしてしまう。欧米のずる賢い為政者達は決してそんな馬鹿な事はしない。20年前から緻密に仕掛けられた罠にまんまと引っかかった愚かさ、そろそろ気づけよ。
「環境ビジネス」をしようとすれば、これら大きな裏側のシステムを知ったうえで、欧米利権屋のしたたかさに負けないだけの情報収集とガードを堅めて動かないとすべてやられる。かつて日本の重要機密技術が、中国や韓国に簡単に流れてしまった二の舞になる。そして、敵は日本人の中にも大勢いるのだ。私に相談頂ければいくらでも知恵を貸すのだが……。ジャパンハンドラーとか言われている輩より、物事をもっと深く観察し、相手の上を行く中長期の戦略戦術を構築しないと、将来の勝ち目はない。
(8)人類、地球、そして太陽から銀河へ
落ち込んでも仕方がない。それを承知で、日本の未来を明るくするために頑張って生きねばならない。
近年は、40度、50度を超える記録的な高温が至る所で観測されたと思ったら、ゲリラ豪雨、かつてない颱風やハリケーン、長雨の被害が世界各国で起こる一方、南半球オーストリアでは大干ばつ。アメリカコロラドでは夏至に60センチの大雪、南極ではマイナス86度、ヨーロッパでは真冬のような春と、とても人間の排出する二酸化炭素や、海水温度上昇などだけで説明できないカオスがおこっている。
石炭や石油系を燃料が排出する二酸化炭素が、主たる原因とはどうしても思えない。(中共とアメリカが排出量を半分にすれば、忽ち解決するが)地球はそんなに柔ではない。まして、自然エネルギー活用などと称して「太陽光パネル」に代表されるような不安定で、不効率の電源供給を将来の電力資源の柱にするなど本気で思っているとしたら余程の馬鹿だ。パネル製造にかかる電力コスト、その設置や廃棄にとんでもない自然破壊がおこる。パネル設置が原因の土砂崩れで、不幸な事件が熱海でおこったのはつい最近のことだ。発想が根本から間違っている。
更に、もっと大事なことがある。地球環境を形成する、太陽そのものがどうなっているのかと調べると、太陽の活動が、2020年に入って表面温度が観測史上最低、太陽風の力も観測史上最低で、太陽の磁力エネルギー自体が弱くなっている事が判明した。つまりこの先、太陽はどんどん冷たくなり、どんどん暗くなっているということだ。
「それならどうして、地球温暖化でなければ、なぜ異常気象が頻繁に起こるのだ」
という当然の反論がおこる。普通なら「やっぱり地球は温暖化しているに違いない」と思考が逆戻りしてまうが、発想を限りなく広げて考えるとチヨット違うぞと思う。
「春吉、狂ったか」と思うだろうが至ってクールだ。歴史を見直し、再構築するにはこの発想が必要だ。
さてその激しく変動する地球環境の説明はハンガリーのジャマル博士が、2年前の論文でこんな「仮説」を立てている。http://www.karstenhaustein.com/climate
「物理的な現実では、宇宙は絶え間なく変化しており、私たちの惑星が位置する太陽系を含め、何も一定ではありません。銀河内の太陽の真の運動は円運動ではなく、原子内の電子の運動とまったく同じです。そして、すべての兆候は、太陽系が銀河の最も高い位置、銀河中心に可能な限り最も近い位置に近づいていることを示唆しているようです」
つまり、今まで以上に銀河中心のエネルギーが太陽系にかかってきており、その太陽のパワーそのものが弱まっていることで、地球を含めた太陽系の星すべてが、更なる上位のエネルギーの影響を受けている。我々地球の生命を支える太陽でさえも、天の川銀河の中に数多ある恒星の中の一つに過ぎないということを我々は知るべきなのだ。そして太陽そのものの働きが弱くなれば銀河系のエネルギーが、太陽系の惑星である地球の「地質活動」にもろに影響を与えるのは当然と思わなければならない。天文学など全く分からない私でも、この論文は実に腑に落ちる。目から鱗だ。
地球が今後、更に予知できない、大きな地震や噴火、異常気象に見舞われるのは覚悟しなければならない。
乱暴に言い切ると脱炭素化などと、小賢しい達成不可能目標を立てて、地球環境を改善しようと思うこと自体が、歪曲された人間の浅知恵、我欲のすり替えと言うこになる。様々な事象を、旧弊な思考に留まらず、宇宙の現象の大変化を前提に考え直していくことが、日本人が「愚民」から脱する道である。そのためには一にも二にも、思考力を想像力を実践まで高める、日本の教育の見直しが必須だ。(それについては、今回はここまでの記述に留める)
(9)サバイバルのために
今まで知らなかったが、犬は「地球の磁気」を感知していて、うんちのときに北を向くという。何故北を向くかはわかっていない。また犬は磁場を感じて戻ってくる「帰巣能力」もすぐれているという。
これは磁場をもとに帰巣する生物によく見られる行動で、犬の他にも、渡り鳥やミツバチ、ウシ、シカ、クジラ、ウミガメなど、磁場センサーを持つ生物がたくさんいる。
地球は大きな磁石で「磁極」という場所から磁力が放出されており、それが地球全体をとりまいている。
磁力が生じる原因は、地球内部の外核(地殻の3000キロ下)に渦巻く液体金属である。
また、磁場は地球上の生命を守るために重要な仕事をしているという。
これによって生まれる地球の磁場は定期的に変動している。その最大の役割は、太陽風が地球表面に侵入するのを防ぐ「バリア」だ。磁場がなければ、ヒトも動植物も生きていけない。火星や金星に水や大気がないのは、磁場が消失したからだと言われている。
その磁場が地球上で上述の理由(太陽エネルギーが相対的に弱体化したことで、銀河系エネルギーというより上位の影響)で不安定になっている。
磁気で生きているいや、存在そのものが磁気的である人間もこれらの影響をもろに受ける。
磁場が狂うと、同時に狂ったような人間が出てきても不思議ではない。世界でおこっているワクチン・キャンペーン、地球環境保護キャンペーン、ワンワールド化(管理全体主義)の必要性を企み「愚民」を洗脳し、国家という共同体を破壊する悪魔のような悪巧みをする人間、神をも冒涜する人間が現れてもおかしくない。恐ろしい事に、彼等の頭は磁場がずれてしまい、狂っているとは思っていない。
我々はそういう魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界で生きている。「愚民」を脱するには、裏の裏の裏まで考えられる、思考力と想像力、そして正しい歴史観を鍛えるしかないが、今のところ解説依頼のお呼びがかからないので、その思想は既出の文章の中からくみ取って欲しい。
「破天荒解」~初音の裏殿・第二巻~と哲理的随筆「Double Standard(日本壊滅)」の仕上がりをお楽しみに。
最後にルドルフ・シュタイナーの「自由の哲学」〈森章吾訳〉から
「自由な精神は、掟を感じ取るに留まらず、自分の内からの衝動(直感)に沿って行為することで、規範を乗り越えるのである」。
                      令和3年9月7日
                         ⓒ春吉省吾
春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。

https://nork01.myshopify.com  〈◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

「怪物生成」発刊・金吾よ日本の闇を暴け!

「怪物生成」のあとがきにかえてより
  
  読んでわくわくする「幕末・維新」の歴史小説を読みたい
  それも旧来視点の箍(たが)を取り払った小説を読みたい。
  歴史の勝者によって意図的に歪曲・削除された小説も、敗者をいたずらに美化する小説もまた鼻につく。
  時代背景が精緻で、登場人物の息遣いを確かに感じられる小説を読みたい。
  かつて名作と言われた歴史時代小説はあるものの、昭和・平成と時代を経て、隠されていた歴史の様々な事実が明らかになると、より深い時代背景が必要となり、高度成長期に書かれた幕末・維新の小説では、もはや満足できない。
  だが色々探してもそんな歴史小説は見当たらない。
  無ければ「書こう」と思った。動機は単純だ。
  しかしそうは思っても、読むのと書くのとは大違い。作品を批評するのと物語を執筆するのも当たり前だが大違いだ。
  58歳の時に「永別了香港」という、香港返還前から天安門事件までの実業の世界を描いた長編私(的)小説を上梓(この小説は、2020年秋に全五巻としてアマゾンKindleから発刊)した。それから現在まで12年間、歴史時代小説を書くためにあらゆる資料を捜しながら、四季四部作・歴史時代小説シリーズを完成させた。この12年間は私の人生の中で一番「勉強」した期間だ。その範囲はあらゆるジャンルに亘った。遅まきながら勉強のし直しをした。
  その間、次のライフワークとして「幕末・維新」の裏で活躍する架空の天才「宇良守金吾」という主人公を創造し、舞台作りから長い間温めていたが、この度ようやく第一作「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~を上梓する事が出来た。
  シリーズ第一作の上梓は古希からのスタートになった。シリーズを完成するまでは決して惚(ぼ)けるわけにはいかない。
  頭の中には最後のシーンが既にあるのだが、それを文字にするのはまだ先のことだ。
  「晩成亦佳哉(ばんせいまたよきかな)」と自作した座右銘を胸に刻み、焦らず初心を貫くことにする。
  「実践・快老生活」という渡部昇一先生の86歳の随筆にこうある。
  「私は近年、夏目漱石の小説を楽しめなくなった。ここでいう『本を楽しむ』とは、子供の頃、(私の場合でいえば)三国志や少年講談を夢中になって時が経つのも忘れて読み耽ったような面白さで読めるかどうか、興奮して身震いするほどに没入できるかどうかである。(中略)だが、そもそも漱石に限らず、私小説的な読み物は、人生経験の豊富な年寄りには楽しめないかも知れないのである。(後略)」
  齢70歳にして、無謀とも思える長編シリーズを執筆計画しているのも、まさに渡部先生仰る、楽しく物語に没入でき、今まで思いもよらなかった世界を物語にして発信したいという思いからだ。
  私小説的な世界を必要とする読者も確かにいる。だから否定はしない。一方で、閉塞感に押しつぶされそうな逆境や悲惨な状況の中で、何とか未来を切り開くために「楽しめる本」を探している読者も多い。
  戦後我々は、闇雲に働き高度成長を成し遂げたが、バブルが弾(はじ)け、その努力はむなしく消滅した。更にグローバル化に翻弄され、気がつけば、我々の直近20年間の経済成長率(名目GDPの成長率)は世界最低を這(は)っている。
  更に、武漢ウイルスによって我々の日常はズタズタにされてしまった。為政者の愚策は明白だが、それを許した我々国民に責任がないとは言えない。これらの危機に、我々一人一人が覚醒しなければこの先の日本復活はありえない。
  本巻の「怪物生成」の主人公、宇良守金吾は天才的知略で、極めてクールに相手を籠絡させるという痛快さだが、戦後76年間、敗戦利得者達によって歪められた現在の日本の社会構造を「幕末」という時空間に仮託した。
  いままで隠蔽されてきた幕末の裏側も、不当に扱われてきた人物にも光を当てる
  陰謀論として排斥されていた事象が、実は本当だったという事がこの一年半の間に起こった。
  アメリカ大統領の不正選挙や、コロナワクチンが中国で人工的に作られたものであるということが証明されつつある。
  その間マスメディアは、彼等にとって都合の悪い情報を全て隠蔽し黙殺した。国民には事実が全く伝わらない
  そのカラクリはそのまま幕末明治維新にも数多く見いだされるが、これまでしっかりした検証もされず、「正しい歴史」としてまかり通っている。日本の闇である。
 そんな「虚構の幕末歴史空間」の中で、架空の天才ヒーロー宇良守金吾は、颯爽とその闇を切り開いていく。我々の鬱憤を晴らすべく縦横に暴れ回る金吾、痛快この上ない。
 同時にこの小説から、主人公金吾の知略を通して、本来日本人が持っていた気高き人間性と、失われつつある基本的教養を楽しく学んで欲しい
  例えば、シリーズ第三巻ではじめて明らかになる「初音の裏殿」のタイトルの意味を少しだけ種明かしをしておこう。
  様々な職業に身を変えた全国に拡がる「宇良守軍団」の配下の木賃宿が「御宿・初音」である。その離れの地下に、秘密の宇良守の江戸司令塔がある。
  「初音」というネーミングは「源氏物語二十三条」、明石の君が明石の姫君に送った和歌
  「年月を松にひかれて経(ふ)る人に けふ(今日)鴬の初音聞かせよ」
  に因(ちな)む。江戸で鶯が初めに鳴くといわれた「初音町」は、現在の鶯谷辺りである。
  「怪物生成」では、次の展開のための様々な仕掛けをちりばめた。
  まず読者諸兄には「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~をお読みいただき、遠大な幕末歴史時代小説の次回以降に思いを馳せ、作者と一緒に知的バトルに遊んで欲しい
  この先、「初音の裏殿シリーズ」が春吉省吾にとって畢生の大作となるべく、焦らずに執筆を積み上げていきたいと思っている。
  読者の皆様のご声援を支えとして巻を重ねていきたい。
令和三辛丑歳七月朔日
                             春吉省吾ⓒ

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。

https://nork01.myshopify.com  〈カナダ生まれの世界標準ネットショップ  ◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

「怪物生成」発送開始いたしました!!  VOL.92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●新刊「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~帯付き表紙
●夏空光雲 ●炎暑木蔭 ●緑蔭涼風 ●灼熱白雲

〈本文〉

私の手許に印刷製本会社から、新刊「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~が届きました。作家兼ノーク出版の代表者として、既に予約注文頂いた方を最優先に、発送作業を始めています。
このブログをはじめてご覧の方に告知しておきます。我が「ノーク出版」は取材、執筆は勿論、校正・校閲、冊子デザインPR広告から、読者への配送まで全ての作業を全て独りで実施している世界で唯一の会社です。「ギネスブック」に登録すれば認定されるでしょう!!
今回からAmazonKindleにも同時に販売を開始します。これらの変換作業も全て独りで行いました。この暑さの中で、目の回る忙しさと、搬入・発送の力仕事は疲れますが、ここから販売のスタートとなります。配送用の梱包資材の手配や、送り状などは準備完了で、あとは粛々と発送作業をするだけです。
前回から、一般書店には卸さないことにしていますが、今回もそのようにします。
前々回まで大手新聞社の編集部・文化部などに献本していましたが、前回の「秋の遠音」の上梓からそれを一切止めました。その理由は、「献本」(PR見本として無料で配ること)して数日もしないうちに、驚くことにAmazonに中古本としてアップされたのです。実は、大手出版社は新聞紙上に書評を取り挙げてもらうために、献本は当たり前のこととして今に至っていますが、弊社は悪しき慣習をキッパリと断ちました。どこの大手新聞社とは敢えて申し上げませんが、担当者の程度の低さ、いじましさがはっきりと判ります。
新聞文化欄の「書評」の選者、その批評もその延長にありますので、書評の中身はステレオタイプそのものです。こういう人達が日本の文化を支えているのだから日本が劣化するのは当たり前ですね。新聞社、出版社、出版流通業者、中古本を扱う業者などのルートは出来レースです。書籍販売の減少、大手新聞社の購読者激減は当然のことでしょう。
さて、この4月に92歳で亡くなられた、青色LEDの開発でノーベル物理学賞を受賞された赤崎勇先生がこんなことを仰っています。
「私は自分の専門分野を追いかけるだけで精一杯。世界の神羅万象を広く学ぶなんてとてもできない」
専門分化の進んだ現代では、ごく狭い範囲のスペシャリストはいても、全体を広く俯瞰するジェネラリスト(generalist)はまずいません。ジェネラリストとは、全体を見渡し、客観的な評価ができ、臨機応変に対応できる指導者です。「怪物生成」の主人公宇良守金吾は、その極めて稀なジェネラリストです。スペシャリストの様々な意見を糾合し、意志決定するには、優れた感性と、直感力が必要で、それが本当のジェネラリストの役割です。金吾はそのような人物として、描かれています。加えて熱きハートを持った金吾は、我々にとって今一番必要な人物なのです。
しかし、世界中を見回しても、首尾一貫腹の据わったジェネラリストはいません。一番大事な国民を蔑ろにし、欲まみれ、権力をほしいままにしようと企む輩が余りに多いのです。このままでは日本の将来はもとより、世界の近未来は実に暗いものとなります。
作家として言論人として、特に大河小説を綴る、私のような作家にとって、ジェネラリストとスペシャリストの両方の知識が必要になります。そのためには、歴史の中から、虚と実を冷静に見る視座が求められます。
これまでコロナ禍については、欧米の論文、動画など(殆どの日本人の方々が目にしていない)を検索してきました。それらを「会員専用プログ」にアップしようと準備したのですが止めました。
それよりも、マスメディアやビックテックの妨害にもめげず情報を発信している、優れたスペシャリストを紹介した方が良いと判断したからです。例えば、コロナワクチン情報については、世界的に活躍されている分子生物学と免疫学を専門とする荒川央 (あらかわ ひろし)先生などの現役研究者の方が、一般人にわかりやすく説明されておられます。
https://note.com/hiroshi_arakawa しかしこのnoteという検閲のないブログでも「サイト荒し」に遭っているようで、善意を悪意で返すような、人間も多いようです。
今回のコロナやDNAワクチンについては、日本政府や、医師会、マスメディアの発表はあまりにも一方的で薄っぺらです。
日々恐怖心を植え付けられてしまった人達に「それは間違いだよ」といっても、感情が先に立って、聞く耳を持ちません。事は生死に関わるのですが、例えよかれと思って相手を論破しても、却って気まずくなってしまいます。それは私の専門と責任の範疇を超えています。
それにしても世界中が、国民に数字を隠蔽し、恐怖に縛り付けたいとするその背景には、大きな「力」が働いて、コロナパンデミックを意識的に作り出しています。
その日本では、銀行法改正や中小企業再編の「改悪」政策と、上述した恐怖を誘導したコロナパンデミック則ち「緊急事態宣言」によって日本は一層貧しくなっていくでしょう。これらの改悪は、欧米・中国などを含めた外国の銀行が、日本の中小企業の経営権を掌握できるようになるのです。要するに、日本の中小企業が外資に乗っ取られ放題になるということです。
「日本人が一生懸命働いても、その暮らしが一向によくならないのはなぜだ?」
それは我々日本人が「馬○だから」(馬鹿にされてしまったからだ)とはっきり申し上げておきます。
現在、グレート・リセット、グローバリズム、ダイバーシティ(多様性)、環境問題など様々な課題が声高に語られています。しかしそれらを無防備に信ずることは、自らを破滅に導く行為です。日本人の大部分はこの愚に既に侵されています。「甘言」あるいは「虚偽」にまんまと乗せられています。政府、財務省、日銀、財界(経団連、同友会、商工会議所などのトップは、一丁上がりのサラリーマンが多く、事の本質を知っていも、決して意は唱えない)の出来レースです。
世界で起きていることを、そうなることで「誰が、一番利を得るか」「大衆をコントロールして誰が権力をほしいままにしたいのか」と考えれば判ります。我々は恐怖、情報遮断などによって、愚か者に成り果て、自然淘汰されようとしているのです。

 

ジャック・アタリという、フランスの経済学者、思想家がいます。NHK御推薦の思想家のようですが、私は薄っぺらだと思っています。
彼は「利他主義」という、仏教の普遍思想を、安っぽく踏みにじり、欺瞞に満ちた考え方に誘導しようとしています。人間を馬鹿にした思考ですが、扇情的で単純なだけに、多くの「ノータリン」はまんまと彼の論に乗ってしまうのです。「利他主義」とは「利己主義」に対して、他人の幸福や利益を図ることをまず第一とする崇高な意識であり考え方です。しかし、彼が言うと、たちまち欺瞞に満ちた唯物論に変わります。迂闊に信ずると「愚か者の自然淘汰」に呑み込まれてしまうのです。
簡単に言うとこういうことです。このパンデミックを自然災害と思い込ませ「あなたがワクチンを打つことが、他人の命を救うことだ」
「エゴ(利己主義)を捨てて、みんながワクチンを打てば、世界は救われる」という論理です。
アタリは言います。
「われわれは人生の伴侶や家族が満足することで利益を得ます。その人たちが生きていること、幸せであることは、われわれ自身の利益なのです。この利益は永遠のものです。さらには自分の知らない人の幸福も自分の利益になるのです。われわれは人類全体が幸福になることで利益を得ます」
彼は国家という共同体を破壊することで、彼が言いう「愚か者」を自然淘汰していこうとしていることが読み取れます。ワンワールド化の必要性を洗脳し、政治を拒否します。これが新しい形の「全体主義」です。ビックテックの創業者やCEOはなべて、この思考です。私がこのように解説すれば、実にわかりやすく、腑に落ちるはずです。

 

ナチスと戦ったフリードマン・ハイエクは自由主義を標榜し、社会主義から集産(共産・無政府共産)主義へ、そして全体主義に行き着くプロセスを示し、それは「隷属への道」だと論述した巨人ですが、アタリの綺麗事を粉砕する思想です。
生涯全体主義と戦った女性思想家ハンナ・アーレント(1906~1975)はこう言っています。
「全体主義は政治の消滅である。それは政治を破壊する統治形態であり、語り、行為する人間を組織的に排除し、最初にある集団を選別して彼等の人間性そのものを攻撃し、それから全ての集団に同じような手を伸ばす。このようにして、全体主義は人々を人間として余計な存在にするのである。これがその根源的な悪なのだ」
この言葉は重いのです。国家と言うのも憚られる中共、IT管理による全体主義、狭量な覇権主義は、ウイグルの人々をジェノサイド(集団殺戮)という最も卑劣な行為をし続けても何の痛みも感じない殺戮独裁集団です。これはハンナの前述の言葉そのものなのです。
もうおわかりでしょう。アタリの思考には、中共と同じように、自由を奪う全体主義が見え隠れしているのです。ワクチンパスポート発行を遮二無二法制化しようとする欧米政府。それを応援するマスメディア、ビックテックは、間違った唯物論に陥り、ワンワールドを目論んでいます。 世界的に起こっているパンデミックは、自然発生のものでなく(実際そうだと言われ始めている)「プランでミック」だとしたら、彼等は人類全体を奈落に堕とす輩なのだ。日本人よ、くれぐれも自分の頭で、考えて欲しい。「ああ、今の時代に天才宇良守金吾が欲しい」
                                                       2021.7.30  春吉省吾ⓒ
春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。
https://nork01.myshopify.com  〈カナダ生まれの世界標準ネットショップ  ◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

軽薄な世相も ものかわ、宇良守金吾見参!! VOL.91

●「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~、満を持していよいよ8月はじめに販売開始。
●半径10キロしか動かなかった男が、1年8ヶ月ぶりに遠出。全日本剣道連盟主催の居合道中央研修会で上越市に。上越新幹線「上越妙高駅」2021.7.2
●7月2日の夕刻、上越妙高駅前、人がいない。上杉謙信公の騎馬像がお出迎え。駅周辺にコンビニはローソン一軒のみ。だが空気は美味い。冬は2m~5mの豪雪地帯、スキー人口も激減して、なかなか大変だろうな。
●2019年12月にオープンしたばかりの「謙信公武道館」駅からそこそこ遠い。タクシーの運転手は「駅も、この施設も、角栄さんの力が……」とお茶を濁す。40年以上経っても、その威光恐るべし。
●密にならないようにと、大会関係者の方々のご苦労に感謝。2日間の研修を終え、修了式後の写真。大体育館の会場を出入りするだけでそれぞれ20分以上かかった。終始、マスクをしての研修会。実習も息が苦しくなる。2021.7.4
●半年ぶりの検査、異常なし。この風景、何十回と見たことか。同じ風景だが、時々の心象風景は、それぞれに違う。2021.7.13
●いつもジョギング・ウォーキングに立ち寄る公園。今日は、人影がない。初めての経験。2021.7.15

本文

主人公、宇良守金吾の活躍をお読みいただき、モヤモヤした頭をスカッとして欲しいですね。

とにかく「頭のネジが吹っ飛んでしまった」ような、お○鹿な人間が、あっという間に増殖し日本中を覆ってしまいました。「コロナ脳」か「ワクチン脳」か、恐怖です。
本来まともな考えを持っているはずの人達が、デマと煽り報道によって精神が蝕まれ、日本全体が鬱になって、思考が止まってしまいました。悲惨です。日頃から、そのような耐性にきちっと抗する意識形成をしてこなかったから、当たり前といえば当たり前なのですが……。(私の「心身経営学」講座をきちっと学んでおくべきだったね)
コロナ騒動も、ワクチン騒動も、オリンピック騒動も、その本質をじっくりと考えようともしない。実に軽薄。その上、政界、財界、学界、官僚、更にマスコミの影響力のある連中が、中共のマネ-・トラップ、ハニー・トラップに引っかかって、身動きが取れません。中共の術中に填まってしまった「愚か者達」は、恥ずべき醜聞に怯え、実に歯切れが悪いのです。下品な言葉で言うと「キ○タマ」を押さえられてしまったので、言いなりです。親中、親韓の連中は、本質をごまかして、陰湿な動きしか出来なくなってしまいました。迷惑な限りです。
もう少し、日本の指導者、マスコミの方々は利口だと思っていたのですが……。日本の多くの組織は腐敗してしまいました。それを許している日本国民は何と悲しい性(さが)なのか。

 

戦後の76年前GHQに飼い慣らされ、中途半端な平等、平和主義を唱えている生半可な頭のまま、今に至っている、多くの高齢者の「老害」が日本を更に劣化させています。
戦後、懺悔、お詫びをし、多額な賠償を支払った日本ですが、それを元手に復活した中共、韓国は、更なる「反日」活動を過激に行っているのは周知の事実です。また「敵は内にあり」といいますが、完全に軟弱・日和見思考に刷り込まれた身勝手な売国奴達に日本が蹂躙されようとしています。そんなに日本を腐(くさ)すなら、どうかお好きな国に移住して頂きたい。
先祖の英霊や将来の日本を担う子孫に対し、何の顔(かんばせ)あらんや。
全体を見ずに些末な事柄に一喜一憂して、多くの人生が蹂躙されていることを知るべきなのですが、今のようにヒートアップしている現状では、何を言っても無駄のようです。
本当は、こんな世相だからこそ、冷静になり、浮き足立たずに対処して欲しいのです。
「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~をお読みください。貴方の代わりに、主人公宇良守金吾が、正義と仲間を守る為に全知全能をもって、自ら難局を切り開いていきます。
どうか心ある方は、この小説を「精神安定」の一助としてお読みいただきたいと思います。2700円(弊社ネットショップ特別価格)で、日本人としての勇気と矜持と、知恵と不屈の闘志を再確認出来るのですから、安い買い物だと、筆者として胸を張って言えます。

 

現在、初音の裏殿の第二巻「破天荒解」を執筆していますが、執筆に当たっては、鎖国の扉が列強によってこじ開けられようとしているその前後の時代と、「今」を比較して考察しています。
つくづく思うのは、歴史の常識とされている「事実」と、その実際は大分違うということです。
日本を停滞させている元凶は、戦後から、高度成長期に学習し刷り込まれてきた「脳」が、新しいものを拒否しているからです。その間新たな歴史の事実が発見され、意識的に隠蔽されてきた事実が暴かれたりと、驚くことが山ほどあるのですが、多くの日本人は、バージョンアップせずに、アップデータに留めたまま、感性・直感力を劣化させ「脳味噌の硬直」に陥りました。
日本の高度成長期に書かれた小説の筋立ては、はっきり言わせて貰うと「単眼の視点」で書かれています。日本人の経済成長と期を一にして、日本人を鼓舞するには役立ちましたが、時代はそんな単純な時代ではなくなってしまいました。幕末・維新の小説を書くに当たっても、「世界の中の日本」という立場を、常に頭に置き、登場人物を動かさないと、その人物が見えなくなってしまいます。
令和の今、人物評価が改めて問われる時代になりました。「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~は、そいう新しい時代認識、時代背景を踏まえて執筆しています。

 

コロナ後に、何が起きるのかと、巷間いろいろと言われていますが、随分と厳しいものになると思います。現在「Double Standard(日本壊滅)」の執筆を始めましたが、筆が止まる事がたびたびあります。社会は、私の想像を大きく越えて、監視と規制が強化され、情報全体主義が進んでいます。
このままでは歯止めが止まりません。近未来が「意図的に作られたレール」へ加速度的に収斂してしまいます。それは世界中の事象が、より過激なDouble Standardになって、言葉の意味(則ち問題の本質)が、根底から書き換えられてしまうということです。これを画策している者達は間違いなく世界に存在するのです。例えば「安心・安全」「人種差別」「男女差別」「環境問題」「人口問題」等々、その裏側をじっくり見ていくと、そこには人間の醜さと打算が、はっきりとみてとれます。
大変失礼だが、SDGsのバッチを付けている方々は、その本質をどれ程理解されているのかと、バッジを付けたその顔を凝視してしまいます。まあ、立派な方もいらっしゃるでしょうが……。 私には滑稽としか思えません。
現代の英智の一人と言われるフランス人(名前は敢えて伏せておきます)が、仏教根本教義の「自利利他」思想の表層を援用し、彼等西洋思考の狭義な解釈をしています。彼が本当はお○鹿なのか意図的かは判りませんが、無防備に鵜呑みにすると、間違ったところに導かれますよ。
本来、日本の仏教界の面々は、お布施や戒名料、はたまた俗世の政治権力闘争に齷齪(あくせく)するのではなく、こういう思想に対して、反論しなければならないのですが、そんな勉強家は余りいないか……。私の尊敬する現役の仏教家が一人おいてですが、その凄さは拡がりません。

 

また、「フランスでは」「ドイツでは」「スエーデンでは」という、軽薄丸出しの「出羽守」(でわのかみ)の文化人も姦(かしま)しい。またそれらのいい加減な解説をありがたがるテレビ視聴者も困ったものです。在留邦人のブログや動画を見るに、メディアに顔を出す似非文化人の発言は、都合のいい切り取り情報と判るのですが、テレビ情報しか知らない視聴者は、なるほどそうかと思ってしまいます。いくら飯の種とはいえ彼等解説者、コメンテーターの良心は何処にあるのでしょう。厚顔無恥(こうがんむち)とはこういう人間をいうのです。
厚化粧をした狸のような日本最大都市の首長さんは、テレビの「ワイドショー」を見て、その空気で物事を決めるといいます。自己保身とその場凌ぎの行政、都民ファーストとは、どの口が言うのでしょうか。早くおやめ頂きたいと切に願います。
若者のテレビ離れは大変よろしい。でもスマホで、ゲームや、SNS、ゴシップ記事を漁っているだけであれば大して変わりはないかも知れません。しかし、今の日本の若者達に期待を寄せるしか、日本再生の希望はありません。次世代を担う、少年少女達に、事の本質とは何かと自得できる「教育」を!!!
                                                            2021年 7月19日  春吉省吾

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。お安くなっています。

https://nork01.myshopify.com  〈カナダ生まれの世界標準ネットショップ  ◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」「怪物生成」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

 

「ハーメルンの笛吹き男」 VOL.89

●「ハーメルンの笛吹き男」より
●2021.6.24・正午。新宿高島屋西側と甲州街道の間・新宿4丁目。木曜日の昼食時だが人出は少ないと私は思う。しかし映像は切り取り方次第で如何様にもなる……。

〈本文〉

グリム童話に「ハーメルンの笛吹き男」という物語がある。不思議な童話だ。実話をもとに作られたという。
13世紀末ハーメルンは大量のネズミによる被害に悩まされていた。ドイツは黒死病(ペスト)やモンゴルの侵攻を受けたり、近所や国内で戦争が起きたりしてパニックに陥っていた。そこに派手な服をまとった男が現れ、「報酬をくれれば全てのネズミを駆除しよう」と持ちかけてきた。
町人が大喜びで承諾すると、男は突然笛を吹き鳴らすとやがて男は郊外の川までネズミを誘い出し、一匹残らず溺死させてしまった。しかし町人はあまりにも簡単にネズミが消えた為、笛吹き男との約束を破り、報酬を反故にした。
笛吹き男は黙ってハーメルンを去っていった。そして、同じ年(1284年)の6月26日の朝、村人達がまだ眠っている時間帯、笛吹き男が戻ってきた。彼が笛を吹き鳴らすと、町中の子供達が引き寄せられて、笛吹き男が歩き出すと、子供も後から付いていく。やがて男は郊外の丘まで子供達を誘い出した。
たまたま忘れ物を取りに戻ってついていくのが遅れ、難を逃れることになった別の子供の話によると、彼らはポッペンベルク山の洞窟のなかに入って行ったと言う。町の130人の子供達は全員消え、二度と戻ってこなかった。
この物語はグリム童話として世界中に広まっているが、子供向けの児童書などでは上記の後味の悪い結末が改変されている。約束を守らなかった報いだという勧善懲悪や、子供達だけの幸せな楽園に行ったなどとハッピーエンドに変えられている。
しかしハーメルンの笛吹き男は実に暗示的な寓話なのだ。ペストというパンデミックは「武漢ウイルス」のようであり、「ワクチン接種をすれば、ウイルス(鼠)を駆逐してあげますよ」という甘言に乗って、いつの間にか、ワクチンを接種した老人を筆頭に次々に消えていく。それはやがて若年層から年少者に及ぶと、ワクチンを接種しなかったものだけ(ハーメルンの笛吹き男では「難を逃れることになった子供」)しか生き残らない。
政府の公式発表、NHKをはじめ、日本のテレビ、新聞から切り取られた情報しか得ていない方には、私が何を言っているかチンプンカンプンだろう。判ったときには手遅れということもある。残念ながら人間の歴史は常にそうだ。そんなことは一切知りたくないし、考えたくもないという方は、以下は読まないで結構だ。(以下は、多少なりとも知りたいという方への記述である)
事の流れはこうなっている。
今回のコロナウイルスは、中国武漢研究所で人工的に作られたということは、一年半前から、ノーベル賞受賞者をはじめ優れたウイルス学者達が警告してきたが、社会は一切封印した。
ここに来て、封印仕切れなくなったとみるや一転してアメリカ議会、欧米メディアは報道し出した。日本は中国に忖度し、未だに黙認。報道の存在意義ゼロ、寧ろマイナス。
「人工的に作られたウイルス」ということは非常に重い意味を持っている。つまり、第二、第三の変異株をヤクザ国家中共が、彼等の都合によって自在に流失させることが出来る「生物兵器」を獲得したということだ。当然ワクチンは、更に進化する変異株に対応できない。
これを黙認していたのは米国のコロナ皇帝として君臨するファウチ博士だが、彼は5年以上も前から知っていた。彼の所属するアメリカ国立衛生研究所 (NIH)は、武漢ウイルス研究所に60万ドルもの資金を提供していたのだから……。アメリカで禁止されている「機能獲得(遺伝子変異による新たな機能の獲得)実験」をさせるためである。彼は「武漢ウイルス研究所に資金提供したことはないし、機能獲得実験など全く知らない」と弁明しているが虚偽である。この武漢研究所に、様々な隠れ蓑の支援団体機関を通して、間接的に資金を提供していたのは、マイクロソフト創業者ビルゲイツやフェースブックのザッカーバーグ、Googleなどである。
一連の金銭の流れと人間の関連を見るとはっきりするが、詳細は会員限定で論述する。
ここではビルゲイツが何を考えているのかが判る講演の動画を貼っておく。彼の頭の中は「ハーメルンの笛吹き男」なのだ。
また10年前に表明された「ロックフェラープレイブック」(Rockefeller Foundation)がある。あのロックフェラー財団が発表したものである。今回のコロナウイルスに関する事が10年前に正確に予知されている。これは予知というよりもシナリオだ。陰謀論でも何でもない。全て検索すれば出てくるのだ(多くは消されているが、上手に辿るとゲットできる)。これらを総合してみていくと、彼等は間違いなく繋がっていると「猿」でも判る。但し、武漢研究所のインモラル、中国共産党がここまで暴走するとは、さすがの金融ディープスティトやIT情報成金達にも予測外であった。彼等から資金を受けているアメリカ主要メディアはこれまで一切封鎖してきたが、ここまでバレてしまったので、仕方なく露出したというのが現在までの成り行きだ。
ここではゲイツのスピーチのほんの一部と、「ロックフェラープレイブック」に関するサイトのみを貼っておく(Rockefeller Foundation)は数十ページのレポートなのでご興味の方は探してみるといい。そしてそれぞれの頭で考えて欲しい。
それにしてもこんな奴らに、我々の生殺与奪の権を握られていると思うと、悔しいこと限りない。
                                                                                      2021.6.28                                                                                      春吉省吾ⓒ
 (「森の中で」さんの2021.03.20と2021.03.21ブログ記事です)
https://www.youtube.com/watch?v=3e7jwjPwKrg  (ゲイツ講演の一部)
春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。 
https://nork01.myshopify.com 〈カナダ生まれの世界標準ネットショップ  ◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い  〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

教典に遊ぶ VOL.88【日本が世界が狂いかけている今】

 

●あじさいの季節。土壌が酸性かアルカリ性かで、紫からピンク色と発色が変わる。鮮やかな紫のあじさいは5月の半ば、妻への誕生日プレゼントに求めたもの。他は散歩の途中、見事な住宅街のピンクのあじさい。公園のあじさいと、がくあじさい。6.15
●タチアオイ 笹塚の駅近くで見かけた。なかなか可憐な花だ。名前がいい。 6.8
●夾竹桃。いつもの公園に沢山咲いた。ただコロナよりも毒性が強いのを知っているのかな、渋谷区長さん。6.15
●久しぶりに、ジョギング・ウォーキングで中野区の南台商店街へ。11時だというのに人通りはまばら。一年半前には信じられない閑散さ。コロナ対応による人災だ。 6.15

〈本文〉「Double Standard (日本壊滅)」という哲理的随筆集をようやく執筆しはじめた。
このジャンルの本は、これまで数冊上梓したが、今回はその纏めとして、行動指針を提示するという非常に難しいテーマに取り組んでいる。それぞれに分類すれば、4、5冊のハウツウ本ができあがる。が、そうしないところが、ハルヨシショウゴの省吾たる所以である。
この随筆集を書くための書籍と資料が山積みになっている。資料を集め読み込んで、数年経つが、一つのことから派生していろんなジャンルに飛んで、「量子論から、法華経の世界まで」(実はものすごく近いと言うことが、判ったが……)、色々と調べていく内に時間ばかりが経過して、実際の社会のDouble Standard現象が、余りに激しく、目を覆うような悲惨な状況になってしまった。早く纏めたいと思いつつも、世界中が浮き足立っている今、もう少し冷静になってからの方が、私の本はズンと響くかも知れないと思って、焦らないことにした。
また遠大な構想でスタートした「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~が、ようやく纏まった。
今回も我が盟友、福島高校21回卒(何故かこのように表記することになっている)、同窓の菅野建二君に大変お世話になった。この紙面をお借りして、謹んで御礼申し上げる。〈7月下旬には予約販売開始します〉
さて上記「怪物生成」の本文チェック、本体の印刷製本、流通販売ルートの詳細決定、しおりやDMなどの基本のレイアウトもほぼ最終段階となった。ここで急ぐと思わぬちょんぼをするので、暫くクールダウンすることにし、「Double Standard (日本壊滅)」を書き始めた。

実は、歴史時代小説を書くことと、哲理的随筆を書くこととは、読者の皆様は、同じだと思っておいでだろうが、随分と違う。小説家が、私的な随筆を書くのは、多少筆致を変えるか視点をずらして書くことで、自身の精神の均衡を保つために自由に書けるが、「哲理的随筆」は、哲学、宗教、自然科学、社会科学などの要素を纏め、社会事象を取り入れて書くので、頭の使い方も違ってくる。読者諸兄には、そんなことも頭の片隅に置いて読んで頂ければありがたい。
この哲理的随筆の副題を(日本壊滅)としたが、そのスピードが俄に早まったという危惧がある。ここでは、日本の現象面だけをざっと述べておこう。
日本の不幸は、戦後日本人が二度と立ち上がれないように、GHQの「先導教育」が大成功したことにより、76年経った現在も、自虐史観に固まった「教育」を唯々諾々と受け続けていることだ。これら「高等自虐教育」受けた人間達が、日本の指導者になってしまい、現在に至っている。日本人としての深い思想形成を何一つやってこなかったツケである。日本国憲法とその解釈にも起因している。
高齢者の80歳代から60歳代の日本人は、そろそろ気づきそうなものだが、未だに完全洗脳された人が多く、自覚していない。このままだと自覚する前に「脳内硬直」てしまう。
宗教観や歴史観を正しく教わらなかった日本人は、考えるモノサシをもたない。「自分で考え、その行動は自分で責任を取る」という事が出来ない国民は、「みんなで渡れば怖くない」と刷り込まれると「一人で渡れ」と言われても、右往左往し立ち往生だ。それならば、思考停止した方が楽になれる!日本人の大部分の回路はそのようになってしまった。
政治をする側、偏向報道を流し続ける側にとっては、これほど楽な対象はない(対象とは「日本人」のことだ)。中国CCPか朝鮮の工作員かと見まがうほどの切り取り、切り貼りをしても、騒ぎにならないことを知っている。確信犯だ。

中国武漢由来のコロナ禍によって、PCR検査をせよ、やれ変異ウイルスだ、第何波だ、ワクチンを早く手配せよ、果ては「ゼロコロナ」などど日本中が狂乱しているが、これらは殆どがマスメディアの煽りと、利権と目先の銭に固執する政界・財界、あるいは専門家と言われる輩の我欲と無知によって起こっている。また国力を弱体化しようと企む意識的な者もいる。
その元凶の一つはマスメディアだが、それに対して無防備な日本人は哀れである。受信料を払いテレビにかじり付き、偏向新聞に大枚のお金を払って自ら精神的ストレスを招いている……。
扇情的なニュースを日常的に受けると、ストレスが慢性化、過剰化して何が正しいか考えられなくなる。これは脳の「全頭前皮質」のDIPFCが使えなくなってしまって「思考停止状態」になるからだ。日本国民が心理的な安定を失った。厳しい言葉で言うと「総白痴化」で自業自得だ。

コロナの影響で、隠されたいろんな事が露出された。世界の大きな事から、ごくごく些細なことまで、経済・金融、簡単に言えば、「銭」の流れと「利権」の流れを追っかけていくと、キーになる人物、人間関係、隠れた団体・組織がくっきりと浮かび上がる。「なんと、そういうことか」とわかる。
だがそれを知ることは覚悟がいる。「知った後、あなた自身はどういう『言挙げ』をして、意志決定するのかと問われるからだ」。今の大多数の日本人にそこまでの覚悟があるとは思えない。「ワクチン狂騒」を見てそう思う。
現在、緊急事態宣言が発令中だが、これといって私の日常は大きく変わらない。こんなことで変わっては何のために70年間生きてきたかその意味が無くなってしまう。
私は今、随分前にいい加減に読み飛ばした「法華経」と遊んでいる。遊んでいると言えば、不遜に聞こえるかも知れないが、「遊ぶ」いや、実は「遊ばれている」のだが、道元が、日蓮が、白隠が、宮沢賢治がどの部分に強く引かれたのか、何故、空海が法華経を否定したのかと思考に遊んでいる。日蓮は空海を徹底して嫌ったが、それはそもそも空海と日蓮の目指す世界が違うからだ。日蓮はムキになりすぎてずれてしまった。但し私は、日蓮の「立正安国論」の先鋭な現状認識と、危機意識に、共感する一人だ。誤解しないで欲しい。
まあずれていると言えば、その日蓮の根本思想、法華経の異次元の空間を、本来広く知らしめなければならない立場の創価学会ひいては公明党の日本を売る親中思考「無教養」はどこから来るのか、首を傾げる。日蓮の教えと真逆な行動を取っている。「Double Standard (日本壊滅)」の格好な反面教師となる。
それにしても「法華経」を漢訳、いや意訳創造した鳩摩羅什の人間的苦悩を、檀家仏教に堕ちた、今の僧侶達は何処まで知っているのだろうか。
2021年 6月16日  春吉省吾

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、
「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/
●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

祝!! 「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~ VOL.87

●4月26日 新宿遠望・桜の若葉もいいね。●5月4日 中国CCPによって、いきなり契約出荷が破棄された「台湾パイナップル」。甘くて美味かった。意地の悪い中共の常套手段に負けず頑張って欲しい。
●4月29日 散歩道のスポット。●4月29日 黄菖蒲  ●ラベンダー
●5月9日 日曜日の11時、下北沢駅の界隈、人出は驚くほど少ない。
●5月9日 東北沢の駅近く、歩道に咲き誇るバラ。勝手に撮影させて貰った。バラの香りで1日が豊かになる。

〈本文〉「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~、5月6日脱稿いたしました。400字原稿用紙で、600枚です。昨日、原稿を音声変換で確認していましたが、満足の仕上がりです。今回から印字ソフトも従来のものから変更し、印字ミスを少なくしようと務めました。(要らざる印字ミスは筆者の痛恨事です)実際の書籍はB6判本文500ページになります。5月9日に高校の友人で同級の菅野さんに、アドバイスを頂くべく脱稿した原稿を送りました。

その間、作家春吉省吾から職種チェンジ。表紙デザイン、DTPデザイナー・オペレーター、PRリーフレットの作成、YouTubeの動画作成などのクリエーターに変身します。また見積もりを取って原稿を手配し、何冊作り、価格はいくらにするか、Kindle版(電子出版)も同時に販売するか、書籍流通を通すか、アマゾンと弊社が2本有する「春吉省吾ネットショップ」に限定するかなど出版経営の極めて現実的な作業も実施します。在庫の置き場所の手配もします。一人で使い分け使いこなしをして何十人分を行います。これは私だけが出来る異能だと思っています。同時に、第二巻も書き始めています。タイトルは決まっています。【破天荒解】(はてんこうかい)というタイトルです。意味は「いままでだれも成し遂げえなかったことを実現すること。また型破りなこと」という熟語です。この先、何巻も続きますが、本シリーズの特徴は「各巻読み切り」です。ですからどの巻から読んでもまごつかないようになっています。勿論、最初からお読み頂ければ尚結構です。

この歴史時代小説は、これまで日本の先輩諸作家の方々誰もが試みなかった画期的な執筆上の意図があります。まあ詳細な意図は作者の胸中に留めるとして、このシリーズでは「確たる自己を持ち、慈悲と勇気を備えた、正しい意志決定の出来る日本人」の一助になりたいという願いを込め執筆しています。

主人公の宇良守金吾(宇良守藩旗本六千石)は、逼塞感と無節操な我欲がはびこる天保末期から、明治初期の時代背景の中で、全知全能を尽くし、自ら作り上げた「宇良守軍団」を縦横に動かし領民一人一人とその仲間達の暮らしと幸せを守る為に、時に非常な策略で、敵対者や権力者、既得権益者に対して、常に先回りして行動します。その金吾の行動と戦略は具体的にかつ精緻に記述しました。経営者にとっても面白く学べる小説です。旧来の幕末から維新の既存の歴史既成概念を打ち破り、歴史的事実認識を新たに読者に理解頂こうと、時代の深層を暴き、世界の中の日本、世界経済の中の日本、連綿と重なり合う血縁の歴史の中の日本と、今まで総合的に触れていなかった問題についても、小説の中で記述しています。  偏向した歴史教科書や、従来の通り一遍の幕末明治維新を賢しらに賛美した小説とは明らかに違うはずです。私のこの小説シリーズを読んだら、従来の幕末時代小説は何だったのだとお思いになるかも知れませんし、頭の固い方達は違和感を感ずるかも知れません。当然です。そのような小説はかつてなかったのですから。いずれにしてもこの小説を読んだ後は、あとに戻れないと思います。

とにかく、宇良守金吾、実にスカッとした超天才、しかも従来の「霞を食って生きている」ような主人公ではなく、経済・金融、政治的駆け引きも抜きん出て、戦略・戦術を使いこなし、人間の機微もわきまえている。こんな男がいたら、誰もが虜になってしまいます。書きながら、私、春吉も羨望することがままある……。内容は順次、ブログ内で紹介していきますのでお楽しみに。発売は、7月下旬、8月上旬を予定しています。(新シリーズ発刊記念として「春吉省吾ネットショップ」から予約頂いた方には限定割引を予定しています。7月半ばに告知致します)

さて早いもので、私、春吉省吾は古稀から半年が過ぎようとしています。病気をして3年3ヶ月、お陰様で元気で生活しています。寧ろ60代よりも、元気かも知れません。と、気持ちは切れないようにしています。コロナの影響で(物事は全て前向きに考えることにしています)、外で深酒する事も無くなり、何となく入会していた「会」は全て退会したし「義理で云々」という煩わしさも一切なくなりました。仕事柄、毎日12~14時間は机に座っているので、それ以外の時間は、とにかく身体を動かすことにしています。一日おきにジョギング・ウォーキングを混ぜ8千歩カウントし、途中立ち寄る公園では、刀や木刀を持たない居合のシャドー形稽古をしています。皆、不審がって遠巻きに通りすぎるから、絶対に「密」にはならず「離」そのものです。帰り道は食材の調達などで、スーパーに立ち寄ったり、馴染の和菓子屋に立ち寄ったりもします。その時によって、それらのコースは10セットぐらいあるのでマンネリにはならないですね。他に週2回は、弓道の自由稽古をしていますが、東京都の緊急事態宣言で渋谷区の施設がまた利用できなくなりました。残念ながら弾力的できめ細かな施設利用がされていません。もっときめ細かなサービスをすべきで、これが出来なければ、スポーツ振興、区民福祉などは「画餅」です。これは区長以下、区政能力とも関係があるかも知れません。渋谷区民として苦言を呈したい。それにしても、東京都民はとんでもない自己顕示欲の強い、都民に害ばかりもたらす首長を選んでしまったものだ。都民の一人として慚愧に堪えません。宇良守金吾のような指導者は、有史以来、日本には数えるほどしかおりませんが、「怪物生成」~初音の裏殿・第一巻~を楽しみ、憂さを晴らすだけでなく、主人公の宇良守金吾が本気で悩み、悲しみ、そして希望を持って行動するその生き方を通して「人間」の根源そのものに思いを馳せて頂きたいというのが、原作者の願いです。                                                          2021年 5月10日  春吉省吾ⓒ
春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。

https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉

●「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

 

当然と驚きと・次世代の若者達へ  VOL.86

今年楽しませて貰った「櫻たち」。3月23日から3月31日まで。事務所近隣と都内各所。
【本文】

●どう取り繕っても「新型コロナの蔓延」は中国共産党の責任だ。それを希薄にしようとしているのは誰が何の目的でそのようにしているのだろうか……。
中国武漢由来の新型コロナは、イギリスで変異し、それがヨーロッパに伝搬し、完全ロックダウンを強いられた国々が3月に入って増加している。またPCR検査をすり抜ける新たな変異ウイルスが見つかったというが、そもそも精度60%のPCR検査というモノサシも危なっかしいのに、変異ウイルスは何十種類と増殖中だ。「新型コロナ」は様々に変異する厄介なウイルスだという認識は当初から確定事実の一つであり、何を今さらあたふたするのか。万一罹患してしまったら自己免疫力で自然治癒するしか方策がないのだ。(自制しつつも自己免疫を付ける努力のみ)
オールドメディア(テレビ・新聞などのマスメディア)は、全ての日本人にPCR検査をせよと、不安と恐怖を煽り立てたが途端にトーンダウンしたのは何故だ。不完全な精度の検査をしてたまたま陽性になったものまで「感染」と見なされ「無症状感染者」と認定される。
「お前らはマッチポンプか?」「そうです、絶対責任を取らないマッチポンプ」なのだ。
無症状感染者」と判定された患者が、じっと家に閉じこもって、感染拡大を押さえるという現状の政策は、この先第四波、第五波と何処までも続く「悪夢の無限ループの罠」に陥る。
「感染症法」の第二類(ジフテリア、結核、鳥インフルエンザなど)の現在の括りから、もう少し柔軟に「新型コロナ」の扱いを見直さないと、法律が医療崩壊を促進してしまう。
ヨーロッパ各国、そしてアメリカの毎日の新型コロナ感染者と死者数と、日本のそれらの桁が2桁も違う。インドなどとは3桁も違う。他国と横並びにする妥当性はない。
同じ事がワクチン騒動にも言える。
感染者の少ない日本では、初期患者に、重症化しないように「アビガン」などを投与をする事が有効と考えるが、厚生省は未だに認可しない。薬品業界の既得権益を侵したくないからだ。
そもそも感染者の分母が少ない日本で、次々に変異する新型コロナに「遺伝子ワクチン」を接種しても際だった効果があるとは思えない。私は塩野義製薬が試験中の「遺伝子組み換えワクチン」ならば考えるかもしれない。だが現状では「金臭いワクチン」、それも自己免疫疾患を引き起こしやすい遺伝子ワクチンと知ってしまった私は接種しない。しかしおかしな事がヨーロッパで起こった。4月上旬ヨーロッパ人権裁判所が、ワクチン強制は合法という判決を出した???
世界が狂ってきたぞ!!! 人権の意味を歪曲した「ワクチンパスポート」などの動きも危険だ。

 

●既に武漢由来の「新型コロナ」の対処法は、昨年の4月20日にアップした私の随筆「感覚を研ぎ澄ませて、新しい『視座』を考える……VOL.63」に全てが語られている。凡そ、一年前になるが、その思いは今確信に変わっている。その中の核になる数行はこうである。

実は今回の「新型コロナ」の一番恐ろしいことは、従来の思考と行動を根本から、機能不全にしてしまう厄介なものです。新型コロナがひとわたり落ち着いたあと、我々の生活は、根底から変わることを余儀なくされます。それは社会システムが変わることは勿論ですが、そこで生きる我々に「あなたはどのようにあなたの人生と向き合うのですか」と厳しく問われていることだと思っています。
その新しいシステムは、取り立てて奇抜な中にはありません。冷静に世界を観察し、自分の視座を定めることです。そしてそれは人を慈しみ、人倫日用の生き方の中からしか生まれません。吉村春明(秋の遠音の主人公)は最後まで第一線の「現場」で、自分自身と向き合いました。
作家春吉省吾は、その全てを「秋の遠音」の中に描いたつもりです。
社会は、常に「現場」の中でしか変えることは出来ません。コロナ医療の最前線で、危険と向き合い戦っている「現場」の医療関係者の方々に、最大の敬意を表して、この文を終えます。

何度も言うが緊急事態宣言のそもそもの骨子は医療崩壊をどうやって食い止めるかと言うことだった。ところが小池百合子都知事は重症者の病床数とそれに対する看護医療従事者の報酬を上げる事など全くせず、自粛自粛と騒ぎ、コロナ軽症者受入れに40億円かけて五輪警察官宿舎を改修したが一度も利用せず元の状態へこっそり戻したという。重症者用ベッド数の虚偽報告、ホテル隔離陽性者への医療措置拒否、その間、役立たずの自己PRコロナ自粛広告費が11億円。これらの資金を、日夜医療現場の第一線に詰めている医師・看護師達に配分したらどれだけ役立ったか……。「新型コロナをダシ」にして、自己のポジショニングを有利にしようとする軽薄さといやらしさ。都民の税金を悪用する小池百合子知事は万死に値する。

 

●35数年前、香港から中国との「深圳」国境を眺めても農地が広がるだけであった。しかし今、HUAWEIの大施設がある。景色は一変した。また澳門から入国して、珠海の工場視察をした。一台の宇部興産製の大型プラスチック射出成形機の周りに何百人もの女子工員達が、出てくる部品を待って、ぼーっと並んでいた姿が焼き付いている。
凡そ2年半ほど直接間接に香港と関わった私だが、それらをこの目で見てきた私にとって、現在の中国共産党の動きを全く予測できなかった。こんなヤクザな国家になろうとは想像もしなかった。当時から鄧小平の小ずるさは、天安門事件の前から香港の人々や、英国人も言っていたが、現在のような世界中に害をまき散らす中国共産党の独裁を予見した者はいなかったはずだ。
化け物の様な集団にしてしまったのは、アメリカの民主党政権であり、田中派を中心とした日本の親中派議員(公明党も含む)、日本経団連の大企業である。
日本の対中国ODA(政府開発援助)援助は、改革開放政策が始まった1979年以降、円借款、無償資金協力、技術協力を約40年間で計3兆6500億円余り拠出した。道路を含むインフラ整備などを通じて中国の近代化を支えてきた。「北京空港」などは、殆ど日本の資金で完成したような施設だ。

 

●1989年、北京で民主化を求める多数の一般市民を武力で弾圧虐殺した「六四天安門事件」が起こる。世界中の中国バッシングの中、宮澤喜一内閣は日本国内の反対を押し切って1992年(平成4年)10月に天皇皇后両陛下の訪中を強行した。中共は天皇皇后の訪中を免罪符にして、蘇生した。反社モンスターにしてしまったのはそこからだった。
その間、中国が急速な経済発展を遂げ対中ODAを疑問視する声も上がったが、そのたびに、親中議員、経団連の圧力で2007年まで供与が続いた。その3年後の2010年、中国は国内総生産(GDP)で日本を抜き、米国に次ぐ世界第2位の経済大国にのし上がった。「泥棒に追銭」とはこの事だ。
ODAによって見返りを追求した経世会(田中角栄の一派)や経団連、創価学会などは、目先の利益・利権に目が眩み、矜持を失い、いまや日本国民を侵略の危機に追い込んでいる。
私の知る数名の社長達は、中国に進出したが全て失って撤退している。「損切り」できない指導者・経営者は、三流以下であり、日本の大企業のトップや国家的意志決定をする政府与党のリーダーとしての立場にあれば、「売国奴」として将来歴史の汚点となる。

 

●思えば、1972年(昭和47年)9月、日中国交正常化を果たすべく、訪中した田中角栄首相は毛沢東や周恩来と面会した。外相は大平正芳氏であった。
その際、周恩来から記念に一枚の色紙を贈呈された。色紙には「言必信行必果」(その人は必ず言葉を守り、必ず結果を出す)と書かれてあった。
喜色満面の田中首相とその色紙の写真が新聞に掲載された。
ところが、それを見た陽明学者の安岡正篤氏(戦後の宰相達が師と仰いだ黒幕。最後の愛人は「占いおばさん」の細木数子さん)は、我が国の宰相とその取り巻きの無教養ぶりを嘆くとともに、中共指導部のしたたかさを指摘したという。
論語のそのあとの言葉は、「硜硜然小人哉」と続く。意味は、「だがそれだけの人なら、人としての器は小さい」。周恩来恐るべしである。習近平は「毛沢東を超えようとするピエロのような兇状持ち」のようでわかりやすいが、周恩来は「羊の皮を被った狼」だ。この先、周恩来のような天才指導者が出現すれば、日本は根こそぎ中国の属国になってしまう可能性がある。

 

●だが安岡氏のように日本の指導者の無教養ぶりを嘆く前に、私は問いたい。江戸期以来、明治、大正、昭和、平成、令和と中国研究者・学者(所謂、漢学者)の殆ど全ては、論語、孟子、陽明学のエキスをもって、中国とはそういう国だと日本人に啓蒙してきたではないか。しかしその認識は根本で間違っていた。中国人の本当の倫理観はそんなところにはない「はじめに物ありき」なのだ。
孔子・孟子は中国において「ルサンチマン」としての思想であって、大衆には普及しなかった。
権力者はその一部を朱子学の厳しい身分階級制度に作り替えたが、中国人民の本質は現実の「実」優先の権力主義だ。私は、数十年前に加地伸行先生の著作を読んで愕然としたことを覚えている。まあ、逆説的に言うと、日本には教養としての上澄みだけが移入され、以来400年以上、至誠・礼節・仁愛の啓蒙書として利用されたのは、幸いなるかなである。「論語・孟子」は日本の教養書としてある。その裏側の中国人の本質を知るに至らず今に至っている。孔子以前の「原儒教」の恐ろしさ、日本との倫理観の違い、残虐さを前述の漢学者達は黙殺した。
そうでなければ、中国共産党の戦略の一環として「孔子学院」の真の目的を知らないで誘致した日本の大学当局は余程の「馬○」である。早稲田よ立命館よ目を覚ませ!! 特に情けないのは、中国人よりも漢字の成り立ちを知る世界の漢学者、白川静先生の「立命館」が、中国共産党のトラップに填まっていることだ。30年前の中国と、現在は全く変質している。(孔子学院は、スパイ養成・情報収集学校・工作学校だ。前米国防長官ポンペオ氏が徹底排除したのは、その故である)

 

●日本の隣国に「反日国家」が存在するのは実に厄介だ。戦後75年以上経ち、生まれたときから徹底して「日帝」「反日」と教育された国民と、この先仲良くなれるだろうか?
これら反日国家の指導者の殆どは戦後生まれとなった現在、自分たちの政権に都合が悪くなると、日本叩きを公然とする。何十回と煮え湯を飲まされたことをよもや忘れてはいまい。
更に厄介なことに、日本のオールドメディアの中に多くの「反日」分子がいる。南京大虐殺や、慰安婦(「従軍」慰安婦ではない)の事象を過大に歪曲偽装し報道するマッチポンプのような輩がいるのだから手が付けられない。これも、戦後75年GHQに洗脳教育され、ソ連・北朝鮮などからやってきたスパイの巧妙な手口に乗せられ今に至っている。日本は隙だらけなのだ。
当人達は気がついていないが、現在60代、70代、80代の老人層の多くは、完全に洗脳されている。それに薄々気づいても、今さら宗旨替えする勇気も努力も放棄している。深く考えることをせずに、日本を駄目にしてしまった。どうか今からでもいいから、頭の掃除をして貰いたい。しかし「NHKを見なかったらどうやって生きていくのだ」とのたまう方々には無理かな……。

 

●中共に支配されてしまった14億の民は、あらゆる行動が徹底的に監視され、少しでも反抗の兆しを見せようものなら抹殺される。人権無視の法律を勝手に作ってしまうような指導者達は、その地位を利用し蓄財に走った。上海閥の江沢民一派の隠し財産を習近平が収奪しようとして、香港人権問題が起こったという見方も出来る。もともと中国領土でなかったチベット、ウイグル、モンゴルに住む少数民族の大虐殺、人権無視の弾圧は、地域に眠るレアメタルや新疆綿の生産を独占しようとする物欲と利権もその根っこにある。
イギリスBBCは、数十万人のウイグル族の強制労働、収容所での性的暴行、強制不妊手術などを報道した。中国の新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐって、欧米各国は歩調を合わせる形で自治区の当局者らに制裁を科した。さらに、アメリカやイギリスなど5か国の外相は、現地で人権侵害が行われていることを裏付ける「圧倒的な証拠」があるとする共同声明を発表し、一致して中国に圧力をかける姿勢を鮮明にした。情けないのは、田中派の利権を引き継いだ二階幹事長や、創価学会に従属する公明党などの親中議員、中国と取引をしている有名企業だ。ユニクロ、無印良品、アシックスなどは目先利益の本音が見える。ソフトバンクも楽天も同じ穴の狢だ。
前2社の製品は利用していないが、アシックスは私の愛用品だ。創業者の鬼塚喜八郎氏は私が参加していた経営勉強会の設立発起人の一人だった。生きていたらどんな決断をされただろう。
何しろ、中国とは日本全体で一日480億円の取引がある。厳しい国際世論の中で、日本の経営者達はどう舵取りをしていくのか。30年前の天安門事件から現在まで、中国の動きを精査すれば、どう動けばいいか判る。政経分離を標榜する現在の中共との戦略では、決して上手く行くことはない。この中途半端さが、同盟国アメリカとの関係も危機に陥れる。

 

●アメリカの過激左傾化に歯止めが効かなくなってしまった。全米を覆う、オールドメディアの左傾化、というよりも目を覆いたくなるような全体主義的活動を誰が予測しただろう。
30数年前、レポーターが身体を張り、天安門事件の悲惨さを世界に伝えたテッド・ターナー創業のCNNは、当時輝いて見えた。しかし今や偏向報道と腐敗を自ら率先するプロパガンダになりはてた。そんなことになろうとは、私だけでなく誰が予想したであろう。
組織は時とともに劣化する。強い企業理念が薄れ劣化していく。実に素晴らしい反面教師だ。
同時に、ビックテックなど急激に成り上がった経営者の思想は薄い。だから偶然に富を得たことで、覇権に目が眩んだ。その富は何処に廻ったか。多くは再投資でウォール街に流れ、金融経済を膨脹させる一因になった。現状の社会を変革しようというそれ自身のお題目は正しいが、実際は破壊と混乱を助長させるBLMやアンティファに資金が流れ、無秩序の全体主義を助長している。彼等はその危険性とエゴに気づかない。
グローバリズムという言葉の意味をはき違えると、社会を傷だらけにし、分断し多くの中間層の発言力を奪い、税負担を増やすことになる。世界は今、そのような道に突き進んでいる。
この20数年日本は、世界で唯一マイナス成長の国である。財務省主導の経済政策を実施すれば、益々貧困国になってしまう。今こそ経済と国家そして政治が緊密に結び合わなければならないのだが、「グローバリズム」という幻影の下に、日本はその波に呑み込まれ続けている。馬鹿な話だ。

 

●アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは禅に傾倒した経営者として有名だ。曹洞宗の乙川弘文禅僧に影響を受け、その製品に「ミニマリズム」の精神を活かし、いわば水墨画の様に禅の「省く精神」により製品ラインナップを絞って、大成功を収めたと言うことになっている。しかしマスコミが作り上げた成功譚をそのまま鵜呑みにしてはいけない。
20年以上使い続けた日本最初期のパワーマックユーザーの一人として言わせて頂ければ、ジョブズはシステムソフトが限界に達した時、商売の道義を忘れ、そのツケを全てユーザーに支払わせた。従来のシステムソフトが使えなくなった。当時業務デザインに利用できるパソコンは、アップルコンピュータが寡占状況で、利用されるアドビフォントもとてつもなく高価であった。そのアップル創業者のジョブズの精神構造は、決して禅のそれではなく、実に浅いものだと思っている。禅とミニマニズムは別物であり、禅の思想をそんなに安っぽく見てはいけない。
アップルコンピュータのこの経緯は、現在誰も語らないが、ビジネスとして一番大事な「顧客」への「愛」と「感謝」を切り捨てた。ジョブズが「禅の精神」を実践したとはおこがましい。
寡占状態にしておいて、自社の企業の利益をごり押しするアップルのこの仕業は、皆さんどこかで見聞きしていませんか。そうです。競争相手を買収し妨害し、市場シェアを確保して顧客を囲い込んだとみるや、自社にとって都合のいいエゴを押しつける。マイクロソフト、アマゾン然り、Google、TwitterやYouTubeなど全て同じ手法だ。

 

●中共とアメリカの間でふらふらと漂う日本。コロナ禍以降、日本全体が不気味な言論統制に置かれたような気がする。日本の再台頭を恐れた進駐軍の政策は、敗戦後75年、未だ我々日本人を縛っている。平和憲法はじめ教育制度によって、日本人が日本人としての誇りを持てない国になり果てた。マッカーサー進駐軍政策は、この75年間の時を経て実に素晴らしい成果をあげた。何しろ自国を自力で守れない「平和国家」にしてしまったのだ。
戦後経済活動にひたすら邁進した日本は「ジャパンアズナンバーワン」などとおだてられ、アメリカを脅かす存在になるや強烈な規制を喰らい、挙げ句、その技術は中国や韓国に盗まれ、半導体やITネットワーク開発にとどめを刺された。あくせ働いたその結果、「日本発展の知的・技術的資産」をズタズタにされ、「我々は何のために働き、頑張ったのか」という空しさだけが残る。
ひとえに日本的哲理・教育を徹底的に軽んじた結果だ。
本音と建て前がこれだけ乖離し、利権が横行していても、正しい「言挙げ」言論を封殺、無視している日本型「ダブルスタンダード」がこのまま続くのか。そうだとしたら「日本型社会主義」とは何と卑怯な息苦しい体制なのか。私のブログVOL.83で論述したが、日本はオールドメディア主導の消極的全体主義という定義は正しい。しかしそれが正しければ日本は滅びる。
果たしてプロパガンダの罠に落ちつつある日本人は、自分の頭でどのように考えたらいいだろうか……。だが「狂ったモノサシ」を基にした情報を毎日何十回何百回と、見聞きさせられている多くの日本人は、自分の頭で考えられなくなっている。

 

●ナチスドイツの天才的宣伝大臣のヨーゼフ・ゲッベルスはこう言った。
「プロパガンダの秘訣とは、狙った人物を、本人がそれとはまったく気づかぬようにして、プロパガンダの理念にたっぷりと浸らせることである。いうまでもなくプロパガンダには目的がある。しかしこの目的は抜け目なく覆い隠されていなければならない。その目的を達成すべき相手が、それとはまったく気づかないほどに」
ソ連軍によるベルリン包囲網が狭まる中、ゲッベルスは首相官邸の中庭で自殺した。彼の精神構造で留意しなければならないのは、彼自身、プロパガンダ行為を「イカサマ」とは思っていなかった節がある。それか怖い。
中共の徹底した反社的無謀は見える。利権やハニートラップで犯されたアメリカ左派勢力の過激さ堕落も見える。日本のNHK、朝日、毎日、共同通信などのプロパガンダの「幼稚性」も見える。 しかし、その背後で「見えないもの」が確かに蠢いている。いままで陰謀論と言われ否定されていた「陰謀」が実は本当に存在しているという断片が散見される様になった。それらピースを集めると、果たして……。
既に古稀を過ぎた私にはこうして駄文を綴るしか方途はないが、それでも拙文を真剣に読んでくれる日本の若者達の英智を堅く信じている。                                    2021.4.13  ⓒ春吉省吾

追伸 現在「怪物生成」~秋の遠音・第一巻~の最後の部分を執筆しています。主人公宇良守金吾の大活躍は冊子でどうぞご堪能ください。発刊は7月中には……と思っていますが、多少遅れるかも知れません。ノーク出版ネットショップから特別価格で販売の予定です。アマゾンにも限定出荷しますが、一般書店売りは予定しておりません。またアマゾンKindle版も予定しております。

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、
「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/
●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉

「秋の遠音」読者からの感想と春吉省吾の近況  VOL.85

 

●琉球王朝祭り・沖縄観光協会提供
●「四つ竹」琉球古典舞踊・沖縄県提供
●健気に早咲き・2021.3.18
●健気に早咲き2・2021.3.18

●2021.3.18井の頭通り、富ヶ谷交差点。それなりの交通量です。
●2021.3.18山手通り代々木八幡前。結構込んでいますね。しっかり経済活動しないとね。

北海道のハンドルネーム「平八」(という名前ならプログに掲載して良いという許可を頂きました)様から、拙著「秋の遠音」の読後感をお寄せ頂きました。ご紹介させて頂きます。

【読後感】
春吉省吾様 本日、上中下巻読了です。
まるで自分が吉村土肥助(春明)になり、同時代を生きているような感覚におそわれました。
これまでは歴史というものを物語として、過去にあったこととして出来事の大小をつなぎ合わせて なんとか整合性あるように統合しようと努めておりましたが、所詮、TVドラマ仕立てのモザイクのようなもので、まったく活きた物語にはなっておりませんでした。
本書を読ませていただいてそれがわかりました。胸騒ぎを覚える同時代の人々の生きる世界が一気に腹の中に入ってきました。自分自身が 歩いて三池、京都、江戸、下手渡を行ったり来たりしておりました。
このような小説?があるんだということにも深く感銘を受けました次第です。ありがとうございました。 2度3度は引き続き読み直して、読了感をまとめるつもりです。
そして、私の友人たちにも勧めて行こうと思ってます。
なお、読んでいる時に私なりに「おやっ」と気づいた文字のカ所がいくつかございましたので浅学を省みず、別表によりみて頂きたく送信させていただきます。非礼をお詫びします。ご容赦下さい。
【私の返信】
この度は、読了頂きましてありがとうございました。そして、ご丁寧な感想と、訂正箇所をご指摘頂きまして重ねて御礼申し上げます。謹んで訂正をさせて頂きます。
こそばゆいほどお褒め頂いた読後感想、嬉しく拝見いたしました。出来ますればどうか私のブログにご紹介させて頂ければ有りがたく存じます。御許可をお願いいたします。
誤字・脱字が多く、忸怩たる思いです。言い訳になりますが、60歳になって実業を離れ、執筆作業に取りかかりましたが、出版に関するあらゆる作業、取材、資料収集、執筆、印字・割り付け、表紙デザインの制作、校正、印刷製本所への発注、保管作業、流通手配、リーフレットの作成、動画の作成、HPの制作、ネットショップの管理と、受発注の実作業、アマゾンKindleへの変換作業など、全て独りでこなしています。おそらく世界でそこまでやっている作家兼出版編集者は、私だけだろうと自負を持っております。しかしやはり「校正と校閲」はどうしても齟齬をきたしてしまいます。個人の限界でしょうか。改訂版やアマゾンKINDLE版では、読者の皆様のアドバイスを得て、完全な作品にしたいと思っておりますので、何卒ご容赦頂きたくお願い申し上げます。作家としては誠に勝手な言い訳ですが……。
世間が騒がしく、汲汲としております。○○(「平八」)様には何とぞお元気で、益々の御活躍をお祈り申し上げ、御礼とお願いにかえさせて頂きます。春吉省吾
【私の返信に対して、ハンドルネーム「平八」様より】
丁重なるご返事をいただき恐縮です。読後感想の件、とりあえず書き込ませていただいたもので、至らないものかと存じます。読後、とても一言では言い表せないものが胸・腹にしまわれており、これを表すには、まだ時間がかかりそうです。
ただ、読後直後の感想はありのままです。よろしければお使い下さい。名前はできれば、いわばハンドルネームで「平八」?とかでお願い致したいのです。
60になってからの執筆作業、そして、また膨大な作業に驚嘆します。
拝見いたしますと、おおよそ、文字変換の時に、似たような「音」の文字になっているようで、起きやすいことかと推察いたしておりました。校正と校閲だけは、岡目八目で他人の目の方が発見しやすい法則があるのでしょうね。そのうち、春吉様の後姿を拝見していて、その学びを求める若い人たちが現れるような気がいたしております。勝手な想像ですが。
最近、自分の身の回りで、注目すべき書籍と出会うことが随所で起きております。新地平に目覚める老若男女の機会起こしに益々のご活躍を御祈念申し上げます。
貴書との出会いに感謝して。
【「Amazon カスタマー」様より】2021年3月19日に日本でレビュー済みAmazonで購入
★★★★★5つ星のうち5.0
幕末下級藩士の目で描かれた日本の転換点が見える
幕末の地方の藩の大名からその藩士、税を支える農民、商人、そして国際化の大波に揺さぶられる政府、国の要人たちの議論、農民、江戸の民衆の生きざままで描かれており、とても身近に感じ取れる世界です。
一度、若い時、住んだことのある場所での生活の記憶が小説の中で呼び起されて、どの場面でも自然とつながります。
ここで自分ならどうする?というリアルな生き方の選択を想いつつ読み切りました。歴史への視点の勉強にもなります。
【春吉から】
そのような視点で、お読みいただきまして誠にありがとうございました、今後も鋭意努力いたします。

【春吉の近況】
春彼岸も過ぎ、櫻満開のこの時期は、花粉症で大変です。もう30年近くアレルギーの薬を飲んでいますが、効き目なしですね。コロナ禍でなくてもこの時期は、マスクをして外出していましたから違和感はないのですが、慣れない方は大変でしょうね。
現在「怪物生成」~初音の裏殿~の大詰めで、琉球(沖縄)を舞台に宇良守軍団の活躍を執筆中です。
1609年の薩摩藩の琉球侵攻によって、琉球は薩摩の支配下に置かれましたが、その一方、国交上は支那と朝貢冊封関係を続けるなど琉球(沖縄)は手強いです。名前も全て幼名を持ち、貴族は領地が変わると姓も変わります。親支那派と親大和(薩摩)派に分かれ、党争も身分制度と関わって複雑です。この小説では、わかりやすくすることを第一にし、沖縄語の表記はしないことにしました。()書きで翻訳しなければならず二重の手間になりますので……。
プロの物書きとして、貴重な時間とお金を支払って頂いた以上「なるほど」と納得して頂かなければなりません。そのため大きな筋立、細かなこだわりまで、様々な「仕込み」をしています。
「そうだろうな」「そうだな……」「そんなことが……」というのが多ければ多いほどその物語に厚みが出ます。例えば私の作品・歴史時代小説四季四部作に「春のみなも」があります。その中には誰も気がつかない細かな「仕込み」を何カ所も埋め込んであります。読者の殆どはスルーして読み飛ばしてしまうはずです。それは物書きにとってささやかな秘め事で、ずっと墓場まで持っていくことになります。
「最後までバレるなよ」「よっしゃ、誰も未だ気がつかない」というストイックな感覚を持たないと、長編の物語を作り出していく作家活動などやってられません。書き進めている最中に、新しい事実が判明した時や(当然書き直しです)、展開に行き詰まって精神状態がボロボロになった時など、本当に孤独です。そんな時「絶対に見つからない仕込み」という密かな企みをする事は、私にとってショックアブソーバーであり特権です。
有名売れっ子になると、編集者が全て資料を集め、スタッフが関連書籍を買い漁って抜き書きしたり、果ては自分で書かない作家(誰とは言いません)もいます。そんな物書きに成り下がらないように、しっかり自力で考え、物語の筋立てと創意に努めます。それは同時に、読者に楽しんで貰うだけでなく、読者との知的バトルという側面もあります。
                    2021/03/22    ⓒ春吉省吾

春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
現在アマゾンに補充する予定はありません。下記よりお安くお求めください。

https://nork01.myshopify.com 〈◆カード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 〈ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●「春吉省吾Kndle」〈アマゾンKindle版「冬の櫻・改訂新版」全4巻、「永別了香港」全5巻、
「詩集・秘やかな出航」はここから購入ください〉尚Kindle Unlimited会員は無料で購読できます。
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/
●YouTube「春吉省吾チャンネル」(「冬の櫻」「秋の遠音」の動画など)〈作品のイメージ動画発信〉