コロナ禍がいつまで続くか不明のこの時期に「秋の遠音」の果たす役割は大きいと思っています。私が、僭越にも「秋の遠音」は「令和を代表する『大河小説』たり得る」と、偉そうに言うのも「人倫日用」を当たり前のようにやり遂げた男が、「秋の遠音」の主人公吉村春明だからです。我々日本人一人ひとりが、今、心に留め置くことは、「人倫日用」という日常の暮らしをしっかりと守り、人を人として慈しみ、それを何のてらいもなく実践することです。実はこれほど難しい身の処し方はないのですが、何時の時代もそういう本当の日本人、真っ当な日本人が、日本を支えています。パフォーマンス好きの、二枚舌の為政者ではありません。

主人公、吉村春明を小説にした「秋の遠音」には、生きる喜び、悲しみ、突然の天災、出会いと離別、愛と信頼、友情など、人生のあらゆることが全て詰まっています。どうぞ、どうぞ「秋の遠音」をお読みください。
吉村春明のネバーギブアップがあなたの心の襞を柔らかくするはずです。人は「生きてこそ」です。そして、日本人は素晴らしい、その日本人であるあなたも素晴らしいと思うはずです。

「秋の遠音」は長編、重層的な筋立てであるからこそ、人間の機微が細やかに描かれ、日本の本当の歴史が描かれます。大河小説とは「一個人や一群の人々の生涯や歴史を、時代の流れとの関連のなかでとらえていこうとする壮大な長編小説」と定義されています。
多くの日本人が「秋の遠音」のような、長編歴史時代小説に馴染んでほしいものです。

これまでの幕末から明治初期を題材にした歴史小説は、「幕末」から「明治初期」の一番大事なところが曖昧に分断され、あるいは意識的に「暗部」が消されてしまっています。「幕末」と「明治」は連綿と続いているわけで、作家の責務として、勝者の歴史でなく、敗者の怨念にも偏しない、時代の大きな変動と、流れを、後世にきっちりと伝えなければなりません。
それが「秋の遠音」という大河小説です。
私が十数年かかって「秋の遠音」に取り組んだ理由です。
「秋の遠音」の主人公、吉村春明は冷静な状況判断と、優れた実践スキルをいかして、常に現場の第一線に立ち続けた男です。令和の時代に、吉村の生き方は、再確認され、輝きを持つはずです。          2020年 5月1日  春吉省吾ⓒ          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
「秋の遠音」の予約申し込みは5月1日からです。出荷は5月15日からです。アマゾンからの出荷は6月末です。「四季四部作完成記念セット販売」は、ノーク出版ネットショップ限定です。
消費税・送料込みで上・中・下、6500円です。(ちなみにアマゾンは6820円)
〈通常の「長編時代小説」(原稿用紙400枚程)6冊分と比較して、高いか安いかは、各自ご判断を!!〉
●https://nork01.myshopify.com
〈今最も安心な、カナダ生まれの世界標準ネットショップ
◆主としてカード決済のネットショップです〉4月30日開設。
●https://nork.easy-myshop.jp
〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●ノーク出版ホームページ http://norkpress.com/