「冬の櫻」全面改訂にあたって  VOL.67

●今年は、花見も思うように出来ませんでしたが、夕方の散歩で、いいショットがとれました。満開とおぼろ月。2020.4.4

●一見、フンドシのようですが、新作シリーズ「初音の裏殿」の「ネタ巻(物)」です。ここに時系列に人間関係を書き込んであります。7メートほどあります。随時、新資料の項目も書き込んでいきます。シリーズ物創作ならではの長巻物です。写真には記載してある文字は消してあります。春吉の秘策ですから!
2020.6.10

今から9年前に春吉省吾の「四季四部作・歴史時代小説」の最初に刊行したのが「冬の櫻」でした。 超長編歴史時代小説の最初の作品で、誤字脱字も多く、読者の方々には大変ご迷惑をおかけいたしました。(今も、ご迷惑をおかけしていますが、何分、全て独り作業なので、ご容赦ください)
この度「冬の櫻」を全面改訂・修正し、電子書籍として、4巻に分けて、アマゾンKindleに電子書籍として出品することになりました。(手続きがあって7月末になります)
EPUB変換、Kindle/mobiに変換して、アマゾンKindle版として上梓するのは、年寄りの頭の体操としては、大分ハードでした。 
しかし、自画自賛を承知で申し上げますが、今回、改訂しながら「冬の櫻」という作品を精査しました。誤字脱字を正し、言い回し、歴史的事象を一部修正すれば、この作品は時代をまたぐ名作になると思っています。
初版に際しては、全日本弓道連盟の名誉会長・範士十段の鴨川信之先生に
「千巻の書を読むに勝る」
と仰ってていただきました。また私の居合道の師である、全日本剣道連盟・剣道教士七段、居合道教士七段の中村親夫先生には
「中学の時に読んだ吉川英治さんの『宮本武蔵』と同じ感動を受けた」
と激励を受けました。
それから現役の弽師の方から(お名前は伏せます)
「この冬の櫻をぜひ、全日本弓道連盟の弓道副読本にすべきだ」
という、賛辞も頂きました。
その後、新刊を上梓しても、思いのほか売れなかったり、一人作業の拙さで、誤字脱字などの後処理で、落ち込んだときに、上述した先生方の「冬の櫻」の激励が執筆の大きな励みとなりました。
しかし一方で、評論家諸氏からは、
「多種多様の生のドラマを取り込んだ展開は作者の筆力の証であるが、弓術の神髄を核にした物語としては、もう少しテーマを弓術に絞った方が良い」
という意見や
「三人称客観小説の体裁を採っているが、例えば本作品の見所である弓射の場面にしても、特定の人物の視点で開示した方が、臨場感と迫真性が増す可能性も考えられる」
という批評がありました。その意見の何れにも反対です。
最初の意見に対しては、私の長編四部作のテーマの根本は、主人公の持つ個性、ここでは弓道の神髄を獲得していくまでの物語ですが、同時に取りまく時代の雰囲気もしっかりと表現したいという、従来の先輩作家がやらなかった試みをしています。ですから、その批評に対しては、
「『歴史時代小説』とはこういうものだという評論家諸氏の固陋を破り、読者の方々には、その物語の背景にある正しい歴史認識に基づいた『大河小説』としても楽しんで頂きたい」
というのが、春吉省吾の歴史時代小説の定義です。
また、後者の意見に対しても、
「そもそも、小説手法は、一人称、三人称を混在させても、読者が違和感なく、楽しむことが出来れば良いので、その手法を承知の上で使い分けする」
というのが、私の作家としての立場です。
出版の形態は「単行本」であれ「電子書籍」であれ「文庫」であれ、一人でも多くの方に、四季四部作・長編歴史時代小説のシリーズの改訂新版をお読み頂きたいと願うものです。
今回は、「電子書籍」で、全面改訂してみようという試みです。
それにしても、日本の出版流通業界は、2周遅れ、下手をすれば3周遅れの業界です。
失礼だが、読者も直ぐに結末だけを追いかけてしまうことに慣らされて、短編、中編しか読まなくなった結果、「日本社会」の逼塞感、無責任主義の根本を考えられなくなっています。事象の表層しか理解出来なくなり、刹那的で、感情的で、物事の本質を、自分の頭で考え、捕らえられないのです。「国民がアホになっている」(武田邦彦氏・6.16日、YouTube)というのは、日本の「出版村(出版社・流通・作家と、それぞれのなれ合い組織)」の責任も大きくあるのです。
           2020年6月23日  春吉省吾ⓒ          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
四季四部作・長編時代小説シリーズ完結記念として、ノーク出版ネットショップから「秋の遠音」(上・中・下セット)特別価格〈期間限定〉で販売しております。春吉省吾の書籍は、ぜひ「ノーク出版ネットショップ」 からお求めください。
https://nork01.myshopify.com 
〈今最も安心な、カナダ生まれの世界標準ネットショップ 
◆主としてカード決済のネットショップです〉
https://nork.easy-myshop.jp 
〈ノーク出版・ゆうちょ振込専用ネットショップ◆後払い 〉
●ノーク出版ホームページ https://norkpress.com/

コメントを残す