1ヶ月ぶりの情報です。

「風浪の果てに」の上梓から2ヶ月半、ちょっと張り切りすぎたかも……。 VOL.28

VOL.28に記載したように、柔軟な態度で臨みます。

「言挙げぞする」という随筆を書き始めて、判っていたはずのことが不十分だと気付きました。ものを書くと言うことは、いい加減にしてお茶を濁すと足許をすくわれます。心して掛からなければと、自戒するものです。

私の6月も忙しくなりそうですが、皆様におかれましては、ご自愛あって益々お元気でご活躍を!!

http://haruyoshi111.blog106.fc2.com/blog-entry-117.html